テーマ:教育史

サイト内全文検索

No.1177 脳科学が示す素読の効用~なぜ子供は素読に夢中になるのか?

 素読は脳の発達プロセスに合致した合理的な教育方法だった。 ■転送歓迎■R02.08.09■39,844Copies■7,134,438Views■ 無料購読申込・取消:http://blog.jog-net.jp/ ■1.「鳩」と書かれた漢字カードを見て「はと!」  福岡県のある保育園で見た光景は、忘れられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1175 共同体の人生観が教育を真っ当にする ~ Live講座2-2 「共同体で輝く日本の力」から

 戦後教育の迷走をもたらした「個性」「自己決定権」などの「空想」を打ち祓う共同体の人生観。 ■転送歓迎■ R02.07.26 ■ 39,843 Copies ■ 7,120,662Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ 国際派日本人養成講座 LIVE …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「細井平洲の目指したもの」立松彰、『致知』H30.7

・平洲が20歳で、長崎に遊学した際、母が重篤の報が来て、郷里・尾張に帰ろうとした際、長崎の医師が病気だった平洲を気遣って、はるばる尾張まで送り届けてくれた。また、帰郷の後、重病に陥った平洲が、長崎時代の友人に助けを求める手紙を送ったところ、大金を入れた箱が届いた。箱には「石」と書かれていて、返却しないで良いという心遣いだった。平洲がいか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1064 日本の伝統的教育が利他のパワーを引き出す

 教育勅語が引き出した利他のパワーが、明治日本の躍進を実現した。 ■転送歓迎■ H30.05.27 ■ 50,745 Copies ■ 4,489,781Views■ ■1.「日本人の活躍がますますクローズアップされている」  5月19日、「教育を良くする神奈川県民の会」にて『世界が称賛する 日本の教育』と題し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1020 下田歌子 ~「ゆりかごを揺らす手が世界を動かす」

 歌子は平安王朝の官女そのままの姿で、ヴィクトリア女王の謁見に臨んだ。 ■転送歓迎■ H29.08.13 ■ 51,155 Copies ■ 4,392,707Views■ __________ ■■■『世界が称賛する』シリーズのご紹介をお願いします■■■  拙著『世界が称賛する 日本の教育』など、『世界が称…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1019 我々の先人が歩んでいた人作りの道 ~『世界が称賛する 日本の教育』発売

 我々の先人は、人作りの本当の道を知っていた。その事実を辿って、空想的な左巻き思想に基づく戦後教育から脱し、真の人作りの道に立ち返ろう。 ■転送歓迎■ H29.08.06 ■ 51,249 Copies ■ 4,389,870Views■ ■1.『世界が称賛する 日本の教育』アマゾン「日本論」1位  本講座書籍化第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

号外 地球史に輝く近代日本の発展の原動力はここにあった

新刊『世界が称賛する 日本の教育』 予約受付開始 ■転送歓迎■ H29.07.20 ■ 50,940 Copies ■ 4,382,123Views■ ■1.「どうして日本がそんなに豊かになったのか教えてほしい」  海外青年協力隊の一員としてアフリカのウガンダに赴任した札幌の中学教師・小田島祐一さんは、現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.997 歴史教科書読み比べ(34): 世界最高の教育水準が実現した農村自治

 年貢納めまで自主的に行っていた農村自治は、世界断トツの農民の読み書き能力が支えていた。 ■転送歓迎■ H29.03.26 ■ 50,604 Copies ■ 4,340,471Views■ __________ ■■■「国際派日本人養成講座」1000号到達記念■■■ ★アマゾンにレビュー投稿いただくと1冊プレゼント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.993 古典教育が国家を発展させるという逆説

 維新と近代国家建設、奇跡の復興と高度成長を成し遂げた問題解決能力は古典教育がもたらした。 ■転送歓迎■ H29.03.05 ■ 50,578 Copies ■ 4,332,326Views■ __________ ■本講座書籍化第3弾『世界が称賛する 日本の経営』発売開始 https://www.facebook.co…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.983 「子は国の宝」の経済学

 最新の教育経済学が、わが国の伝統的な子育ての智慧を科学的に裏付けつつある。 ■転送歓迎■ H28.12.25 ■ 48,488 Copies ■ 4,287,209Views■ __________ 『国際派日本人養成講座』編集長・伊勢雅臣講演会 演題:「世界が称賛する日本人が知らない日本」 日時:1月4日(水)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.809 『国民の修身 高学年用』を読む

 国際社会で尊敬される日本人の育成を目指した戦前の道徳教育 ■転送歓迎■ H25.07.28 ■ 42,845 Copies ■ 3,719,274 Views■ ■1.国際派日本人を育てるための「修身教科書」  これはまるで「国際派日本人」を育てるための教科書ではないか、と思った。戦前の道徳教育の教科書を編集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.794 実語教 ~ 日本人千年の教科書

 千年にわたって、気遣いや勤勉を尊ぶ日本人の国民性をつくってきた教科書。 ■転送歓迎■ H25.04.14 ■ 40,460 Copies ■ 3,676,259 Views■ ■1.規則正しく譲り合って滑っていくたくさんの雨傘  雨の降る渋谷ハチ公前の大きなスクランブル交差点では、色とりどりの雨傘がひしめいている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.758 『国民の修身』を読む

 極東の一小国が半世紀で世界の五大国に仲間入りした原動力は、修身で培われた道徳力にあった。 ■転送歓迎■ H24.07.22 ■ 40,403 Copies ■ 3,527,845Views■ ■1.けんやく(倹約)  水戸黄門こと江戸前期の水戸藩藩主・徳川光圀(みつくに)に、こんな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

No.745 大山捨松(上) ~ 日本初の女子留学生

 12歳でアメリカに渡った捨松は、伸び伸びと育ちながらも、国を思う心は忘れなかった。 ■転送歓迎■ H24.04.22 ■ 40,198 Copies ■ 3,530,085Views■ ■1.「ずいぶんとむごいことをする親もいるもんだ」  明治4(1871)年11月12日、横浜港沖にはマストに日米両国の国旗を掲げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.736 井上毅 ~ 有徳国家をめざして(下)

 井上毅が発見した我が国の国家成立の原理は、また教育の淵源をなすものであった。 ■転送歓迎■ H24.02.19 ■ 40,004 Copies ■ 3,507,169Views■ __________ ■遅まきながらツイッターを始めました。 ==> ise_masaomi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.735 井上毅 ~ 有徳国家をめざして(上)

 大震災では、戦前の教育勅語が理想としていた生き方が、あちこちで見られた。 ■転送歓迎■ H24.02.12 ■ 40,052 Copies ■ 3,504,579Views■ ■1.「避難して」最後まで防災放送  昨年3月11日、大地震の直後、宮城県南三陸町の防災対策庁舎から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.715 伊澤修二 ~ 唱歌でめざした国民国家

 唱歌教育によって豊かな情操を養った国民が、元気な国家を作った。 ■1.「兎追ひし かの山」 「兎追ひし かの山」で始まる『故郷 (ふるさと)』の歌を知らない人は少ないだろう。 兎追ひし かの山 小鮒(こぶな)釣りし かの川 夢は今も めぐりて 忘れがたき 故郷(ふるさと) …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.709 「人生二度なし」~ 森信三『修身教授録』を読む

 人生の根本目標は真に生き甲斐がある日々を送ること以外にはない。 ■1.「人身うけがたし」  地球上には、牛や馬、犬猫、蛇、カエル、魚、虫、さらには草木から細菌まで含めれば、無数の生命が、日々、生まれている。  一つの生命が、このようないろいろな生き物の体を与えられて転生を続けると、仏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.704 江戸の子育てに学ぶ

 幕末に来日した欧米人は、江戸の子育てに眼を見張った。 ■1.「子どもの天国」と「最も教育の進んだ国民」 「世界中で日本ほど、子供が親切に取り扱われ、そして子供のために深い注意が払われる国はない」  明治10(1877)年に来日して、大森貝塚を発見したアメリカの動物学者エドワード・モースの言葉である。その一例として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG(655) 杉浦重剛 ~ 昭和天皇の師

 無名の一私立中学校長が皇太子時代の昭和天皇の師に抜擢された。 ■1.無名の一私立中学校長  大正3(1914)年春、皇太子時代の昭和天皇が学習院初等科を卒業され、将来の天皇としてお育て申し上げるために東宮御学問所が設立された。歴史、地理、国漢文、数学、フランス語などは、当代一流の学者が選ばれた。  しかし、皇太子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG(632) 小林虎三郎 ~ 人作りは国作り

 賊軍として破れ、どん底に陥った長岡藩で「食えないから学校を立てる」と説いた男がいた。 ■1.「米百俵の精神」 「米百俵の精神」とは、平成13(2001)年5月7日、小泉首相の所信表明演説で有名になった言葉である。それは次のような一節だった。 __________  明治初期、厳しい窮乏の中にあった長岡藩に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more