テーマ:地球史探訪

サイト内全文検索

No.1233 日本は帝国主義国だったのか? ~ イルカとサメは違う

 イルカとサメは共に海に泳ぐ、形もよく似た生物ですが、まるで違った種だと学問的に見分けるのが、専門の学者の仕事。 ■転送歓迎■ R03.09.12 ■ 40,504 Copies ■ 7,578,169Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ ★★ 日本志塾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NO.1231 西郷隆盛は「征韓論者」だったのか?

 西郷隆盛を「日本帝国主義」の先導者のように見なす歴史観の是正が始まっている。 ■転送歓迎■ R03.08.29 ■ 40,512 Copies ■ 7,547,301Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ ■1.「日本の三大悪人」  韓国では、西郷隆盛は征韓論の主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1228 インド独立と日本

 インド独立の起爆剤となったインド国民軍と日本陸軍の戦い。 ■転送歓迎■ R03.08.08 ■ 40,501 Copies ■ 7,526,728Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ ■ ~ 和の学び舎 ~ 日本志塾の講義を無料公開中 ★本日まで★…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1226 ビゴーの風刺画は歴史教科書にふさわしいか?

 ビゴーはどんな立場から、どんな目的で、日本を揶揄する風刺画を描いたのか? ■転送歓迎■ R03.07.25 ■ 40,514 Copies ■ 7,513,364Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ ■「国際派日本人養成講座LIVEシリーズ★教育編…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1218 天安門からチベット・ウイグルまで ~ 高校「歴史総合」教科書読み比べ(下)

 天安門事件での多数の犠牲者、チベット・ウイグルでの蛮行を知らずに、現代史を学んだと言えるのか? ■転送歓迎■ R03.05.30 ■ 40,209 Copies ■ 7,451,663Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ ■■■「歴史総合」教科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No. 1217 日露戦争の勝利が世界に与えた影響 ~ 高校「歴史総合」教科書読み比べ(上)

 来春から始まる高校新教科「歴史総合」で、各社の教科書は日本が世界に与えた影響をどう記述しているか? ■転送歓迎■ R03.05.23 ■ 40201, Copies ■ 7,445,240Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ ■■■「歴史総合」教科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1215 日本外交史上の最高傑作「日英同盟」に学ぶ

 岡崎久彦氏「明治の人というのは、どうしてここまで国際情勢を理解する能力があったのだろうか」 ■転送歓迎■ R03.05.09 ■ 40,136 Copies ■ 7,433,127Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ 伊勢雅臣著『この国の希望の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1207 覇権主義超大国から世界を護る ~ 日露戦争に学ぶ国内結束、国際連帯

 日本は自由独立の価値を掲げて、多くの国、民族、勢力の共感と協力を得た。 ■転送歓迎■ R03.03.14 ■ 40,069 Copies ■ 7,368,965Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ ■1.覇権主義国家に対抗する正攻法  アメリカのブリンケン国務長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1200 4つの奇跡が造りあげた日本列島

 日本列島は、地質学的にも希な4つの奇跡が造りあげた美しき豊かな大地だった。 ■転送歓迎■ R03.01.24 ■ 40,150 Copies ■ 7,327,337Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ ■国際派日本人養成講座 LIVE 第4弾「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1196 地政学で対中戦略を考える ~ 北野幸伯『日本の地政学』を読む

 地政学的に見れば、21世紀初頭の日中関係は20世紀初頭の英独関係にそっくり。台頭するドイツを英国はいかに抑えたのか? ■転送歓迎■ R02.12.20 ■ 39,914 Copies ■ 7,262,133Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ ■■…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別号外 『学校が教えない 本当の日本史』の書評、レビュー

「これなら中学生でも読める」「中学・高校で歴史を教えている先生方にとっては、必読の書」「授業のネタとしても使い易い」 ■転送歓迎■ R02.11.08 ■ 39,860 Copies ■ 7,220,772Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ ■教育関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1187 地球史探訪: 技術窃盗で成功したソ連の原爆開発

「もしソ連のスパイ行為がこれほど成功していなかったら、米ソの冷戦はずっと恐怖の少ない道筋をたどったろう」 ■転送歓迎■ R02.10.18 ■ 39,931 Copies ■ 7,203,083Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ ■国際派日本人養成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1173 なぜ共産党は大量虐殺をおこなうのか

 共産主義の犠牲者は約1憶人。第1次、2次大戦死者合計の2倍近くと、20世紀の人類最大の災厄だった。 ■転送歓迎■ R02.07.12 ■ 39,783 Copies ■ 7,104,036Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ 【自国の歴史を知らずし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1144 田中英道教授の「日本史を正す」戦い

 縄文文明、高天原、ユダヤ人埴輪、、、田中英道・東北大学名誉教授の既存の歴史学との戦い。 ■転送歓迎■ R01.12.15 ■ 50,538 Copies ■ 6,831,318Views■ ■1.「世界の4大文明」は中国人のプロパガンダ 「世界の四大文明は?」と聞かれたら、かなりの人が「エジプト文明、メソポタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1141 日系移民がペルー社会を固めた「根っこ」

 日系移民は「正直・勤勉・技術」の苦闘で、ペルー社会を変えていった。 ■転送歓迎■ R01.11.24 ■ 50,495 Copies ■ 6,808,394Views■ ■1.望郷の想い抑えがたく  1976(昭和51)年、坪井壽美子(すみこ)さんは夫の仕事に同行して、メキシコまで行った。 ______…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1139 古代に渡来したユダヤ人を同化した「和の国」の力

 ユダヤ人そっくりの埴輪、共通の遺伝子。古代ユダヤ人渡来説の「物証」が出てきた。 ■転送歓迎■ R01.11.10 ■ 50,345 Copies ■ 6,793,199Views■ ■1.ユダヤ人そっくりの埴輪、ユダヤ人と共通の遺伝子  古代日本にユダヤ人がやってきたという仮説はすでに明治時代から唱えられてい…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

No.1136 終戦直前、日本は原爆実験に成功していた

 日本の原爆実験成功は現代の我々にとって、何を意味するのか? ■転送歓迎■ R01.10.20 ■ 50,273 Copies ■ 6,760,888Views■ __________ ■『世界が称賛する 日本人が知らない日本 2「和の国」という"根っこ"』 育鵬社刊、¥1,650(税込み) Kindle版も発売中  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

No.1131 ブラジル移民が示した「根っこ」の力 ~ 深沢正雪『移民と日本人』を読む

 我々と「根っこ」を同じくする同胞が190万人も地球の裏側で生きている事の有り難さ。 ■転送歓迎■ R01.09.15 ■ 50,083 Copies ■ 6,778,276Views■ ■1.16世紀アルゼンチンでの日本人奴隷 「移民は壮大な民族学的実験だ」とは、ブラジルの邦字紙「ニッケイ新聞」の前編集長・吉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1128 脅威は常に大陸発、半島経由

「中央アジア的暴力」が朝鮮半島経由で脅威を与えてきた事が、2千年来の日本の宿命的防衛課題。 ■転送歓迎■ R01.08.25 ■ 50,008 Copies ■ 6,712,915Views■ ■1.世界で冷笑される韓国「狂乱」外交  最近の韓国外交の「狂乱」ぶりには、呆(あき)れ果てた日本国民も多いだろう。武…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1102 高田屋嘉兵衛とピョートル・リコルド ~ 幕末の日露外交危機を克服した二人の友情

ロシア軍艦が北方の日本番所を襲った事件から起きた日露外交危機に、二人は立ち向かった。 ■転送歓迎■ H31.02.24 ■ 50,228 Copies ■ 4,567,805Views■ ■1.高田屋嘉兵衛  乳白色の霧の中から小舟が現れ、近づいてきた。文化9(1812)年9月18日朝、千島列島最南端の国後(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

号外 人種差別撤廃提案100周年記念・特別号

世界史探訪 : 人種平等への戦い  虐待をこうむっている有色人種のなかでただ一国だけが発言に耳を傾けさせるに十分な実力を持っている。すなわち日本である。 __________ ■人種差別撤廃提案100周年 記念国民集会■ ・2月13日(水)17:45~19:45 憲政記念館講堂 ・参加費1000円 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1099 薩英戦争 ~ 大英帝国を驚かせた和魂洋才

 軍艦7隻も送れば、薩摩藩も恐れをなして、すぐに生麦事件の賠償金を支払うだろうと、イギリス側は高をくくっていたが、、、 ■転送歓迎■ H31.02.03 ■ 50,420 Copies ■ 4,561,779Views■ __________ ■ 学生青年向けの小規模輪読会 ■  伊勢雅臣も参加して、『世界が称賛する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1094 大東亜戦争で真に反省すべき事『大東亜戦争 日本は「勝利の方程式」を持っていた!』

「勝てる戦争をなぜ負けたのか」という反省をしていないので、我々は当時の弱点を今もひきずっている。 ■転送歓迎■ H30.12.23 ■ 50,507 Copies ■ 4,550,196Views■ ■1.開戦直前に正式に採択された「勝てる戦略」があった。  大東亜戦争に関する自虐史観には、次の二つの側面がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

号外 伊勢雅臣著『比較中学歴史教科書 国際派日本人を育てる』発売

 歴史教育の問題を探ろうと、各社の中学歴史教科書を読み比べてみたら、みな検定を通っているのに、こんなに違うのかと驚きの連続でした。  その教科書比較から、日本の歴史文化を「根っこ」として持ち、国際社会で尊敬される国際派日本人を育てるための歴史教育が見えてきました。 ■転送歓迎■ H30.11.09 ■ 50,435 Co…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1083 敗戦直後の日本を共産革命から救ったのは ~江崎道朗『日本占領と「敗戦革命」の危機』

 敗戦の混乱の中で共産革命を実現しようとする国内およびGHQの共産主義者たちの前に立ちはだかったのは。 ■転送歓迎■ H30.09.30 ■ 50,505 Copies ■ 4,526,459Views■ __________ ■■■ 伊勢雅臣講演のお知らせ ■■■ 日時:  平成30年10月21日(日)開場午後1時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「朝鮮統治は『収奪』だったのか」岡田邦宏、『明日への選択』H3006

・「土地収奪論」には根拠なし。9256土地区画のうち、争議が起こったのは1%以下。 ・1912~38年の一人当たり消費総額の成長率は1.94%で、これは同時期の内地(1.50%)や台湾(1.11%)を上回っている。 ・驚くべきは産業構造の変化。併合当初はGDPの約70%が農林水産業だったが、1939年には40%まで低下した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1077 英露のグレートゲームと幕末・明治の日本

 幕末・明治の暴風雨を乗り切った我が先人たちの「世界史の教訓」は、我々への贈り物。 ■転送歓迎■ H30.08.26 ■ 50,564 Copies ■ 4,515,370Views■ __________ ■■■ 全国学生青年合宿教室 (東日本) ■■■ (伊勢雅臣)私が学生時代から学んできた合宿教室です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more