テーマ:The Globe Now

No.867 「小さな世界一企業」一千社

 我が国には世界トップシェア、世界トップ技術を誇る中小企業が千社以上ある。 ■転送歓迎■ H26.09.28 ■ 43,581 Copies ■ 3,907,649Views■ ■1.「小さな世界一企業」千社  経済産業省の内部資料によると、日本には世界シェア・トップの中小企業が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.852 孫子に学ぶ対中戦略

『孫子の兵法』から、中国の弱点が見えてくる。 ■転送歓迎■ H26.06.08 ■ 43,916 Copies ■ 3,854,789 Views■ ■1.「中国のやり口は『孫子の兵法』そのもの」 「中国のやり口は『孫子の兵法』そのもの」と喝破しているのは、海将、防衛庁情報本部長、防…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.849 事業を通じて社会を変える

 事業を通じて社会を変えるソーシャル・ベンチャーは日本の伝統。 ■転送歓迎■ H26.05.18 ■ 40,003 Copies■ 3,845,724Views■ ■1.「俺たちがやらなくちゃ、ほかに誰かいるのかい?」  駒崎弘樹青年は、高校在学中に一年間アメリカに留学した。留学先は…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.834 自立と自助の経済学 ~ 澤上篤人氏の「金融の本領」

「こんな世の中を子供たちや孫たちに残してやりたい」と願う将来方向で頑張っている企業を応援する。 ■転送歓迎■ H26.02.02 ■ 45,240 Copies ■ 3,799,439 Views■ ■1.沖縄に1兆円の資金を投下する方法 「なるほど!」と思わず、膝を打った記事に出くわした。 ______…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.828 「孤立化路線」か「日米同盟路線」か ~ 北野幸伯『プーチン最強講義』を読む

 中国がたくらむ中・韓・露・米の「反日統一戦線」に乗せられたら、先の大戦の必敗路線を歩むのみ。 ■転送歓迎■ H25.12.15 ■ 45,147 Copies ■ 3,777,629Views ■ ■1.日本に亡命したプーチンの国際政治指南 __________  プーチンは、だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.803 日銀のガラパゴス経済学

 なぜ世界孤高の「日銀流理論」に固執して、長期デフレを座視してきたのか? ■転送歓迎■ H25.06.16 ■ 42,576 Copies ■ 3,701,952Views■ ■1.「政権交代後、(GDPは)ネガティブからポジティブに」  第2次安倍内閣で任命された黒田東彦・日銀新総…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.797 夢も希望もない韓国経済 ~ 外国資本に貢ぐ輸出企業、窮乏化する国民

 IMFに構造変革を強要され、外国資本の餌食になった韓国経済の悲惨。 ■ 転送歓迎 ■ H25.05.05 ■ 40,288 Copies ■ 3,684,018 Views■ __________ ■■■ 本稿はステップメール講座「韓国問題 現代編」に収録されています ■■■  ステップメール講座は、特定テーマに関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG Tweet 国内弾圧で生き延びる中国共産党(伊勢雅臣)

■チベット、ウイグル弾圧 平成24年11月13日、ダライ・ラマ法王が国会内で講演。代理出席含め国会議員の1/3(共産党、社民党以外の全党)が参加し「不当な人権弾圧について改善を中国政府に求める」とのアピール文を採択。これをトップニュースで報じたマスコミなし。(潮匡人,Voice,H25.1) 【櫻井よしこ】中国への遠慮捨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG Tweet 中国には頼れる仲間はいない

■アメリカの対中外交 中国「ハワイ領有権も主張できる」 米国務長官、協議の一幕明かす - 産経 http://t.co/YHD9nHry 長官は「やってみてください。われわれは仲裁機関で領有権を証明する。これこそあなた方に求める対応だ」と応じたという。 米原子力空母「ロナルド・リーガン」。「トモダチ作戦」後も日本近海で行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.784 中国の列島蚕食

「日本列島は日本人だけのものではない」が現実になる日。 ■転送歓迎■ H25.02.03 ■ 40,062 Copies ■ 3,570,647 Views■ ■1.中国企業が買い漁る日本の山林  中国企業による日本国土の買い漁りが進んでいる。たとえば平成22(2010)年7月、北海道伊達市と壮瞥町の境界に広がる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.780 松下幸之助の「日本の夢」は実現したか?

 30数年前に松下幸之助が描いた夢を、今日の日本はどれだけ実現できたか? ■転送歓迎■ H25.01 06 ■ 40,140 Copies ■ 3,633,501Views■ ■1.『私の夢・日本の夢 21世紀の日本』  松下幸之助がまとめた『私の夢・日本の夢 21世紀の日本』[1]という本がある。昭和51(197…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wing2029 原発を考える(伊勢雅臣)

原発ゼロでどうなるか/原発事故の責任を問う/反原発の虚構 ■■ 転送歓迎 ■■ No.2029 ■■ H24.10.29 ■■ 8,721 部 ■■ ■原発ゼロでどうなるか 1990年までに原発凍結を決めたイタリアでは2000年からの10年間で電気料金が家庭用で4割上がり産業用は2倍になった。今は主要国で最も高い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.762 原発問答 ~ 世界は原発を見捨てたのか?

 ベストセラー『原発のウソ』の言う「先進国では原発離れが加速」とは本当か? ■転送歓迎■ H24.08.26 ■ 40,462 Copies ■ 3,578,949Views■ ■1.3シナリオとも「電気代はあがる、太陽光は全戸導入」 太郎: 政府が原発依存度シナリオとして、203…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.748 戦国時代を戦うプーチン ~ 北野幸伯著『プーチン 最後の聖戦』を読む

 プーチンはアメリカの覇権に命がけの挑戦状を叩きつけている。 ■転送歓迎■ H24.05.13 ■ 40,207 Copies ■ 3,537,379Views■ ■1.「戦国時代に生きるロシア人」 「平和に慣れた日本人と、戦国時代に生きるロシア人では、あまりに思考法、発想法が違う」[1,p16]とは、ロシア在住の国際…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.746 「日本海」が「東海」と書き換えられる日

 韓国は竹島問題の封印を狙って、「日本海」の呼称を「東海」に変えようと画策している。 ■転送歓迎■ H24.04.29 ■ 40,165 Copies ■ 3,532,470Views■ __________ ■■■ 本稿はステップメール講座「韓国問題 現代編」に収録されています ■■■…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.731 夢と希望の長寿大国

 世界一の長寿を、健康で活き活きと過ごせる夢の技術が開発されつつある。 ■1.世界最速、最高水準の高齢化 「この国には何でもある。だが、希望だけがない」などという悲観論が幅を効かせている理由の一つとして、少子高齢化の傾向がある。高齢化により年金生活者ばかりが増え、人口も減少して経済が縮小していく、という暗鬱な未来像が、マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.730 夢と希望のエネルギー立国

 新エネルギー開発の夢と希望を抱いて、様々な人々が努力を続けている。 ■ H24.01.08 ■ 39,207 Copies ■ 3,484,427Views■ ■1.希望がなければ創れば良い 「この国には何でもある。だが、希望だけがない」とは、村上龍の小説『希望の国のエクソダス』…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.729 文明衝突の狭間で

 東アジアは、異なる政治経済体制、文明がせめぎ合う、今や世界でも最も複雑で危険な地域である。 ■1.中国による北朝鮮の属国化  北朝鮮の金正日総書記が死去した。北朝鮮の行く末については様々な観測が乱れ飛んでいるが、一つ説得力があったのは、筑波大学大学院・古田博司教授の次の見方である。 __________  中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.720 大震災で深まった日台の絆

 台湾大地震、東日本大震災と、互いへの支援を通じて、日台両国民の心の絆は深まっていった。 ■1.ネットユーザーたちの台湾への感謝広告  本年4月11日、東日本大震災から1ヶ月経ったこの日、日本政府は国際英字紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューンと米英仏中韓露の1紙ずつの計7紙に支援感謝の広告を掲載した。  こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.714 ハイテク製造業が国を救う

 ハイテク製造業は、バランスのとれた雇用を創出し、外貨を稼ぎ、発展途上国を助ける。 ■1.「簡単に日本でのもの作りをあきらめるわけにはいかない」  7月13日、トヨタ自動車の豊田章男社長は、国内子会社4社を統合する再編計画を発表した記者会見の中で、こう語った。[1] __________  1ドル=70円台に突入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.697 日本はすでに農業大国

 日本の農業生産額は世界5位。「高齢化する零細農家」は「農業版自虐史観」。 ■1.日本は世界第5位の農業大国  日本の国内農業生産額は2005(平成17)年時点で、826億ドル、8兆円相当の規模で、これは中国、米国、インド、ブラジルに続き、世界第5位を占めている。  米国(1775億ドル)のちょうど半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.686 日本経済は中国に依存してない

 中国への輸出はGDP(国内総生産)比3%以下、投資は1%強でしかない。 ■1.『中国がなくても、日本経済はまったく心配ない!』 『中国がなくても、日本経済はまったく心配ない!』[1]という本がよく売れている。「エッ!?」と思わせるタイトルだが、それだけ「日本経済は中国の成長に依存している」という先入観が、日本中に浸透し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.679 小惑星探索機「はやぶさ」の挑戦

「日本人はもっと自信や希望を持てるんだという力を得る一助になってくれれば、、、」 ■1.人類初の快挙 「来たーっ」と、カメラを構えていた山口カメラマンが叫んだ。平成22(2010)年6月13日午後11時21分(現地時間)、場所はオーストラリア南東のウーメラ砂漠、日本の3分の1ほどもの面積を持つ航空・宇宙実験場である。36…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No. 676 海防人(うみさきもり)の戦い(下)

「未来永劫いまの体制で尖閣諸島を守っていけるとはとても考えられません」 ■1.工作船自爆 「『あまみ』と『きりしま』が被弾」との報告から、1、2分後、今度は「工作船が爆発」、そして「沈没」との連絡が相継いでもたらされた。  北朝鮮本国から工作船に対し、「自爆せよ」との命令が無電で伝えられていることが、後に暗号解読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.675 海防人(うみさきもり)の戦い(上)

北朝鮮の工作船は突如、海上保安庁の巡視船に向けて、銃弾を浴びせた。 ■1.「日本の海で起こっている出来事を見てもらいたい」  尖閣諸島での中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突し、そのビデオ画像が流出して、多くの国民が現場の様子を直接目にすることができた。  ビデオを流出させた海上保安官は、弁護士…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG(666) 世界ダントツのサービス品質が未来を拓く

 日本企業が元気を取り戻す近道。 ■1.ガラパゴス化  最近、日本の技術は「ガラパゴス化」しているとよく言われる。南太平洋で、南米大陸から900キロも隔絶したガラパゴス諸島では、ゾウガメやイグアナなど、独自の進化を遂げた種が多く存する。それと同様に、日本の技術も世界と隔絶してしまっており、そのために世界市場に打って出るこ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

JOG(660) クジラは地球を救う

 増えすぎたクジラを捕る事で、食糧危機と環境危機に立ち向かう事ができる ■1.年間300万頭のカンガルーを殺しながら反捕鯨を訴える偽善  オーストラリアのケビン・ラッド首相は、日本が2010年11月までに捕鯨をやめなければ、日本を国際裁判所に提訴すると語った。このスタンドプレーに対して、オーストラリア国内からも常識的な批…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG(656) バブル崩壊に向かう中国経済

税金で入場者数の底上げをする上海万博は中国経済の縮図そのもの ■1.上げ底の万博入場者数 「会社が企画した万博ツアーで来たんだ。費用はすべて会社持ち。食事もタダ」と、40人の仲間とともに、観光バスで上海の万博会場についた江蘇省揚州の機械工はわくわくした表情で話した、と朝日新聞は伝える[1]。 「会社」と言っても、国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG(649) 中国市場で勝つ方法 ~ 「空調のベンツ」で勝ったダイキン工業

 腰を据えた人材育成を通じて、高品質の製品・サービスを提供するという日本企業本来の強みを生かす。 ■1.空調分野の売上、世界一へ  平成22(2010)年1月、ダイキン工業の井上礼之会長兼CEO(最高経営責任者)は、空調分野での売上高が平成22年度にも世界最大手の米キヤリアを追い越し、世界一になるという見通しを示した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more