テーマ:環境保全

No.1142 小水力発電 ~「和の国」のエネルギー

 小水力発電こそ、日本列島の自然と調和したエネルギー。 ■転送歓迎■ R01.12.01 ■ 50,503 Copies ■ 6,816,870Views■ ■1.ダムを増やさずに水力発電量を2,3倍にできる 「ダムを増やすことなく、水力発電量を二倍、三倍に増やすことが可能」「純国産でまったく温室効果ガスを発生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1135 水の力と美しさに神々を見たご先祖様たち

 水の恵みを神々に感謝し、水の力、美しさに賛嘆するご先祖様の感性が、豊かな国土を創り上げてきた。 ■転送歓迎■ R01.10.13 ■ 50,527 Copies ■ 6,755,Views■ __________ ■『世界が称賛する 日本人が知らない日本 2「和の国」という"根っこ"』 育鵬社刊、¥1,650(税込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1134 本当に「セクシー」な環境政策とは?

 小泉進次郎環境大臣は「セクシーな取り組みを」と述べて、炎上したが、、、 ■転送歓迎■ R01.10.06 ■ 50,485 Copies ■ 6,747,590Views■ __________ ■伊勢雅臣の新刊 10月9日発売 予約受付中■ 『世界が称賛する日本人が知らな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wing2836 国際派日本人養成講座 No.660 捕鯨は地球を救う

 増えすぎたクジラを捕る事で、食糧危機と環境危機に立ち向かう事ができる。(H22.08.08発信) ■■ 転送歓迎 ■■ No.2836 ■■ H31.01.21 ■■ 7,832部■■ __________ 【伊勢雅臣】捕鯨問題の第2弾です。捕鯨反対がいかに論理と科学を無視した主張か、お分かりいただけると思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1095 ポケモンが広める神道的な世界観~マンリオ・カデロ、加瀬英明『神道が世界を救う』を読む

 自然への畏敬を説く神道は世界の諸宗教と両立し、その対立を和らげる可能性を持っている。 ■転送歓迎■ H30.12.30 ■ 50,471 Copies ■ 4,552,091Views■ ■1.ポケモンが広める神道的な世界観  今年の春、北はフィンランドから南はギリシャまで欧州を回って、おみやげにポケモンのイラス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「『与作は木を伐る』では林業は再生できない」安藤直人、『明日への選択』H30.6

・林業を川上とすれば、川中の木材産業が製材し加工し、川下で建築、家具、什器などの形となって、ようやく一般社会で木材が利用される。そこで初めて山に生えていた木が生きる。いかに木材需要の拡大を図るかが、林業再生のポイント。 ・木材輸出はここ数年で急拡大し、年間326億円の規模。たとえば、アメリカの家のフェンス用に使われてきたカナダのレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

126代を貫く皇室の祈り(1) 世界の水問題に取り組まれる皇太子殿下

ご譲位が決まり 、平成の御代は来年4月30日で終わります。御代替わりを迎えるに当たり 、天皇陛下と皇室の伝統について考えたいと思います。 『日本の息吹』平成30年4月号 ・出典『日本の息吹』、日本会議 https://www.nipponkaigi.org/publication/details?id=229 ・この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1072 「地球温暖化」狂騒曲の「不都合な真実」

 地球の気温を0.001℃下げるために、わが国は80兆円を使うのか? ■転送歓迎■ H30.07.22 ■ 50,636 Copies ■ 4,505,324Views■ __________ ■■■ 全国学生青年合宿教室 (西日本) ■■■ ・平成30年 8月24日(金)~ 26日(日) ・福岡県立社会教育総合センタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wing(2696) 環境原理主義者はどこが間違っているのか?

 技術の限界やリスクだけを過大視して、そのメリットには目もくれず、「そんな技術はやめて自然に還れ」という環境原理主義者たちの姿勢では、人類の幸福も増進できない。 ■■ 転送歓迎 ■■ No.2696 ■■ H29.07.17 ■■ 8,103部■■  今週のJOG(1015)「マラリアと戦う日本の蚊帳」では、住友化学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wing2639 皇太子殿下の水の御歌

 本年の歌会始の御題は「野」で、皇太子殿下は次の御歌を詠まれた。 __________ 岩かげにしたたり落つる山の水大河となりて野を流れゆく  皇太子殿下には、平成二十年五月に山梨県甲州市の笠取(かさとり)山に登られ、東京都水道水源林を御視察になりました。このお歌は、その折に、多摩川源流となる、岩から滴り落ちる一滴一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.950 反原発運動の正体 ~ 千葉麗子『さよならパヨク』から

「歌って踊って」思考力の劣化した左翼は、シロアリのように自由民主主義の基礎を食いつぶしていく。 ■転送歓迎■ H28.05.08 ■ 45,968 Copies ■ 4,178,608Views■ ■1.「福島のためと始めた行動が共産党に利用されたのか」 『さよならパヨク』という本が売れている。発売3週間ほどで、も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG Tweet 中国(20) 環境破壊

水不足/大気汚染/商品汚染/食品汚染/農協の不在 ■水不足 中国の最も深刻な問題は水不足。中国の水使用量は年間一人あたり400?で、米国人の1/4。国際的に定義される水ストレス(1000?/人年、これ以下だと日常生活に不便)の半分以下。北京では100?とサウジアラビア並み。日経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.892 国際交渉の現場から

「国際舞台において、日本人であることは、それだけで大きな強み」 ■転送歓迎■ H27.03.22 ■ 44,009 Copies ■ 3,988,101,Views■ ■1.名古屋議定書を巡る先進国と途上国の対立 「名古屋議定書 生物の多様性を守る出発点に」と題した読売新聞、平成22…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG Tweet 中国 1.環境問題

■大気汚染 中国疾病予防コントロールセンターも、PM2.5による大気汚染で健康に影響を受けた人口が全国で約6億人に達し、国土にして全17省の4分の1に及んだとの数字を公表し、人びとに衝撃を与えた。Voice14.1富坂聡 2014年01月28日(火) 伊勢雅臣@ise_masaomi PM2.5の影響で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.787 皇太子殿下の祈り

 皇太子殿下は世界の水問題で、民の幸せを無私の心で祈る、という皇室の伝統精神を発揮されている。 ■転送歓迎■ H25.02.24 ■ 40,383 Copies ■ 3,574,968Views■■ ■1.「殿下への高い評価は日本人だけが知らないのでは」  皇太子殿下は国連「水と衛生に関する諮問委員会」の名誉総…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

No.780 松下幸之助の「日本の夢」は実現したか?

 30数年前に松下幸之助が描いた夢を、今日の日本はどれだけ実現できたか? ■転送歓迎■ H25.01 06 ■ 40,140 Copies ■ 3,633,501Views■ ■1.『私の夢・日本の夢 21世紀の日本』  松下幸之助がまとめた『私の夢・日本の夢 21世紀の日本』[1]という本がある。昭和51(197…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.737 奇跡のリンゴはこうして生まれた

 無農薬、無肥料でリンゴをつくるという夢に掛けた男の執念。 ■転送歓迎■ H24.02.26 ■ 39,970 Copies ■ 3,509,819Views■ __________ ■遅まきながらツイッターを始めました。 ==> ise_masaomi https://twitter.com/#!/ise_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.707 農が引き出す自然の恵み

 農業はカネでは計れない価値を自然から引き出す。 ■1.「このリンゴジュースを飲まないと」  NPO法人「農と自然の研究所」代表理事の宇根豊(うね・ゆたか)さんら一行が、2003(平成15)年にドイツのある村を訪れた時のことである。  訪れたリンゴ農家は、農産物のEU内の自由化でリンゴの価格が下がり、経営的に行き詰…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

JOG(660) クジラは地球を救う

 増えすぎたクジラを捕る事で、食糧危機と環境危機に立ち向かう事ができる ■1.年間300万頭のカンガルーを殺しながら反捕鯨を訴える偽善  オーストラリアのケビン・ラッド首相は、日本が2010年11月までに捕鯨をやめなければ、日本を国際裁判所に提訴すると語った。このスタンドプレーに対して、オーストラリア国内からも常識的な批…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.507 地球温暖化問題に仕組まれた「偽装」

「偽装」だらけの地球温暖化説。 ■1.「首都に迫る海」■  もう30年以上の前になるが昭和59(1984)年の元日朝刊で、朝日新聞は「海面上昇で山間へ遷都計画」と題した記事を掲載した。「6兆円かけて20年かかり」「脱出進み人口半減」という見出しが躍る。「首都に迫る海。警戒水域まであと1メートルに」というコメントのつい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more