テーマ:皇室の祈り

No.1137 即位礼 ~ 聖なる責務の世襲

「民安かれ」の祈りを継承される天皇の聖なる責務。 ■転送歓迎■ R01.10.27 ■ 50,316 Copies ■ 6,777,554Views■ ■1.「世界一古い国の、世界で唯一のエンペラーの即位式」  10月22日、即位礼正殿の儀が開かれ、参列者は1999人、海外からも191カ国・機関の元首・首脳級が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

特別号外 本日発売『世界が称賛する 日本人が知らない日本 2「和の国」という"根っこ"』

■転送歓迎■ R01.10.09 ■ 50,485 Copies ■ 6,747,500Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/  本日、伊勢雅臣の以下の最新著が発売になります。 『世界が称賛する 日本人が知らない日本 2「和の国」という"根っこ"』 育鵬社刊、¥1,65…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1105 「民安かれ」の経済学 ~ 山本勝市著『社会主義理論との戦い』から

 戦前・戦中・戦後と社会主義理論と戦ってきた山本勝市博士を支えたのは、「自分の考え方は天皇のみ心に背いていない」という自信だった。 ■転送歓迎■ H31.03.17 ■ 50,161 Copies ■ 4,572,837Views■ ■1.山本勝市博士の戦い 「社会科学とはかくも進歩しないものなのか」と、このほどK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1098 公民教科書読み比べ(12) 人権思想の正体

「人権・・・。教員は、この言葉にどれほど困っていることか。」こういう事態を招いた人権思想の正体とは? ■転送歓迎■ H31.01.27 ■ 50,456 Copies ■ 4,559,944Views■ __________ ■伊勢雅臣: 鹿児島で講演をさせていただきます■ ■建国記念の日をお祝いする鹿児島県民の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1090 「五箇条の御誓文」のエネルギー

 議会制民主主義と自由主義経済を指し示した「五箇条の御誓文」は、わが国の「根っこ」からのエネルギーを全開にした。 ■転送歓迎■ H30.11.25 ■ 50,396 Copies ■ 4,542,574Views■ __________ ■■ 「まぐまぐ大賞2018」へのご推薦をお願いします ■■  昨年に引き続き、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1087 公民教科書読み比べ(10): 国民統合の象徴とは何か?

 天皇の「民安かれ」の祈りが、国民に伝播して、互いに助け合う共同体の統合力となる。 ■転送歓迎■ H30.11.04 ■ 50,435 Copies ■ 4,536,780Views■ __________ ■伊勢雅臣新著『比較 中学歴史教科書 国際派日本人を育てる」■  アマゾンにて予約受付中です。(勉誠出版、新書、\…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

126代を貫く皇室の祈り(2) 平成の国見

「きれいな村だったんでしょうね」-陛下のお言葉が私の勇気を奮い起してくれました(山古志村・長島村長) 『日本の息吹』平成30年4月号 ・出典『日本の息吹』、日本会議 https://www.nipponkaigi.org/publication/details?id=229 ・この記事は出版社の許可を得て、本文をPD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「明治維新という大業 ④明治天皇、神々への誓い」松浦光修、『日本の息吹』H3008

・「五箇条の御誓文」と同日に発表された「国威宣揚の御宸翰」。「国内のすべての人々が、たった一人でも、その人にふさわしくない場所に置かれているようであれば、それは皆私の罪です。ですから、これからは私自身が骨を折り、心や志を苦しめ、困難の先頭に立ちます」 【伊勢雅臣】原文は「「天下億兆、一人も其処を得ざる時は、皆朕が罪なれば」。「処を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「読書室 歴代天皇の祈り」、『祖国と青年』H3004

>「利他心を中核とした共同体」を築いてきた日本。その中心には常に皇室のご存在があったことを、歴代天皇のご事績を辿りながら丁寧に解き明かしたのが本書です。 本文はこちら => https://drive.google.com/open?id=1ygzd7Eo-ZYYm0dcJfynRiKSAKhWy6-ub …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1076 日本人の責務

 皇室の利他心が伝染して、代々の国民の努力で築かれたこの幸福な国に生まれた我々には、その恩に報いる責務がある。 ■転送歓迎■ H30.08.19 ■ 50,587 Copies ■ 4,513,269Views■ __________ ■■■ 全国学生青年合宿教室 (東日本) ■■■ (伊勢雅臣)私が学生時代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1016 香淳皇后 ~ 昭和天皇を支えたエンプレス・スマイル

「戦中、戦後にかけて陛下のご心痛をおそばで見ているのはつらい思いでした」 ■転送歓迎■ H29.07.23 ■ 50,940 Copies ■ 4,384,679Views■ __________ ■本講座選集第4弾『世界が称賛する 日本の教育』8月2日発売■ アマゾンで予約受付中。発売前に「日本論」カテゴリー4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1008 大正天皇と「平和大国日本」のビジョン

 内に「皇室と人民の接近」を図られ、外には「平和大国日本」のビジョンを体現された大正天皇。 ■転送歓迎■ H29.06.04 ■ 50,926 Copies ■ 4,366,744Views■ ■1.「国際協調に基づく積極的平和主義」  安倍首相が5月27日、地中海の島国マルタにて、第一次大戦中の日本軍戦没者の墓地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.994 人物探訪: 澄ましえぬ水にわが身は沈むとも ~ 孝明天皇の闘い

 幕末の危機に、孝明天皇は一身を省みず、国内の一致結束と国家の独立維持のために闘った。 ■転送歓迎■ H29.03.12 ■ 50,702 Copies ■ 4,335,281 Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ 伊勢雅臣「『自虐史観』歴史教科書は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.988 昭憲皇太后と"Empress Shoken Fund"

 100年以上も世界の福祉に貢献し続けている国際赤十字の「昭憲皇太后基金」を生み出した精神とは。 ■転送歓迎■ H29.02.05 ■ 49,613 Copies ■ 4,305,365Views■ ■1."Empress Shoken"のTシャツ  その写真には、10数人の黒人青年たちが笑顔で賞状らしきものを胸の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.978 名著探訪(4): 昭和天皇をお育てした杉浦重剛の「教育勅語」御進講

「教育勅語」は他国民も共感できる普遍的な人倫の道を説いていた。 ■転送歓迎■ H28.11.20 ■ 48,166 Copies ■ 4,272,531Views■ __________ 『世界が称賛する国際派日本人』 http://amzn.to/2clyix1 産経書評「第1章に登場するのは、大村智さん、近藤亨さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG Tweet 台湾(4) 台湾に尽くした日本人/台湾と皇室

■台湾に尽くした日本人 9月21日台湾大地震(1999) #国際派日本人養成講座 No.108 台湾につくした日本人列伝 日本からの緊急援助隊が一番乗りし、「空港で一秒間も休まずに災害現場に駆けつけた」http://bit.ly/185Ue29 2015年09月20日(日) 10月25日 古寧頭の戦い。根本博中将等作戦指導(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.931 国民を思う万世一系の祈り

「天皇陛下は、日々、私どもの幸せのために祈ってくださっている」と知れば、、、 ■転送歓迎■ H27.12.20 ■ 44,701 Copies ■ 4,118,771Views■ ■1.「皇室は祈りでありたい」 「皇室は祈りでありたい」とは皇后陛下のお言葉だが、そのお言葉通り、両陛下が深々…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.927 歴史教科書読み比べ(24) 建武の中興

「挫折した建武中興の理想は、明治維新という形で復活した」 ■転送歓迎■ H27.11.22 ■ 44,708 Copies ■ 4,106,726Views■ ■1.楠木正成を知っていますか?  明治3(1870)年に来日して4年ほど滞在し、"The Mikado's Empire" (『…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

No.912 国史百景(15): 終戦を支えた皇族たち

 789万人の陸海軍将兵に戈(ほこ)を収めさせるために、昭和天皇の大御心を説くべく、皇族たちは戦地に向かった。 ■転送歓迎■ H27.08.09 ■ 44,170 Copies ■ 4,056,448Views■ ■1.「不退転のご決意を秘められた荘厳なお姿」  昭和20(1945)年8月12日、在京の皇族男子全員12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.908 国史百景(14): 昭和20年8月15日正午 ~ 長谷川三千子『神やぶれたまはず』

 玉音放送の後の「あのシーンとした国民の心の一瞬」に、人々は何を聴きとっていたのか。 ■転送歓迎■ H27.07.12 ■ 44,209 Copies ■4,043,507 Views■ ■1.それぞれの負けっぷり  イタリアを旅していた時、4月25日が「解放記念日」という全国的な祝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.897 昭和天皇と白川義則大将 ~ いくさとどめしいさを

「白川は戦争を止めます。停戦命令を出します」 ■転送歓迎■ H27.04.26 ■ 43,760 Copies ■ 4,004,739Views■ ■1.「爆弾が投げ込まれたのは分かっていたが」  昭和7(1932)年4月29日、天長節の式典が上海の虹口公園でも挙行されていた。この年、1月29日に第一次上海…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.888 国史百景(11):仁徳天皇の「民のかまど」 ~『山鹿素行「中朝事実」を読む』より

 宋の太宗は、日本の天皇の万世一系を知り、「これ蓋(けだ)し古の道なり」と嘆息した。 ■転送歓迎■ H27.02.22 ■ 43,885 Copies ■ 3,974,152Views■ ■1.日本の万世一系に驚いた宋の太宗  984年に宋に渡った東大寺の僧・奝然(ちょうねん)は第二代太宗に謁見し、筆談で日本の国情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.882 マヤの遺跡と伊勢の神宮

 多くの古代文明が滅んでいるのに、我が国が古代から同じ文明を持続発展させているのは何故か? ■転送歓迎■ H27.01.11 ■ 43,234 Copies ■ 3,953,491Views■ __________  捏造・偏向報道は「従軍慰安婦」「原発」だけではない。 捏造・偏向報道…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

No.851 昭和天皇と御召艦艦長・漢那憲和

 御召艦艦長として裕仁皇太子を先導する漢那憲和の姿に、郷里・沖縄の人々は感激の涙を流した。 ■転送歓迎■ H26.06.01 ■ 43,954 Copies ■ 3,851,569Views■ ■1.大和世(ヤマトユー) 「大和世(ヤマトユー)は、支那世(シナユー)とは違います。今か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.840 国民のおばばさま、貞明皇后(下)

「国民のおばばさま」は、我が子や孫のように国民を思い、その幸せのために尽くした。 ■転送歓迎■ H26.03.16 ■ 44,012 Copies ■3,817,741Views■ __________  本稿で見るように、皇室はわが国の道徳の源泉です。 皇室を否定する勢力がわが国の教育を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.839 国民のおばばさま、貞明皇后(上)

 関東大震災直後、大正天皇は病床にあり、摂政宮はまだ23歳。貞明皇后は自分が率先して国民を勇気づけようと決心した。 ■転送歓迎■ H26.03.09 ■ 43,993 Copies ■ 3,814847,Views■ ■1.「肉親の情」という伝統的精神  東日本大震災から早3年が経と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

JOG Tweet ~ 天皇と国民

(平成25年9月~12月発信) telitbe@tazack4 ・これが真実!【拡散】⇒@ マスコミは報道しないが、これが「本当の沖縄県民の姿、天皇陛下が沖縄訪問した際の沖縄県民。7千名もの人が日の丸を掲げ提灯パレード。陛下が泊まっていらっしゃるホテルに向かって君が代斉唱。これが沖縄の声!https://pic.twitte…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.775 国史百景(2) 山岡鉄舟、若き明治天皇を諫(いさ)める

 酒に酔って殴りかかった若き明治天皇を、山岡鉄舟は体を張って諫めた。 ■転送歓迎■ H24.11.25 ■ 40,210 Copies ■ 3,616,650Views■ ■1.「近代世界の大帝王」  1912(明治45)年7月30日、明治天皇が崩御されるや、英国の首相アスクィスが即座に下院に提出した追悼動議は、満…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more