テーマ:共同体と自己犠牲

No.1124 国民の「根っこ」とは何か ~ フランクル心理学から

 ユダヤ人強制収容所を生き延びた精神科医ヴィクトール・フランクルの心理学で、国民の「根っこ」を考えてみれば。 ■転送歓迎■ R01.07.28 ■ 50,062 Copies ■ 4,599,157Views■ ■1.人生の最後の数時間でも、まわりの人に気を配っていた青年  ユダヤ人強制収容所での体験をもと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「我ら銃を執り祖国の急に身を殉ぜん」、『祖国と青年』H3010

・お前が大きくなって父に会いたいときは九段にいらっしゃい。そして心に深く念ずれば必ず御父様の顔がお前の心の中に浮かびますよ。 ・素子が生まれた時オモチャにしていた人形は御父様が戴いて自分の飛行機にお守り様として乗せております。だから素子はお父様と一緒にいたわけです。 ・私たちはただ今日の日本が、この私達の突撃を必要としている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「蛍になって帰ってきた宮川三郎さん」柿崎ゆうじ、『祖国と青年』H2910

・特攻兵・宮川軍曹は「おばちゃん、明日の9時に俺、戻ってくるから」と言い残して、翌早朝出撃。その時間に一匹の蛍が舞い込んできた。「ああ、これは宮川さんだよ」とトメさん。みんなで「同期の桜」を歌った。 ・トメさんの葬儀の際にも、一匹の蛍が飛んできた。 ・私どもも舞台、映画をつくる際に、何度も新潟の宮川さんのお墓に参りましたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wing(2993) ニューヨークで迎えた終戦記念日

 このお盆休みを利用して、ニューヨークを旅してきました。ちょうど終戦記念日の期間で、英霊のお導きのお陰か、あちこちで考えさせられる事物に出会いました。それをご報告します。 ■神の啓示に聞き入るジャンヌ・ダルク  ニューヨークには8月13日のお昼に着きましたが、あまりにも暑いので、まずは涼しい所からと、メトロポリタン美術館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.938 歴史教科書読み比べ(25) 南北朝時代 ~ 報国と私欲の戦い

「七生報国」で戦い続けた南朝の武士たちと、裏切り・内紛・謀略に明け暮れた足利方。 ■転送歓迎■ H28.02.14 ■ 44,431 Copies ■ 4,141,851Views■ ■1.あまりにも表面的な「南北朝時代」の記述  後醍醐天皇を中心とする「建武の新政」がわずか2年余りで崩れ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

No.900 沖縄の祖国復帰を果たした県民の思い

 沖縄が「グアム」化や「香港」化の道を避け、日本復帰を果たしたのは県民の祖国愛の賜だった。 ■転送歓迎■ H27.05.17 ■ 43,999 Copies ■ 4,015,365Views■ __________ ■900号到達のご報告と御礼■ (伊勢雅臣)弊誌は平成9年9月に創刊し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG Tweet 自衛隊 (7) 自衛隊員の心意気

■自衛隊員の覚悟 高田好胤「今どき自衛隊になる奴はアホや、という話をするんです。そのアホこそが日本を今後支えてくれる人やと思うのです。最小の効果のために最大の努力を惜しまない、ひとりひとりが偉大なアホになった時、この日本が守れていく」http://on-msn.com/1rcsxlZ 2014年05月27日(火) 私の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.871 大西瀧治郎中将と特攻に往った若者たち

「俺と握手していったのが614人いるんだ」と送り出した大西中将は眼に涙をためて語った。 ■転送歓迎■ H26.10.19 ■ 43,546 Copies ■ 3,917,369Views■ ■1.「祖国を憂える貴い熱情」  フランスの元文化大臣、アンドレ・マルローは次のように言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG Tweet 安倍首相の戦い(2) 言動

先日ラジオに出演した安倍首相の昭恵夫人が「首相はこの日本をなんとかしようと命賭けで取り組んでいる」と話していた。心ある日本人は皆同じ思いでこの国を案じ、日本を守るために力を尽くさねばならないとそれぞれの場で頑張っているはずだ。敵は手ごわいが諦めずに努力を続けよう。 2014年06月28日(土) 早見雄二郎(株式評論家)@hayam…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.856 ぼくらの祖国を甦らせる

「硫黄島は祖国を甦らせる手がかりだ」 ■転送歓迎■ H26.07.06 ■ 43,859 Copies ■ 3,868,245 Views■ ■1.「奇跡の島」  日米の最大の激戦が行われた硫黄島(いおうとう)は、アメリカでは「奇跡の島」と呼ばれている。戦後、日米の生き残った戦士やそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.833 国と国民の捨て石になる覚悟 ~ 陸軍中野学校

「地位も名誉も金もいらない。国と国民のために、捨て石となる覚悟」を持った男たちがいた。 ■転送歓迎■ H26.01.26 ■ 45,258 Copies ■ 3,796,203,Views■ ■1.「30年間もジャングルで生き抜いた強い意志は尊敬に値する」  小野田寛郎(ひろお)さんが1月16日に亡くなった。昭和1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG Tweet 靖国神社 3.国民の責務/4.首相参拝

■3.国民の責務 小川榮太郞:明治国家は政権掌握と同時に無名戦士たちの慰霊の社(靖国神社)を創ると発想し、それを天皇の御心として布告した。戦死者の顕彰は古今東西見られるが、懇(ねんごろ)ろな神事としての慰霊から国肇(はじ)めをする例は余りないのではないか。Voice13.9 2013年09月14日(土) 伊勢雅臣@ise_mas…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG Tweet 靖国神社 1.遺族の心情/2.参拝者の真情

■1.遺族の心情 安倍首相靖国参拝 「日本の誇り取り戻す第一歩」 -「戦死した兄のため、私に代わり参拝してくれたように思え、感激で涙が止まらなかった。感謝したい」(大阪市、72歳女性)http://on-msn.com/1lHchEv >これが慰霊の真の姿。これが早く当たり前になりますように。 2014年01月10日(金)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.816 「受ける権利」と「与える光栄」

「戦後半世紀の間、私たちは受ける権利だけを教え、与える光栄についてはほとんど触れなかったのです」 ■転送歓迎■ H25.09.22 ■ 42,971 Copies ■ 3,743,438Views■ __________ ■■■ JOG Step 韓国問題-現代編 開講 ■■■  国際派日本人養成講座ステップメールコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.811 命の使い方 ~ 『永遠のゼロ』から

 家族や世のため人のために自分の命を使おうと思えばこそ、その大切さに気がつく。 ■転送歓迎■ H25.08.11 ■ 42,650 Copies ■ 3,725,288 Views■ ■1.「僕の心はきれいな水で洗われたかのごとく清々しさで満たされた」  百田尚樹氏の『永遠のゼロ』が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.807 福島第一原発の大惨事を食い止めた男たち

 私はあの時、自分と一緒に「死んでくれる」人間の顔を思い浮かべていたんです。 ■転送歓迎■ H25.07.14 ■ 42,641 Copies ■ 3,713,198Views■ __________ ステップメールコース JOG Step 「教育再生」開講  JOG Stepは個別分野毎に、週2回、順次メールを配信…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

No.795 ココダの約束 ~ 戦友の骨を拾う約束を25年かけて果たした男

「もしお前たちがここで死ぬようなことがあっても、俺たちが必ずその骨を拾って、日本にいる家族に届けてやるからな」 ■転送歓迎■ H25.04.21 ■ 40,435 Copies ■ 3,679,048 Views■ ■1.米軍の「すべての兵士を故郷に帰す」約束  安倍晋三首相は4月14日、大東亜戦争の激戦地・硫黄島…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

No.763 職務に殉じた9人の乙女 ~ 樺太真岡郵便局悲話

 ソ連軍の迫る中で、9人の乙女は電話交換手として最後まで職務を果たそうと、決心した。 ■転送歓迎■ H24.09.02 ■ 40,396 Copies ■ 3,582,004Views■ ■1.「町民のために最後まで責任を全うしてくれた」  先の東日本大震災の際に、宮城県南三陸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.724 福島の英雄たち

 自衛隊、消防庁、警視庁などの無数の英雄たちが、身を呈して福島第一原発事故の収拾にあたった。 ■1.「福島の英雄たち」 『福島の英雄たち』として、スペインのフェリペ皇太子からアストリアス皇太子賞を授与されたのは、身を呈して福島第一原発事故の収拾にあたった自衛隊、東京消防庁、警視庁などの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.711 英霊たちの帰国

 平和に栄える祖国を見ようと、65年ぶりに帰還した英霊たちを待っていたのは、、、 ■1.英霊たちの帰還  8月15日午前1時12分、東京駅地下ホーム。最終電車が出た後に、軍用列車が入ってきた。列車から出てきたのは、先の大戦で南の海に玉砕し、海の底に沈んだ英霊たちのぼろぼろの姿だった。  ホームに一斉に並んだ英霊たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.699 国柄は非常の時に現れる(上)~ それぞれの「奉公」

 自衛隊員、消防隊員は言うに及ばず、スーパーのおばさんから宅配便のおにいさんまで、それぞれの場で立派な「奉公」をしている。 ■1.「家がこんな状態なのに行くんですか」  宮城県の沿岸の都市で、ある酒屋が今回の大地震と津波で壊滅的な打撃を受けた。若者と母親が店内の片付けをしていると、制服の自衛官が来て、1枚の紙を示した。「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG(661) アルピニスト野口健が聞いた声

洞窟の中の夥しい戦没者の遺骨が、野口さんに語りかけた。 ■転送歓迎 H22.08.15■38,440 Copies■3,323,722Views■ ■1.「もし、生きて帰れたら」  世界的なアルピニスト野口健さんは、ヒマラヤで死を覚悟した事があった。8千メートルを超える高山で、何日も吹雪が止まず、テントか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more