テーマ:企業経営

「新時代に勝ち残る企業のあり方」高田明、神田昌典、『致知』H3002

・私の経験上、より良い人間としての生き方は何かということを常に問い続けている企業はやっぱり繁栄します。 ・オペレーターに一番求められるスキルは、マニュアルに書いてあることではなく、相手が何を求めているかって事を感じる心なんです。 ・やっぱりプロセスが大事。結果はうまくいくこともあるし、うまくいかないこともある。そこで工夫改善…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.977 グローバル・ビジネス・パーソンに大切なこと

 グローバル・ビジネス・パーソンに必要なのは「一に人柄、二に能力、三、四がなくて、五に語学」である。 ■転送歓迎■ H28.11.13 ■ 48,091 Copies ■ 4,269,232Views■  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ■1.「英語を勉強しなくても済む方法」  11月24日(木)午後7時より関西生産性本部と関西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.962 名著探訪(2): 『修身教授録』が説く究極のポジティブ人生観

 SBIホールディング・北尾吉孝社長は25年もこの本を読み返しては自らの指針としてきた。 ■転送歓迎■ H28.07.31 ■ 47,381 Copies ■ 4,220,196Views■ __________ 伊勢雅臣著『世界が称賛する 日本人の知らない日本』好評発売中 ・今週は日本に帰国したついでに、大阪梅田の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.881「電気、水道、ガス、ダイシン」

 生活インフラとして地域社会を支えるダイシン百貨店の挑戦。 ■転送歓迎■ H26.12.28 ■ 43,253 Copies ■ 3,946,649Views■ ■1.「電気、水道、ガス、ダイシン」 「電気、水道、ガス、ダイシン」というスローガンを掲げるのは、東京の下町・大田区山…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.836 はとバス社員の「おもてなし」

「私は、お客様の喜ばれる顔が見たくて、この仕事を続けています」 ■転送歓迎■ H26.02.16 ■ 43,810 Copies ■ 3,805,978 Views■ ■1.「あなたの経営者としての責任はどうなっているのですか」  はとバスと言えば、東京観光の代名詞だが、平成10(1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.834 自立と自助の経済学 ~ 澤上篤人氏の「金融の本領」

「こんな世の中を子供たちや孫たちに残してやりたい」と願う将来方向で頑張っている企業を応援する。 ■転送歓迎■ H26.02.02 ■ 45,240 Copies ■ 3,799,439 Views■ ■1.沖縄に1兆円の資金を投下する方法 「なるほど!」と思わず、膝を打った記事に出くわした。 ______…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.706 知的障害者に「働く幸せ」を提供する会社

 幾多の危機を乗り越えて50年以上も知的障害者中心に事業をしてきた会社が存続してきた。 ■1.働くことによってのみ得られる幸せ  約50人の従業員の中で、知的障害者が社員の7割を占める会社がある。粉の出ないダストレス・チョークで3割のシェアを持つ「日本理化学工業」である。  この会社については、571号「日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG(666) 世界ダントツのサービス品質が未来を拓く

 日本企業が元気を取り戻す近道。 ■1.ガラパゴス化  最近、日本の技術は「ガラパゴス化」しているとよく言われる。南太平洋で、南米大陸から900キロも隔絶したガラパゴス諸島では、ゾウガメやイグアナなど、独自の進化を遂げた種が多く存する。それと同様に、日本の技術も世界と隔絶してしまっており、そのために世界市場に打って出るこ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

JOG(659) 東洋水産・森和夫の挑戦(下)

 アメリカに進出した東洋水産に、二つの危機が襲いかかった。 ■1.「全米で売りまくって儲ければいいんでしょう」  東洋水産社長の森和夫が、米国法人マルチャンINCのジェネラル・マネジャーとして採用したジョージ・デラードと初めて会ったのは、1976(昭和51)年9月下旬だった。  すでに「カップ入り天そば」や「マルち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG(658) 東洋水産・森和夫の挑戦(上)

 総勢6人の小企業が「誠意とやる気」で挑戦した。 ■1.総勢6人のスタート  昭和28(1953)年3月25日、まことに小さい会社がスタートした。6坪のバラック小屋に机4つ、電話2台、三輪トラック1台。従業員は社長を含め、総勢6人。  事務所は、横須賀冷蔵庫というこれまた小企業の東京支店をそのまま引き継いで、分離独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG(649) 中国市場で勝つ方法 ~ 「空調のベンツ」で勝ったダイキン工業

 腰を据えた人材育成を通じて、高品質の製品・サービスを提供するという日本企業本来の強みを生かす。 ■1.空調分野の売上、世界一へ  平成22(2010)年1月、ダイキン工業の井上礼之会長兼CEO(最高経営責任者)は、空調分野での売上高が平成22年度にも世界最大手の米キヤリアを追い越し、世界一になるという見通しを示した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG(640) しょうゆを世界の食卓に ~ 国際派日本企業キッコーマンの歩み

 日本の食文化の中心であるしょうゆが100ヶ国以上で受け入れられた道のり。 ■1.世界に広がる日本食文化のフロント・ランナー  日本食がグローバルに普及しつつある。1年に1回以上日本食を食べる「日本食人口」は6億人、海外での日本食レストランは2万4千店と推定されている。[1,p191]  確かにアメリカでもヨーロッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more