テーマ:日本思想

No.1127 「三種の神器」が示す「和の国」ぶり

 我が国の「和の国」ぶりは、すでに神話の中で示されている。 ■転送歓迎■ R01.08.18 ■ 50,013 Copies ■ 6,705,082Views■ ■1.遠い神代につながる三種の神器の由来  本年5月1日午前10時30分、新帝陛下が皇位の証(あかし)として三種の神器を引き継がれる「剣璽等承継の儀」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1123 「和の国」日本の礎(いしずえ)~ 聖徳太子の十七条憲法

 国内の動乱で現れた人間性の醜さを、太子は凝視した。 ■転送歓迎■ R01.07.21 ■ 50,028 Copies ■ 4,599,157Views■ ■1.「和の国」日本の礎(いしずえ) 「日本人は個人の時よりも、チームで取り組む時の方がはるかに力を発揮する」とは、筆者がカリフォルニア大学バークレー本校に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1096 『古事記』に込められた先人からのメッセージ

 古代国家の復活、再生といふ悲願をこめて綴られた『古事記』は、我々に「復古・維新の精神」を活き活きと語りかけている。 ■1.『古事記』に込められた「復古・維新の精神」  春にあけて先(ま)づ看(み)る書(ふみ)も天地(あめつち)の始(はじめ)の時と読みいづるかな  幕末の歌人・橘曙覧(たちばな・あけみ)の歌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1089 日本人の「根っこ」の伸ばし方

 他者をリスペクトすることから、自己肯定感が育ち、自分を支えてくれる「根っこ」が伸びる。 ■転送歓迎■ H30.11.18 ■ 50,405 Copies ■ 4,540,752Views■ __________ 日本会議 神奈川 設立20周年記念大会 -門田隆将氏 横浜に来たるー 日時12月2日(日)15:0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1088 ゆがんだリベラル思想を正す道

■■ Japan On the Globe(1088)■■ 国際派日本人養成講座 ■■ Common Sense: ゆがんだリベラル思想を正す道 「和の国」日本には、リベラルのゆがんだ思想を正す力がある。 ■転送歓迎■ H30.11.11 ■ 50,405 Copies ■ 4,538,737Views■…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「読書室 坂本龍馬と国学」、『祖国と青年』H2910

・坂本家の家学は「国学(皇学)、龍馬も国学の思想的素養を持っていた。 ・大久保一翁の「大政奉還論」を、「幕府は朝廷から政治を委ねられている」とする国学からの考えから理解し、その実現に向けて行動した。 【伊勢雅臣】司馬遼太郎の龍馬像では、まったく無視されていた面です。 ・出典『祖国と青年』、日本青年協議会 http://ww…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最後の将軍 徳川慶喜の決断」宮田正彦、『致知』H30.2

・慶喜は20歳頃、父親の斉昭に「もし一朝事起こりて、朝廷と幕府と弓矢に及ぶようのごときことあらんか、我等はたとへ幕府に反(そむ)くも、朝廷に向かいて弓引くことはあるべくもあらず」と、光圀公以来代々水戸家に伝えられた家訓を告げられている。 ・慶喜公は将軍職に就いた時点で、すでに幕府だけでは国家の難局は乗り切れないと見通し、いつかは大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wing(2618) 嘘の文明、誠の文明

 日本国民は「誠の文明」を護るために、シナ、南北朝鮮の「嘘の文明」と戦っていかなければならない。  蓮舫議員の二重国籍問題が提起されたのは9月の初めだが、2ヶ月近く経っても、まだ決着がつかない。台湾国籍を離脱したのか、どうか、という単純至極な問題がこれだけ長引いているのは、蓮舫議員自身の発言が二転三転し、しかも決定的な証拠とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.938 天命、天職、真楽 ~ 日本人のための『ポケット修養論』

「日本人の精神にはまだ清冽な地下水が流れている」 ■転送歓迎■ H28.02.18 ■ 44,391 Copies ■ 4,143,349Views■ ■1.「なんという微妙精巧な宇宙のバランス」  最近、読んだ本の次の一節に驚かされた。 __________  数年前、宇宙物理学者桜井邦朋(くにとも)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.864 日本人の生き方を支える「赤猪(あかい)抱き」 ~ 読者のおたよりから

 タイ農民支援、予備自衛官、西郷隆盛、大西瀧治郎中将に見る「赤猪抱き」の伝統 ■転送歓迎■ H26.08.31 ■ 43,666 Copies ■ 3,894,579Views■ 伊勢雅臣> 前号「赤猪(あかい)抱き ~『新釈古事記伝』から(2)」には、多数の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.858 袋背負いの心 ~ 『新釈古事記伝』から

 外国人も賞賛する我が国の「思いやり社会」の理想は『古事記』に説かれていた。 ■転送歓迎■ H26.07.20 ■ 43,826 Copies ■ 3,874,711Views■ ■1.大きな袋を背負って  出雲大社に祀られている大国主命(おおくにぬしのみこと)には大勢の兄弟、八十神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG Index 121 日本思想

559 大和言葉の世界観 「鼻」は「花」、「目」は「芽」。大和言葉には古代日本人の世界観が息づいている。 http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h20/jog559.html 670 日本語が生み出す思いやり社会 日本語では子供が親に向かって「あなた」とは言わないのはなぜか。htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.786 不易流行 ~ 守るべきもの、変えるべきもの

 何百年も続く老舗は、守るべきものを守りつつ、時代の変化に即して、変えるべき所を変えている。 ■転送歓迎■ H25.02.17 ■ 40,399 Copies ■ 3,653,147 Views■ ■1.キッコーマンの売上の45パーセントは海外で  醤油のキッコーマンは、平成24年度決算では、売上の45パーセント、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.752 日本における道理の伝統

 布教のためにやってきたフランシスコ・ザビエルは、キリスト教の不合理な面をつく日本人に悩まされた。 ■転送歓迎■ H24.06.10 ■ 40,811 Copies ■ 3,547,814Views■ ■1.「日本へ行けば、人々は理性豊かである」  1547年12月、キリスト教の東洋への布教のためにマレー半島のマラ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

JOG(666) 世界ダントツのサービス品質が未来を拓く

 日本企業が元気を取り戻す近道。 ■1.ガラパゴス化  最近、日本の技術は「ガラパゴス化」しているとよく言われる。南太平洋で、南米大陸から900キロも隔絶したガラパゴス諸島では、ゾウガメやイグアナなど、独自の進化を遂げた種が多く存する。それと同様に、日本の技術も世界と隔絶してしまっており、そのために世界市場に打って出るこ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more