テーマ:アメリカ:現代

No.1133 日本人が理解すべき同盟戦略 ~ 北野幸伯『米中覇権戦争の行方』を読む

「孤立すれば負ける」「負ける側につくと負ける」という単純明快な原理から、日本の行くべき進路を考えれば。 ■転送歓迎■ R01.09.29 ■ 50,099 Copies ■ 6,825,226Views■ __________ ■伊勢雅臣の新刊 10月9日発売 予約受付中■ 『世界が称賛する日本人が知らない日本「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1104 米中冷戦の幕開け

 ソ連を打倒した冷戦に続き、中国に対する第2次冷戦の宣戦布告がなされた。 ■転送歓迎■ H31.03.10 ■ 50,154 Copies ■ 4,571,297Views■ ■1.第2次冷戦の宣戦布告  昨年10月4日にマイク・ペンス米副大統領がワシントンで行った演説は、米中冷戦の宣戦布告だと多くの識者が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第2次冷戦が始まった 『悪の帝国』中国とペンス・ドクトリン」湯浅博、『正論』H3012

・マイク・ペンス副大統領が10月4日に行った演説は、ソ連との第1次冷戦に続く、中国との第2次冷戦の到来を告げた。 ・ペンス演説で耳目を引いたのは、北京が自国民の自由と人権を抑圧するため、2020年までに人間生活のすべてを共産党の監視下におく「オーウェリアン・システム」の導入を目指していると糾弾したことだ。中国はオーウェルの小説と同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「米中経済摩擦・核心は『知財百年戦争』だ」田村秀男、『明日への選択』H30.6

・米中貿易戦争には貿易赤字だけでなく、安全保障問題がある。アメリカの技術を使って開発された中国の兵器がいずれアメリカに向けられるという懸念。 ・華為技術とZTEの製品が閉め出されたのは、通信ネットワークやサーバーに「バックドア」と呼ばれるスパイ装置が埋め込まれ、そこから機密情報が盗まれるから。通信、ハイテク、半導体などを重視し、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.995 トランプ政権の「経済力による平和」戦略

 米国はシナの経済発展を助けることで、世界に牙を剥く虎を育ててしまった。その虎から、どう世界を守るのか。 ■転送歓迎■ H29.03.19 ■ 50,762 Copies ■ 4,337,797Views■ __________ ■■■「国際派日本人養成講座」1000号到達記念プレゼント■■■ (伊勢雅臣)「国際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.981 グローバリズムというプロパガンダ

「自由貿易の拡大や移民の流入に背を向け」と日経はトランプの登場を危ぶむが、、、 ■転送歓迎■ H28.12.11 ■ 48,273 Copies ■ 4,281,255Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ 『国際派日本人養成講座』編集長・伊勢雅臣講演…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

JOG Tweet 中国(3) 米中関係

「敵は中国」/孔子学院は中国の宣伝機関/日米同盟の意味/米国対中政策の反省/中国、日米分断の失敗/米国は戦うのか? ■「敵は中国」 米国世論「敵は中国」イラン抜き1位、米国民は「経済軋轢」を脅威視- 「今後10年で中国から受ける脅威」を4段階で評価する質問がある。経済で「致命的な脅威」52%で、軍事で致命的46% h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.875 教育改革に立ち上がったアメリカの青年たち

 大学新卒者が学力の低い地域で2年間、子供たちを教える-そんなアイデアが多くのアメリカ青年を立ち上がらせた。 ■転送歓迎■ H26.11.16 ■ 43,457 Copies ■ 3,929,431Views■ __________  教育再生を目指す方、関心・問題意識のある方に: JOG Step 教育再生 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG Tweet 安倍首相の戦い(4) 対米外交

米バイデン副大統領「朴大統領には『安倍氏は靖国に参拝しないと思う』と言っておいた」首相「靖国参拝は国民との約束。いずれかの段階で行くつもり」バイデン「行くか行かないかは当然、首相の判断だ」正論26.4田久保忠衛 >言葉の軽さ!まさに外交素人の副大統領 2014年03月24日(月) 慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more