テーマ:日本経済

No.1129 「ローカル経済圏」の復興が「和の国」を支える

 雇用で8割を占める「ローカル経済圏」が活性化すれば、明るい明日の日本が創れる。 ■転送歓迎■ R01.09.01 ■ 50,017 Copies ■ 6,733,089Views■ ■1.雇用の8割を占める「ローカル経済圏」  第1次安倍政権が誕生した平成25(2013)年の夏頃、「アベノミクス第3の矢」の成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「経団連は”中国信仰”を捨てよ」田村秀男、『正論』H3012

・中国に特許やノウハウを盗まれても泣き寝入りするしかない今の仕組みを一変させようとの意気込みは経済産業省からも、経団連からも伝わってこない。 ・中国の経常収支の黒字は1千億ドル以下で、トランプ政権が関税制裁により、対中赤字を2千億ドル減らすと赤字になる。人民元の暴落が中国版金融危機をもたらすだろうが、日本が通貨スワップ協定で、中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1080 愛国のリアリズム 対 売国のお花畑論

高橋洋一:アベノミクスは「雇用の確保」という本来、左派政党がやるべき事をやって、成果を出している ■転送歓迎■ H30.09.16 ■ 50,555 Copies ■ 4,522,385Views■ ■1.「愛国的リアリズム」と「cool head, but warm heart」  高橋洋一氏の新著『愛国のリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1025 「国良し、民良し、子孫良し」の三方良し経済 ~ 高橋洋一『日本を救う最強の経済論』

 経済を成長させる「国良し」、失業率を下げる「民良し」、そして教育投資を通じた「子孫良し」の経済政策。 ■転送歓迎■ H29.09.17 ■ 51,158 Copies ■ 4,405,679Views■ ■1.経済政策の目的は「失業率を減らし雇用を確保する」こと  偏向マスコミが「報道しない自由」を発揮し、野党も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『国際派日本人養成講座』編集長・伊勢雅臣講演会 「世界が称賛する 日本の経営」

日時:4月16日(日) 15:30~17:45、開場15:15 残席20名ほどです。 場所:日本丸メモリアルパーク訓練センター第3教室    (神奈川県 JR・市営地下鉄 桜木町下車徒歩5分) 参加費;1000円。当日1冊1620円→1500円で販売 懇親会:4000円(講演終了後、希望者のみ。講師も参加) 申し込み:fu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.975 移民問題、二つの進路 (下)「大御宝」への道

 国民が安心して結婚し、子供を産み、仕事ができる社会を作れば、労働移民は不要となる。 ■転送歓迎■ H28.10.30 ■ 48,173 Copies ■ 4,263,370Views■ __________ 伊勢雅臣講演会 ~真のグローバル・ビジネスパーソンとなるために、まず「日本」を学ぶ~ 日時:11月24日午後7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG Tweet 安倍首相の戦い(9) 経済

福島県の勿来に最新鋭の石炭火力発電所がある。187.5万KWの発電能力に加え、完全な無公害。発電効率も普通の熱効率42%に対して50%と凄まじく高い。安倍首相が東欧4カ国を歴訪して売り込みをしたら、効果てきめんで、海外から見学者が来ている。Voice13.12長谷川慶太郎 2013年12月03日(火) 自動運転車に首相が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.803 日銀のガラパゴス経済学

 なぜ世界孤高の「日銀流理論」に固執して、長期デフレを座視してきたのか? ■転送歓迎■ H25.06.16 ■ 42,576 Copies ■ 3,701,952Views■ ■1.「政権交代後、(GDPは)ネガティブからポジティブに」  第2次安倍内閣で任命された黒田東彦・日銀新総…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.774 興国のための国富論 ~ 渡部昇一『日本興国論』を読む(2)

 民主党の政策はバラマキと増税だけで、いかに国富を増やすか、という発想が決定的に欠けている。 ■転送歓迎■ H24.11.18 ■ 40,216 Copies ■ 3,613,956 Views■ ■1.「税と社会保障の一体改革」は「福祉の必要に応じて増税」 「税と社会保障の一体改革」をスローガンに、野田内閣は消費…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.730 夢と希望のエネルギー立国

 新エネルギー開発の夢と希望を抱いて、様々な人々が努力を続けている。 ■ H24.01.08 ■ 39,207 Copies ■ 3,484,427Views■ ■1.希望がなければ創れば良い 「この国には何でもある。だが、希望だけがない」とは、村上龍の小説『希望の国のエクソダス』…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.719 国土創生の志士 ~ 浅野総一郎

「おらは新しい世界を創る」という子供の時の志そのままに、浅野総一郎は国家的事業に邁進した。 ■1.欧州からの電報の束  昭和5(1930)年、欧州の旅に出ている父・浅野総一郎から次々と送られてくる電報の束を見て、息子・泰二郎の胸は潰れるような悲しみに満たされた。電報はすべて細々とした仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.714 ハイテク製造業が国を救う

 ハイテク製造業は、バランスのとれた雇用を創出し、外貨を稼ぎ、発展途上国を助ける。 ■1.「簡単に日本でのもの作りをあきらめるわけにはいかない」  7月13日、トヨタ自動車の豊田章男社長は、国内子会社4社を統合する再編計画を発表した記者会見の中で、こう語った。[1] __________  1ドル=70円台に突入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.690 デフレ克服に先人の知恵を

 デフレをもたらしている「生産年齢人口」の減少にどう対応するのか? ■1.「失われた20年」からの脱却方法は?  平成2(1990)年のバブル崩壊から始まって、平成13(2001)年のITバブル崩壊、そして平成20(2008)年のリーマン・ショックと続く「失われた20年」に、日本経済は喘いでいる。  現在2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.686 日本経済は中国に依存してない

 中国への輸出はGDP(国内総生産)比3%以下、投資は1%強でしかない。 ■1.『中国がなくても、日本経済はまったく心配ない!』 『中国がなくても、日本経済はまったく心配ない!』[1]という本がよく売れている。「エッ!?」と思わせるタイトルだが、それだけ「日本経済は中国の成長に依存している」という先入観が、日本中に浸透し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.597 自虐的経済報道が日本の元気を萎えさせる

 政治や歴史と同様、経済においても自虐的・悲観的報道が、国民の自信と希望を失わせている。 ■1.悲観的・自虐的経済報道が多すぎないか■  平成20年初頭、日本経済新聞は「YEN漂流 縮む日本」という特集を組み、「円安が進行するため日本の投資家が国内に投資せず、海外にマネーが流出し、日本経済はシュリンク(縮小)する」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.492 「格差社会」という幻想

「貧困率第2位」「ニート85万人」「非正社員600万人増」という「格差社会」の実態は? (原題 「『格差社会』は幻想か?) ■1.「日本の貧困は深刻」!?■  最近のOECD(経済協力開発機構)の研究によれば、日本の「貧困率」は15.3%であり、これは主要先進国の中ではアメリカの17.1%に次ぐ高さで、これをもって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more