テーマ:社会

No.847 養生訓 ~ 人々がみな幸せに仲良く暮らせる国を創る道

 83歳の貝原益軒は、自身の体験から編み出した、心身ともに健康で充実した幸福な日々を送る術を書き残した。 ■転送歓迎■ H26.04.27 ■ 44,042 Copies ■ 3,836,278Views■ ■1.「整形手術をした女性がほとんどいない国」  韓国で飲食店を経営している夫婦が、神戸に留学している娘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.731 夢と希望の長寿大国

 世界一の長寿を、健康で活き活きと過ごせる夢の技術が開発されつつある。 ■1.世界最速、最高水準の高齢化 「この国には何でもある。だが、希望だけがない」などという悲観論が幅を効かせている理由の一つとして、少子高齢化の傾向がある。高齢化により年金生活者ばかりが増え、人口も減少して経済が縮小していく、という暗鬱な未来像が、マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.710 日本を作った人口の波

 我が国は4つの波を乗り越えて、ダイナミックに発展してきた。 ■1.江戸時代は人口停滞の暗黒期? 「江戸時代後半の農民は重い貢租を課せられて、食うや食わずの生活を送っており、堕胎や間引き(生まれた子どもをすぐに殺すこと)が広く行われていたうえに、度重なる飢饉と流行病に襲われて、人口は停滞した」と高校の日本史で教えられた人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.690 デフレ克服に先人の知恵を

 デフレをもたらしている「生産年齢人口」の減少にどう対応するのか? ■1.「失われた20年」からの脱却方法は?  平成2(1990)年のバブル崩壊から始まって、平成13(2001)年のITバブル崩壊、そして平成20(2008)年のリーマン・ショックと続く「失われた20年」に、日本経済は喘いでいる。  現在2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more