テーマ:現代と共同体

No.1129 「ローカル経済圏」の復興が「和の国」を支える

 雇用で8割を占める「ローカル経済圏」が活性化すれば、明るい明日の日本が創れる。 ■転送歓迎■ R01.09.01 ■ 50,017 Copies ■ 6,733,089Views■ ■1.雇用の8割を占める「ローカル経済圏」  第1次安倍政権が誕生した平成25(2013)年の夏頃、「アベノミクス第3の矢」の成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1119 吉田調書誤報事件~ 門田隆将『新聞という病』から

「朝日は、なぜ事実をねじ曲げてまで、日本を貶めたいのか」 ■転送歓迎■ R01.06.23 ■ 50,072 Copies ■ 4,597,491Views■ ■1.日本人を貶めた朝日新聞の「吉田調書」誤報  ノンフィックション作家の門田隆将氏の新著『新聞という病』[1]が面白い。門田氏は綿密な調査に基づいたノンフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1117 外国人参政権問題で学ぶ国家観

公民教科書読み比べ(15): 外国人参政権問題で学ぶ国家観  外国人参政権は「国家とは何か」という国家観を学ぶための良い例題なのだが、、、 ■転送歓迎■ R01.06.09 ■ 50,080 Copies ■ 4,593,995Views■ ■1.「洗国」  中国には「洗国」という戦術があるそうな。三橋貴明氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1103 公民教科書読み比べ(13)「平等権」か、「一視同仁」か

「平等権」という西欧的概念よりも、我が国の歴史に根ざした「一視同仁」を教えるべきでは? ■転送歓迎■ H31.03.03 ■ 50,217 Copies ■ 4,569,529Views■ __________ ■■ブログ「国際派日本人のためのお勧め記事切り抜き帳」■■  国際派日本人にお勧めする雑誌記事のポイントをご紹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1100 左翼リベラルウイルスにご用心

 左翼リベラルウイルスに侵されると、人間が変わってしまう。 ■転送歓迎■ H31.02.10 ■ 50,327 Copies ■ 4,563,702Views■ ■1.なぜ彼らは揃いも揃って「人に厳しく、自分に甘い」のか?  辻元清美議員の外国人献金の問題が炎上しているが、本人は「直ちに(収支報告書を)訂正でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1048 公民教科書読み比べ(1):グローバル社会での生き方とは?

(曾野綾子)「人は一つの国家にきっちりと帰属しないと,『人間』にもならないし,他国を理解することもできないんです」 ■転送歓迎■ H30.02.04 ■ 51,588 Copies ■ 4,454,258Views■ __________ ■第5弾『日本人として知っておきたい 皇室の祈り』発売中 http://www.a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.985 「東京都の闇」に挑む小池百合子都知事

「大義と国民の共感」を武器に、小池都知事は都政大改革に挑んでいる。 ■転送歓迎■ H29.01.15 ■ 49,125 Copies ■ 4,296,268Views■ ■1.「東京都の闇」  舛添前都知事の迷走振りを見て、どうして自民党はこんな人物を推薦したのか、と思っていたが、最近、出版された『都政大改革 小池…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.975 移民問題、二つの進路 (下)「大御宝」への道

 国民が安心して結婚し、子供を産み、仕事ができる社会を作れば、労働移民は不要となる。 ■転送歓迎■ H28.10.30 ■ 48,173 Copies ■ 4,263,370Views■ __________ 伊勢雅臣講演会 ~真のグローバル・ビジネスパーソンとなるために、まず「日本」を学ぶ~ 日時:11月24日午後7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.974 移民問題、二つの進路 (上)「洗国」への道

「洗国」とは他国に数十万人規模の流民を移住させて、やがてその国を乗っ取るという、シナ大陸で多用される手法である。 ■転送歓迎■ H28.10.23 ■ 48,042 Copies ■ 4,260,377Views■ __________ 『世界が称賛する 日本人の知らない日本』 http://amzn.to/29wxUcW…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wing(2609) 国民の権利としての国防

 南北戦争で、北軍の黒人部隊創設の決定に、なぜ黒人の奴隷解放運動家は大喜びしたのか。 ■■ 転送歓迎 ■■ No.2609 ■■ H28.10.03 ■■ 8,246部■■  蓮舫議員の二重国籍問題がかまびすしいが、何の証拠も見せずに説明を二転三転している姿を見ると、誠を大切にする本来の日本人の姿にはとても見えない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.965 不当不作為の在日行政・見て見ぬふりの日本国民

 行政の不当不作為と国民の見て見ぬふりこそ、在日問題の真因。 ■転送歓迎■ H28.08.21 ■ 47,658 Copies ■ 4,230,227Views■ __________ 「国際派日本人養成講座」のフェイス・ブック・ページを始めました。弊誌と姉妹紙「JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル」の一部を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.955 左翼と在日の深い闇 ~ 『井上太郎最前線日記』から

 外国政府の資金や、在日外国人の政治活動により、日本国民の主権が脅かされている。 ■転送歓迎■ H28.06.12 ■ 47,140 Copies ■ 4,195,527Views■ __________ ■■■育鵬社『世界が称賛する 日本人の知らない日本』■■■  学校・図書館への献本受付は百冊を超えました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.942 大震災下で「かかる首相」をいただいた「日本の不幸」

 震災対応そっちのけで党内抗争を繰り返す民主党の惨状に、党幹部も「もうだめだ党内みんなメルトダウン」と自嘲するばかりだった。 ■転送歓迎■ H28.03.13 ■ 44,543 Copies ■ 4,154,036Views■ ■1.「かかる首相をいただきて」 「かかるとき かかる首相を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG Tweet 中国(21) 中国移民の脅威

急増する在留中国人/治安を脅かす中国移民/日本入国の抜け穴/世界各地の受難 ■急増する在留中国人 西暦2000年以降、日本に在留する中国人が猛烈な勢いで増加し、在日韓国・朝鮮人を抜いて最大勢力となり、ピーク時の2010年には68万7千人に達した。これは既に政令指定都市の人口規模に匹敵する。正論26.5関岡英之 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.924 「寿命100歳」時代の生き方

「2045年の平均寿命は100歳」と多くの研究者が予測しているが、そこでの生き方は? ■転送歓迎■ H27.11.01 ■ 44,691 Copies ■ 4,097,279Views■ ■1.「2045年に平均寿命は100歳に到達しているだろう」  平成26(2014)年の日本人女性の平均寿命は86.83歳で3年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.914 「懐かしい未来」を開く里山資本主義

 里山の資源を有効活用すると「懐かしい未来」が見えてくる。 ■転送歓迎■ H27.08.23 ■ 44,102 Copies ■ 4,063,065Views■ ■1.裏山の木の枝でご飯を炊く楽しさ  広島県の北部、中国山地の庄原(しょうばら)市に住む和田芳治(よしはる)さん(70歳)は毎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.883 昭和を走り続けた「宗谷」とその乗組員たち

 足も遅く恰好も悪いが、「宗谷」とその乗組員たちは、その時々の使命を実直に果たしてきた。 ■転送歓迎■ H27.01.18 ■ 43,237 Copies ■ 3,956,846Views■ __________ ■■3ヶ月完結、週刊メール入門講座「国民を欺く捏造報道」■■ http://bit.ly/1vSb8va …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.849 事業を通じて社会を変える

 事業を通じて社会を変えるソーシャル・ベンチャーは日本の伝統。 ■転送歓迎■ H26.05.18 ■ 40,003 Copies■ 3,845,724Views■ ■1.「俺たちがやらなくちゃ、ほかに誰かいるのかい?」  駒崎弘樹青年は、高校在学中に一年間アメリカに留学した。留学先は…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.844 日本に巣くう無法チャイナ社会

「本国で盗みをしていないのに、何で日本でやるんだよ?」 ■転送歓迎■ H26.04.13 ■ 44,068 Copies ■ 3,830,101Views■ ■1.中国人犯罪者から「反省」を聞いたことがない  通訳捜査官として、中国人犯罪者の取り調べに長年、立ち会って来た坂東忠信氏によれば、彼らから「反省」という言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.769 「あったか」な国、ニッポン

 機内で温かな人々が繰り広げた心温まる物語。 ■転送歓迎■ H24.10.14 ■ 40,309 Copies ■ 3,599,443Views■ ■1.空の上の簡易ベッド __________  小学校4年生の娘は心臓病を患っており、今回、東京で手術をしていただいたのですが、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.764 競争社会とムラ社会

 福祉、家族、教育など競争社会では解決できない問題には、善きムラ社会の感覚が必要。 ■転送歓迎■ H24.09.09 ■ 40,373 Copies ■ 3,584,970Views■ --------------- 創刊15周年のご報告と御礼 ---------------  弊誌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.754 橋下徹 ~ 閉塞政治の突破力

 その姿勢は、現代のわが国の民主主義が陥っている欠陥を正す力を持っている。 ■転送歓迎■ H24.06.24 ■ 40,637 Copies ■ 3,553,396Views■ ■1.「あなたには信長になってもらいたい」 「あなたには信長になってもらいたい。信長のように、思い切った独創的な改革をやってほしい。大阪は、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.694 大震災で示された「新しい日本」への道

「震災への対応で示された団結などは、本来の日本文化に基づいた新しい目的意識を持つ日本の登場さえ予測させる」 ■1.東日本大震災のもたらした「不条理の世界」  とある国で開かれたディナー・パーティーでのこと、10人ほどの円卓に各国からの客が並んでいた。各自の自己紹介から会話が始まったが、私が日本から来たというと、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

JOG(653) バラマキ政治は国家衰亡への道

 バラマキ政治で衰退・破滅した国々から学ぶべき事。 ■1.日本のアルゼンチン化?  イギリスの評論誌『エコノミスト』の表紙が話題を呼んでいる。表紙は"Leaderless Japan (指導者なき日本)"とのタイトルに、日の丸から赤い太陽がずれ落ちたイラストを用いている。  国旗に対する侮辱だ、という反発もあるが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG(631) 外国人地方参政権が実現する「友愛」の世界

 鳩山首相の「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」が実現したら、、、 ■1.在日韓国人向けの裏マニフェスト  民主党には、在日韓国人向けの裏マニフェストがあったようだ。昨年夏の衆院選で民主党の選挙対策委員長を務めた赤松広隆農水相は、本年1月12日に開かれた在日本大韓民国民団(民団)中央本部の新年パーティーで、次のように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.492 「格差社会」という幻想

「貧困率第2位」「ニート85万人」「非正社員600万人増」という「格差社会」の実態は? (原題 「『格差社会』は幻想か?) ■1.「日本の貧困は深刻」!?■  最近のOECD(経済協力開発機構)の研究によれば、日本の「貧困率」は15.3%であり、これは主要先進国の中ではアメリカの17.1%に次ぐ高さで、これをもって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more