テーマ:日露戦争

サイト内全文検索

No.1128 脅威は常に大陸発、半島経由

「中央アジア的暴力」が朝鮮半島経由で脅威を与えてきた事が、2千年来の日本の宿命的防衛課題。 ■転送歓迎■ R01.08.25 ■ 50,008 Copies ■ 6,712,915Views■ ■1.世界で冷笑される韓国「狂乱」外交  最近の韓国外交の「狂乱」ぶりには、呆(あき)れ果てた日本国民も多いだろう。武…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1039 中国に戦わずして勝つ道 ~ 北野幸伯『中国に勝つ 日本の大戦略』を読む

 同盟戦略によって「中国に戦わずして勝つ道」がここにある。 ■転送歓迎■ H29.11. ■ 51, Copies ■ 4,,Views■ ■1.国際政治で次々と予測を当ててきた秘密  弊誌に何度も登場いただいている国際関係アナリスト北野幸伯(よしのり)氏の3年ぶりの新著『中国に勝つ 日本の大戦略』[1]が出版…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1013 歴史教科書読み比べ(38) 日露戦争(下)~ 世界を変えた一戦

 日露戦争で明治日本は世界史に残る勝利を成し遂げ、世界の有色人種に独立への希望を与えた。 ■転送歓迎■ H29.07.01 ■ 51,104 Copies ■ 4,376,738Views■ ■1.開戦  東京書籍(東書)版では、ロシアとの開戦をこう記す。 __________  政府はロシアとの交渉を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1012 歴史教科書読み比べ(37) 日露戦争(上) ~ 怪雲空にはびこりつ

 三国干渉で遼東半島を横取りし、「黒竜江上の悲劇」で数千の清国人を虐殺したロシアが朝鮮半島を窺っていた。 ■転送歓迎■ H29.07.01 ■ 51,104 Copies ■ 4,376,738Views■ ■1.「三国干渉の後、日本国民の間にはロシアへの対抗心が高まり」  1895(明治28)年、日清戦争が終わり、下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.954 東アジアのトラブルメーカー

 内部抗争を繰り返し、周辺諸国を戦争に巻き込んできた韓民族の特異な歴史。 ■転送歓迎■ H28.06.05 ■ 47,062 Copies ■ 4,191,665Views■ __________ ■■■育鵬社『世界が称賛する 日本人の知らない日本』■■■  お陰様でアマゾンで「日本論」カテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.783 国史百景(3) 水師営の会見 ~ 乃木将軍とステッセル将軍

 敵将に対する仁愛と礼節にあふれた武士道精神は世界に感銘を与えた。 ■転送歓迎■ H25.01.27 ■ 40,087 Copies ■ 3,643,652 Views■ ______________________________ ステップメールコース JOG Step 「教育再生」開講  JOG …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.747 大山捨松(下)~ 貴婦人の報国

 女子留学生第一号として帰国した捨松は、国に報いる道を求めた。 ■転送歓迎■ H24.05.06 ■ 40,239 Copies ■ 3,534,902Views■ ■1.帰国  明治15(1882)年11月21日、大山捨松と津田梅子を乗せたアラビック号は、美しく晴れ渡った横浜港に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more