テーマ:大東亜戦争:和平への苦闘

サイト内全文検索

No.1136 終戦直前、日本は原爆実験に成功していた

 日本の原爆実験成功は現代の我々にとって、何を意味するのか? ■転送歓迎■ R01.10.20 ■ 50,273 Copies ■ 6,760,888Views■ __________ ■『世界が称賛する 日本人が知らない日本 2「和の国」という"根っこ"』 育鵬社刊、¥1,650(税込み) Kindle版も発売中  …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「わたしたちの北方領土」、公益社団法人 千島歯舞居住者連盟

・北方領土は、歴史的に一度も外国の領土になったことがないわが国固有の領土でありながら、第2次大戦の終了後、ソ連軍によって占領され、ロシアとなった現在も不法占拠が続いています。 ・北方領土は私たちの祖先が心血を注いで開拓した我が国固有の領土です。 【伊勢雅臣】1855年からの各条約による領土の交換等を分かりやすく図解しています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あなたは北方領土をご存じですか?』、千島歯舞諸島居住者連盟,H24

・歯舞群島の貝殻島は納沙布岬から3.7km。 ・択捉島は鳥取県と同じくらい、国後島は沖縄本島より大きい。 ・ソ連軍に追い立てられて、国後島から小舟で脱出した家族9人(父母、2~14歳の男子6人と11歳の女子1人)。陸の灯りが見えた時、横波を受けて舟は転覆。長男と次男が母親を助け、父親と共に4人だけが助かった。4人は半狂乱になって、残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アニメ映画『この世界の片隅に』片淵須直監督」、『祖国と青年』H29.10

・原爆投下の残虐性を強調するのではなく、懸命に生きようとする人の明るさ・哀しみをマンガで活写した。 ・片淵監督が強調しているのは、戦前・戦中・戦後の連続性である。学校の授業では戦前と戦後の断絶を教えるが、本作を見たある観客は「すずさんのいた時代と今自分たちが住んでいるこの平成の時代がつながっている感じ」と感想を述べている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1040 終戦を遅らせたソ連の秘密工作 ~ 江崎道朗『日本は誰と戦ったのか』から

 今こそ「日本は誰と戦っているのか」を問わなければならない。 ■転送歓迎■ H29.12.10 ■ 51,225 Copies ■ 4,434,465Views■ ■1.ソ連の工作員が終戦を遅らせた  昭和16(1941)年、ソ連の工作員がアメリカのルーズベルト政権と日本の近衛文麿内閣に潜り込んで、日米を戦争に引き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1038 歴史教科書読み比べ(44) 大東亜戦争 ~ 和平への苦闘

 大東亜戦争の様々な悲劇の中で悩み、苦しみ、悲しみながらも、雄々しく生き抜いた先人の声に耳を傾ける。 ■転送歓迎■ H29.11.26 ■ 51,132 Copies ■ 4,429,810Views■ ■1.「日本の勝利を願い」「苦しい生活に耐え続けました」  戦況が苦しくなるにつれて、国民生活も圧迫されていった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1016 香淳皇后 ~ 昭和天皇を支えたエンプレス・スマイル

「戦中、戦後にかけて陛下のご心痛をおそばで見ているのはつらい思いでした」 ■転送歓迎■ H29.07.23 ■ 50,940 Copies ■ 4,384,679Views■ __________ ■本講座選集第4弾『世界が称賛する 日本の教育』8月2日発売■ アマゾンで予約受付中。発売前に「日本論」カテゴリー4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.912 国史百景(15): 終戦を支えた皇族たち

 789万人の陸海軍将兵に戈(ほこ)を収めさせるために、昭和天皇の大御心を説くべく、皇族たちは戦地に向かった。 ■転送歓迎■ H27.08.09 ■ 44,170 Copies ■ 4,056,448Views■ ■1.「不退転のご決意を秘められた荘厳なお姿」  昭和20(1945)年8月12日、在京の皇族男子全員12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.908 国史百景(14): 昭和20年8月15日正午 ~ 長谷川三千子『神やぶれたまはず』

 玉音放送の後の「あのシーンとした国民の心の一瞬」に、人々は何を聴きとっていたのか。 ■転送歓迎■ H27.07.12 ■ 44,209 Copies ■4,043,507 Views■ ■1.それぞれの負けっぷり  イタリアを旅していた時、4月25日が「解放記念日」という全国的な祝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.876 ペリリュー島のサクラ

 ニミッツ提督は「この島を守るために日本軍人がいかに勇敢な愛国心をもって戦い、そして玉砕していったか」と語った。 ■転送歓迎■ H26.11.23 ■ 43,442 Copies ■ 3,932,322 Views■ ■1.ニミッツ提督を感銘させた日本将兵の玉砕  フィリピン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

No.856 ぼくらの祖国を甦らせる

「硫黄島は祖国を甦らせる手がかりだ」 ■転送歓迎■ H26.07.06 ■ 43,859 Copies ■ 3,868,245 Views■ ■1.「奇跡の島」  日米の最大の激戦が行われた硫黄島(いおうとう)は、アメリカでは「奇跡の島」と呼ばれている。戦後、日米の生き残った戦士やそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.813 11歳少女の朝鮮半島脱出記 ~ 『竹林はるかに遠く』から

「ソ連兵が上陸してくる」との突然の警告に、11歳の擁子と母、姉3人の満洲国境近くから母国日本への逃避行が始まった。 ■転送歓迎■ H25.09.01 ■ 42,687 Copies ■ 3,734,715Views■ ■1.「私も娘もこの本を読みました」 「1986年にアメリカで刊行後、数々の賞を受賞。中学校の教材…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.763 職務に殉じた9人の乙女 ~ 樺太真岡郵便局悲話

 ソ連軍の迫る中で、9人の乙女は電話交換手として最後まで職務を果たそうと、決心した。 ■転送歓迎■ H24.09.02 ■ 40,396 Copies ■ 3,582,004Views■ ■1.「町民のために最後まで責任を全うしてくれた」  先の東日本大震災の際に、宮城県南三陸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG(652) 沖縄県民20万人を救った二人の島守(しまもり)(下)

 米軍侵攻を目前にして島民の北部疎開と食糧確保に二人の島守は全力をあげた。 ■1.「この長官は自分たちを捨てていかない」  島田は第27代沖縄県知事として、昭和20(1945)年1月31日、着任した。着任の挨拶では、相次ぐ空襲下での職員の苦労を労った後、 __________  沖縄県は全国民の耳目を集めてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG(651) 沖縄県民20万人を救った二人の島守(しまもり)(上)

 戦火の近づく沖縄から県民を疎開させようと、警察部長・荒井退造(たいぞう)は奮闘した。 ■1.20万県民を救った二人の島守(しまもり)  大東亜戦争末期、戦場となった沖縄で、一人でも多くの県民を助けようと苦闘し、県民から島守(しまもり)として讃えられた二人の官僚がいた。沖縄県知事・島田叡(あきら)と警察部長・荒井退造(た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG(643) 「沖縄県民斯ク戦へり」(上) ~ 仁愛の将・大田實海軍中将

 玉砕寸前の海軍司令部から「県民ニ対シ後生特別ノゴ高配ヲ賜ランコトヲ」と電文が発せられた。 ■転送歓迎 H22.04.11■38,594 Copies■3,276,621Views■ ■1.「県民ニ対シ後生特別ノゴ高配ヲ賜ランコトヲ」  沖縄戦の末期、「沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後生特別ノゴ高配ヲ賜ランコトヲ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more