テーマ:Common Sense

No.1159 「三方悪し」の現代林業

 国内の森林を放置・荒廃させ、他国の森林を収奪し、輸入代金と補助金で国富を浪費させている現代林業。 ■転送歓迎■ R02.04.05 ■ 39,167 Copies ■ 7,002,820Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________  ★自宅で視聴できる「国際派…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1157 日本の教育再生のために ~ Live講座視聴者の方々との対話

(Live講座第2回(詳細は文中)の先行割引が3/23までなので、本号は2日間、前倒しで発信させていただきます。)  視聴者からいただいた多くのコメントは、そのまま我が国の民度の高さを示していて、有り難い限りである。 ■転送歓迎■ R02.03.20 ■ 39,129 Copies ■ 6,986,315Views■ …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.1155 アドラー心理学と「和の国」の子育て

 子供たちが「共同体感覚」を発達させて、共同体に貢献することが幸せへの道、とアドラーは考えた。 ■転送歓迎■ R02.03.08 ■ 39,473 Copies ■ 6,972,596Views■ __________ ■■■「国際派日本人」養成講座LIVE 申込受付中 ■■■  すでに800名を超えるお申し込みをい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.1152 結婚・出産・育児は幸福の源泉

 米国における多くの科学的調査で、結婚・出産・育児は幸福の源泉であることが示されている。 ■転送歓迎■ R02.02.16 ■ 39,159 Copies ■ 6,947,907Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ ■■■「国際派日本人」養成講座LI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG(1151) 「和の国」の子育て

「しっかり勉強して、良い会社に入りなさい」ではなく、「世のため人のために尽くせる人間になりなさい」と教えるべきでは。 ■転送歓迎■ R02.02.09 ■ 39,144 Copies ■ 6,941,468Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ ■1.政府チャーター機で救…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1150 人口適正化と新技術で築く「和の文明」

 自然と調和した「和の文明」を築くべき時が来た。 ■転送歓迎■ R01.02.02 ■ 38,880 Copies ■ 6,931,826Views■ ■1.近代の150年で9千万人も増えた日本の人口  日本の2019年の出生数が年間90万人割れしたことが確実になった。90万人割れは政府予想よりも2年早く、人口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1148 「和の国」の伝統精神が日本復活への指針 ~ 北野幸伯『新日本人道』を読む

 他者との暖かい関係こそが、幸せへの道である。 ■転送歓迎■ R02.01.19 ■ 38,602 Copies ■ 6,910,727Views■ ■1.「日本人すごすぎ」  ロシア人女性ジャーナリストのKさんは、すでに15年ほど日本に住んでいた。彼女は平成24(2012)年にデジカメを失くし、その中には、二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1134 本当に「セクシー」な環境政策とは?

 小泉進次郎環境大臣は「セクシーな取り組みを」と述べて、炎上したが、、、 ■転送歓迎■ R01.10.06 ■ 50,485 Copies ■ 6,747,590Views■ __________ ■伊勢雅臣の新刊 10月9日発売 予約受付中■ 『世界が称賛する日本人が知らな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1124 国民の「根っこ」とは何か ~ フランクル心理学から

 ユダヤ人強制収容所を生き延びた精神科医ヴィクトール・フランクルの心理学で、国民の「根っこ」を考えてみれば。 ■転送歓迎■ R01.07.28 ■ 50,062 Copies ■ 4,599,157Views■ ■1.人生の最後の数時間でも、まわりの人に気を配っていた青年  ユダヤ人強制収容所での体験をもと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1121 空想的平和主義が侵略を招く~ウクライナの悲劇

 ロシアの思想宣伝が作りだした平和ボケからウクライナ国民が覚醒したのは、ロシア軍の侵略が始まってからだった。 ■転送歓迎■ R01.07.07 ■ 50,049 Copies ■ 4,599,157Views■ ■1.「貴方が望んでいる日本の未来はこれなのか?」  こんな国があった。 __________…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1117 外国人参政権問題で学ぶ国家観

公民教科書読み比べ(15): 外国人参政権問題で学ぶ国家観  外国人参政権は「国家とは何か」という国家観を学ぶための良い例題なのだが、、、 ■転送歓迎■ R01.06.09 ■ 50,080 Copies ■ 4,593,995Views■ ■1.「洗国」  中国には「洗国」という戦術があるそうな。三橋貴明氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1114 独立自尊か属国か ~ 西郷隆盛に学ぶ「正道」外交

「日本は中国の属国として生きていけばいいのです」「それが日本が幸福かつ安全に生きる道です」と言う人がいるが、、、 ■転送歓迎■ R01.05.19 ■ 50,107 Copies ■ 4,589,165Views■ ■1.「米中貿易戦争」ではなく「米中冷戦」  しばらく続いていた米中貿易協議がなかば決裂して、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1110 公民教科書読み比べ(14): 自由権と偏向メディア

 自由権を論じながら、中国の人権弾圧を書かない東書の公民教科書は偏向メディア? ■転送歓迎■ H31.04.21 ■ 50,181 Copies ■ 4,582,455Views■ ■1.「私の母親と妻を殺してくれ」  壇上に立った亡命ウイグル人の姿に衝撃を受けた。その男性は両手にそれぞれパネルを抱えて、我々聴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1107 アジア山岳地域で学校を作る

 定年退職後、谷川洋さんはアジア山岳少数民族の子供たちのために、学校作りを始めた。 ■転送歓迎■ H31.03.31 ■ 50,161 Copies ■ 4,576,661Views■ ■1.ラオスの山岳少数民族の村へ  2004(平成16)年10月、谷川洋さんはラオス第二の都市パセクの空港に降り立った。日本か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1106 国を興す国語教育 ~ 『齋藤孝のこくご教科書 小学1年生』から

 この国語教科書は「自分が次世代の国民を育てる」という覚悟を持った親や教師に使って貰いたい。 ■転送歓迎■ H31.03.24 ■ 50,161 Copies ■ 4,574,661Views■ ■1.「学問のすすめ」から始まる小学生1年向け国語教科書  齋藤孝・明治大学文学部教授がユニークな国語教科書を出した。目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1105 「民安かれ」の経済学 ~ 山本勝市著『社会主義理論との戦い』から

 戦前・戦中・戦後と社会主義理論と戦ってきた山本勝市博士を支えたのは、「自分の考え方は天皇のみ心に背いていない」という自信だった。 ■転送歓迎■ H31.03.17 ■ 50,161 Copies ■ 4,572,837Views■ ■1.山本勝市博士の戦い 「社会科学とはかくも進歩しないものなのか」と、このほどK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1103 公民教科書読み比べ(13)「平等権」か、「一視同仁」か

「平等権」という西欧的概念よりも、我が国の歴史に根ざした「一視同仁」を教えるべきでは? ■転送歓迎■ H31.03.03 ■ 50,217 Copies ■ 4,569,529Views■ __________ ■■ブログ「国際派日本人のためのお勧め記事切り抜き帳」■■  国際派日本人にお勧めする雑誌記事のポイントをご紹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1100 左翼リベラルウイルスにご用心

 左翼リベラルウイルスに侵されると、人間が変わってしまう。 ■転送歓迎■ H31.02.10 ■ 50,327 Copies ■ 4,563,702Views■ ■1.なぜ彼らは揃いも揃って「人に厳しく、自分に甘い」のか?  辻元清美議員の外国人献金の問題が炎上しているが、本人は「直ちに(収支報告書を)訂正でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1098 公民教科書読み比べ(12) 人権思想の正体

「人権・・・。教員は、この言葉にどれほど困っていることか。」こういう事態を招いた人権思想の正体とは? ■転送歓迎■ H31.01.27 ■ 50,456 Copies ■ 4,559,944Views■ __________ ■伊勢雅臣: 鹿児島で講演をさせていただきます■ ■建国記念の日をお祝いする鹿児島県民の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wing2838 国際派日本人養成講座 No.728 捕鯨戦争最前線 ~ 日本代表の戦い

 多勢に無勢のIWC(国際捕鯨委員会)で、日本の国益を主張し続けた水産官僚がいた。(H23.12.18発信) ■■ 転送歓迎 ■■ No.2838 ■■ H31.01.25 ■■ 7,832部■■ __________ 【伊勢雅臣】捕鯨問題シリーズの最終です。IWCでのある水産官僚の涙ぐましい奮闘の紹介をしています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wing2835 国際派日本人養成講座 No.97 クジラ戦争30年

 捕鯨反対運動は、ニクソンの選挙戦略から始まった。 ■■ 転送歓迎 ■■ No.2835 ■■ H31.01.18 ■■ 7,832部■■ __________ 【伊勢雅臣】昨年末に日本政府はIWC(国際捕鯨委員会)から脱退しました。日本が国際機関から脱退するのは珍しいことですが、多くの国際機関は国際政治に翻弄され、またそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1093 人間教育としての国語教育 ~『“とっちゃん”先生の国語教室』から

「人生を考えはじめている青年と共に考える。ということは、実に当然、国語教師のしなくてはならない事柄である」 ■転送歓迎■ H30.12.16 ■ 50,533 Copies ■ 4,548,510Views■ ■1.「ひたすら国語教師たるの道を求めつづけられた」 “とっちゃん”先生、こと、桑原暁一先生はある都立高校…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1092 公民教科書読み比べ(11): まるでドメスティックな平和主義

 わが国周辺の脅威も見ず、世界の憲法の趨勢も見ない「まるドメ」平和主義論議。 ■転送歓迎■ H30.12.09 ■ 50,520 Copies ■ 4,546,709Views■ ■1.「~だという意見もあります」  日本国憲法の3つの基本原理の一つ、「平和主義」に関して、東京書籍版中学公民教科書(東書)は、次のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1089 日本人の「根っこ」の伸ばし方

 他者をリスペクトすることから、自己肯定感が育ち、自分を支えてくれる「根っこ」が伸びる。 ■転送歓迎■ H30.11.18 ■ 50,405 Copies ■ 4,540,752Views■ __________ 日本会議 神奈川 設立20周年記念大会 -門田隆将氏 横浜に来たるー 日時12月2日(日)15:0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

号外 ★あなたはいつ【自虐史観】に洗脳されたのか?(ロシア政治経済ジャーナル)

■■ Japan On the Globe(号外)■■ 国際派日本人養成講座 ■■ __________ 【伊勢雅臣】私の愛読する「ロシア政治経済ジャーナル」 https://www.mag2.com/m/0000012950.html の北野幸伯さんが、拙著『比較中学歴史教科書一国際派日本人を育てる』の書評を発信されました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1088 ゆがんだリベラル思想を正す道

■■ Japan On the Globe(1088)■■ 国際派日本人養成講座 ■■ Common Sense: ゆがんだリベラル思想を正す道 「和の国」日本には、リベラルのゆがんだ思想を正す力がある。 ■転送歓迎■ H30.11.11 ■ 50,405 Copies ■ 4,538,737Views■…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1087 公民教科書読み比べ(10): 国民統合の象徴とは何か?

 天皇の「民安かれ」の祈りが、国民に伝播して、互いに助け合う共同体の統合力となる。 ■転送歓迎■ H30.11.04 ■ 50,435 Copies ■ 4,536,780Views■ __________ ■伊勢雅臣新著『比較 中学歴史教科書 国際派日本人を育てる」■  アマゾンにて予約受付中です。(勉誠出版、新書、\…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1084 国際派日本人のためのお勧め記事抜き書き帳 ~ 憲法改正と自衛隊

 自衛隊を憲法に明記する意義、反対論への反論 ■転送歓迎■ H30.10.14 ■ 50,488 Copies ■ 4,531,014Views■ __________ ■■■ 伊勢雅臣講演のお知らせ 来週です!■■■ 日時:  平成30年10月21日(日)開場午後1時30分、開演午後2時 場所:  さいたま共…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1083 公民教科書読み比べ(9) 天皇主権と国民主権

「主権」という言葉が日本人にはピンと来ないのは何故か。 ■転送歓迎■ H30.10.07 ■ 50,510 Copies ■ 4,528,909Views■ __________ ■各種言論誌のお勧め記事紹介 「国際派日本人のためのお勧め記事切り抜き帳」のシリーズをメルマガ「国際派日本人のための情報ファイル」で始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1079 公民教科書読み比べ(8) 憲法改正の常識

 ネール初代インド首相:「もし諸君がこの憲法を抹殺したいというのであれば、憲法を本気に神聖で不可侵のものにすればよい」 ■転送歓迎■ H30.09.09 ■ 50,565 Copies ■ 4,519,818Views■ ■1.憲法改正の「きびしい条件」  東京書籍版中学公民教科書(東書)では日本国憲法の説明の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more