テーマ:政治

「戦後憲法の『偽善』と対峙した三島由起夫」大葉勢清英、『祖国と青年』H2911

・政府は憲法改正という火中の栗を拾わずとも、事態を収拾する自信を得た。そして国の根本問題に対して頬被りを続ける自信を得た。これで左翼勢力には憲法護持の飴玉をしゃぶらせつづけ、自ら、護憲を標榜することの利点を得た。 ・空文化されればされるほど政治的利用価値が生じてきたというところに、新憲法の不思議な魔力があり、戦後の偽善は全てここに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「『五箇条の御誓文』対『共産主義』 明治維新という大業(3)」松浦光修、『日本の息吹』H3007

・五箇条の御誓文の第一条「広く会議を興し、万機公論に決すべし」は、議会政治の理念を語り、そのためには、「言論の自由」が必要。 ・第二条「上下、心を一にして盛んに経綸を行うべし」は「産業を興す」ことで、「私有財産」の保護が前提。 ・明治維新ははじめから、「言論の自由」と「私有財産」を認めない共産主義とは相いれない思想で始められ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「読書室 本当は恐ろしい共産党」、『祖国と青年』H2910

・福富健一郎『共産主義の誤謬』 ・先進国で共産党が躍進しているのは日本だけであり、欧米や東南アジアの若者から「どうして日本には、共産党があるの?」と問われる。 ・コミンテルン日本支部としての出自から明らかなように「闘う相手は外国ではなく日本」 【伊勢雅臣】 多くの國で、共産党は自由民主主義を破壊する違法政党とされています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1083 公民教科書読み比べ(9) 天皇主権と国民主権

「主権」という言葉が日本人にはピンと来ないのは何故か。 ■転送歓迎■ H30.10.07 ■ 50,510 Copies ■ 4,528,909Views■ __________ ■各種言論誌のお勧め記事紹介 「国際派日本人のためのお勧め記事切り抜き帳」のシリーズをメルマガ「国際派日本人のための情報ファイル」で始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野党はなぜ必要なのか」竹田恒泰、『正論』H29.12

・野党は与党とは違った価値観や国家観を持っている場合もあるから、与党とは違った視点から議案の問題点を洗い出せる可能性を秘めている。「どうしたらこの法案がもっと良くなるか」という視点で検証し、謙虚に意見を述べたなら、与党からも「野党がいてくれたおかげでより良い法案になった」と感謝されるだろう。「提案型の野党」とはこのような態度のことをいう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1057 左翼議員のブラック・マネー

 何の証拠もないのに吊し上げ、証拠があるのに見逃される。日本の法治社会が危機に瀕している。 ■転送歓迎■ H30.04.08 ■ 50,878 Copies ■ 4,474,989Views■ __________ (伊勢雅臣)チャンネル桜の対談番組に出演させていただきました。 【Japan Spirit Vol.1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.985 「東京都の闇」に挑む小池百合子都知事

「大義と国民の共感」を武器に、小池都知事は都政大改革に挑んでいる。 ■転送歓迎■ H29.01.15 ■ 49,125 Copies ■ 4,296,268Views■ ■1.「東京都の闇」  舛添前都知事の迷走振りを見て、どうして自民党はこんな人物を推薦したのか、と思っていたが、最近、出版された『都政大改革 小池…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.950 反原発運動の正体 ~ 千葉麗子『さよならパヨク』から

「歌って踊って」思考力の劣化した左翼は、シロアリのように自由民主主義の基礎を食いつぶしていく。 ■転送歓迎■ H28.05.08 ■ 45,968 Copies ■ 4,178,608Views■ ■1.「福島のためと始めた行動が共産党に利用されたのか」 『さよならパヨク』という本が売れている。発売3週間ほどで、も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.942 大震災下で「かかる首相」をいただいた「日本の不幸」

 震災対応そっちのけで党内抗争を繰り返す民主党の惨状に、党幹部も「もうだめだ党内みんなメルトダウン」と自嘲するばかりだった。 ■転送歓迎■ H28.03.13 ■ 44,543 Copies ■ 4,154,036Views■ ■1.「かかる首相をいただきて」 「かかるとき かかる首相を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.941 日本共産党小史 ~ 国民政党なのか、外国工作機関なのか

 日本共産党は世界共産化を狙うコミンテルンによって設立され、その資金と指示で武闘路線を歩んできた。 ■転送歓迎■ H28.03.06 ■ 44,539 Copies ■ 4,151,052Views■ ■1.日本共産党は改憲政党だった  近年、SEALDs(シールズ=自由と民主主義を守るための学生緊急行動)という学…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.918 私の見た戦後左翼の正体

 読者の体験談から浮かび上がる「戦後左翼の正体」 ■転送歓迎■ H27.09.20 ■ 44,727 Copies ■ 4,076,953Views■ (伊勢雅臣) 前々号「戦後左翼の正体」[a]では、多くの読者からおたよりを戴きました。その中で、実体験に基づいてそれぞれの方の見た「戦後左翼の正体」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG Tweet 安倍首相の戦い(6) 外交全般

「かつての敵が最高の友人に」豪首相が安倍首相を歓迎 -アボット首相は連邦議会での安倍晋三首相の演説に先立ち、日豪経済連携協定は「歴史的合意」と評価、防衛面での協力進展も踏まえ「両国は世界で最も強固な友好関係の一つ」とあいさつ http://on-msn.com/1jte7uW 2014年07月10日(木) 安倍総理はサウジアラビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG Tweet 安倍首相の戦い(1) 国際社会の声/国民の声(伊勢雅臣)

■国際社会の声 支持:ベトナム65%、日本58%、マレーシア57%、バングラデシュ56%、フィリピン55%、タイ53%、米国49%、インドネシア46%。(続く) 時事:安倍外交、東南アで高評価=中韓は不支持圧倒的-米世論調査 http://www.jiji.com/jc/zc?k=2014072014071500561&g=po…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.780 松下幸之助の「日本の夢」は実現したか?

 30数年前に松下幸之助が描いた夢を、今日の日本はどれだけ実現できたか? ■転送歓迎■ H25.01 06 ■ 40,140 Copies ■ 3,633,501Views■ ■1.『私の夢・日本の夢 21世紀の日本』  松下幸之助がまとめた『私の夢・日本の夢 21世紀の日本』[1]という本がある。昭和51(197…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.777 稲田朋美の国会論戦真剣勝負

「国会に真摯で活発な議論がないことが、日本の民主主義にとっての一番の悲劇」 ■転送歓迎■ H24.12.09 ■ 40,189 Copies ■ 3,621,843 Views■ ■1.「大臣の認識が足りないと言わざるを得ない」 「ところで、大臣、ことしの1月4日は何をされていましたか」といきなり稲田朋美・衆議院議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.776 安倍晋三、報道テロとの戦い

「安部叩きはウチの社是」と朝日新聞論説主幹は語った。 ■転送歓迎■ H24.12.02 ■ 40,179 Copies ■ 3,619,191Views■ ■1.偏向マスコミが敵視する安倍総裁  衆院解散が決まり、自民党政権奪取の可能性が高まるにつれ、安倍晋三総裁の金融緩和政策への期待から、超円高が是正され、株価も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wing2029 原発を考える(伊勢雅臣)

原発ゼロでどうなるか/原発事故の責任を問う/反原発の虚構 ■■ 転送歓迎 ■■ No.2029 ■■ H24.10.29 ■■ 8,721 部 ■■ ■原発ゼロでどうなるか 1990年までに原発凍結を決めたイタリアでは2000年からの10年間で電気料金が家庭用で4割上がり産業用は2倍になった。今は主要国で最も高い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.770 メディアが仕組んだ政権交代

 メディアは自民党政権をひたすら攻撃し、民主党政権への幻想を国民の間に吹き込んでいった。 ■転送歓迎■ H24.10.21 ■ 40,287 Copies ■ 3,602,470Views■ ■1.「安倍の葬式はうちで出す」 「安倍の葬式はうちで出す」とは、安倍内閣当時、ある朝日新聞幹部の発言だという。対立政党なら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.754 橋下徹 ~ 閉塞政治の突破力

 その姿勢は、現代のわが国の民主主義が陥っている欠陥を正す力を持っている。 ■転送歓迎■ H24.06.24 ■ 40,637 Copies ■ 3,553,396Views■ ■1.「あなたには信長になってもらいたい」 「あなたには信長になってもらいたい。信長のように、思い切った独創的な改革をやってほしい。大阪は、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.716 正義が人を殺すとき ~ 岩田温『逆説の政治哲学』を読む

 どうして「平等」という正義を唱える共産主義が1億人もの人々を虐殺したのか。 ■1.「政治家が無能なことを嘆くだけでは何も変わらない」  ある青年がいる。早稲田大学政治経済学部を卒業後、国防の最前線で働きたいという強い愛国心から海上自衛隊幹部候補生となり、江田島での激しい訓練、遠洋航海を経て、三等海尉に任官した。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

No.669 「政治から教育を変えていく」日教組戦略

「私はこんなことをするために教員になったのではない」と、選挙活動を強制されている教員は思った。 ■1.刑事罰を受けた日教組幹部が教頭に出世  本・平成22(2010)年3月4日の参議院予算委員会。「ヤンキー先生」、こと義家弘行議員が質問に立った。鳩山首相を相手に、北海道教職員組合の違法な選挙活動について、勤務時間中に学校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more