テーマ:地球史探訪

No.967 「大東亜戦争は継続中だ」と語ったインドネシア将軍

 日本軍が引き上げた後も、インドネシアは植民地主義・共産主義と戦ってきた。 ■転送歓迎■ H28.09.04 ■ 48,692 Copies ■ 4,237,361Views■ __________ 伊勢雅臣著『世界が称賛する 日本人の知らない日本』 http://amzn.to/2aeCHh7 お陰様で3ヶ月で3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.964 隠された西洋史 ~ 人種差別と奴隷制

 ヨーロッパ人の強欲非道の歴史を隠してしまえば、真実の世界史も日本史も見えなくなってしまう。 ■転送歓迎■ H28.08.14 ■ 47,585 Copies ■ 4,226,448Views■ __________ 伊勢雅臣著『世界が称賛する 日本人の知らない日本』好評発売中 ・アマゾン・カストマーレビュー27件、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.954 東アジアのトラブルメーカー

 内部抗争を繰り返し、周辺諸国を戦争に巻き込んできた韓民族の特異な歴史。 ■転送歓迎■ H28.06.05 ■ 47,062 Copies ■ 4,191,665Views■ __________ ■■■育鵬社『世界が称賛する 日本人の知らない日本』■■■  お陰様でアマゾンで「日本論」カテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本講座ベストセレクションの書籍化 『世界が称賛する 日本人の知らない日本』出版のお知らせ

 弊誌創刊20年となる本年、本講座のベストセレクションを書籍化した: 世界が称賛する 日本人が知らない日本扶桑社 2016-05-29 伊勢 雅臣 Amazonアソシエイト by が、5月31日に発売となりました。  お陰様で、発売とともに、アマゾンの「日本論」カテゴリーで1位となり、1ヶ月で3刷、1万部とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.951 ルーズベルト大統領が播いた「竜の歯」 ~ 日米戦争、冷戦、そして共産中国

 共産主義者に操られたルーズベルト大統領が、日本を開戦に追い込み、ソ連を護り育て、世界に戦争の危機をばらまいた。 ■転送歓迎■ H28.05.15 ■ 46,179 Copies ■ 4,181,930Views■ ■1.「狂人(ルーズベルト)の欲望」  米国の第31代大統領ハーバート・フーバーは、退任後の昭和21…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.949 日本国憲法に埋め込まれたソ連の「仕掛け」

 日本国憲法には、ソ連の秘密工作によって「日本国民の意識」の「深部からの革命」を狙った「仕掛け」が埋め込まれている。 ■転送歓迎■ H28.05.01 ■ 45,898 Copies ■ 4,175,698Views■ ■1.暴かれたソ連の秘密工作  第二次大戦前後に、米国内に潜んだソ連工作員たちが本国とやりとりし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.929 スターリンが仕組んだ日米戦争

 米政府内に潜伏した200人以上のソ連スパイがルーズベルト政権を操って、日米開戦を仕組んだ。 ■転送歓迎■ H27.12.06 ■ 44,707 Copies ■ 4,112,781Views■ ■1.「ルーズヴェルトが日本に真珠湾攻撃を促した」  日米戦争の直接の引き金を引いたのは、米国が日本に突きつけたハル…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.922 アメリカの国体、日本の国体

「自由を求める人びとの国」という理想が、アメリカの歴史を作ってきた。それに対する日本の理想は何か? ■転送歓迎■ H27.10.18 ■ 44,702 Copies ■ 4,090,594Views■ ■1.「人種のるつぼ」となりつつあるアメリカ  前号[a]ではアメリカ在住のAさんから聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.915 国史百景(16): 国連本部に翻った日の丸 ~ 重光葵と国連加盟

 重光葵は、日本の国連加盟を実現するために、残り少ない余命を捧げた。 ■転送歓迎■ H27.08.30 ■ 44,669 Copies ■ 4,067,081Views■ ■1.国連総会議場にて  1956(昭和31)年12月18日朝、ニューヨークは晴天で、凍てつく寒さだった。イーストリバー沿いのガラス張りの39階…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.905 日韓国交交渉と竹島密約

 河野一郎による竹島密約と、その子・河野洋平による慰安婦談話は、その場しのぎの素人外交という点で良く似ている。 ■転送歓迎■ H27.06.21 ■ 44,249 Copies ■4,033,175Views■ ■1.日韓国交交渉の裏で結ばれた竹島密約  50年前の昭和40(1965)年6月22日、日本と韓国は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.902 海洋国家の衰亡への道 ~ 月尾嘉雄『日本が世界地図から消滅しないための戦略』を読む

 カルタゴ、ベネチア、オランダに見る海洋国家の衰亡への道。 ■転送歓迎■ H27.05.31 ■ 43,984 Copies ■ 4,022,307Views■ ■1.「日本という国家が消滅することはないという幼児のような楽観」 『日本が世界地図から消滅しないための戦略』というショッキングなタイトルの新刊が出た。著…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.900 沖縄の祖国復帰を果たした県民の思い

 沖縄が「グアム」化や「香港」化の道を避け、日本復帰を果たしたのは県民の祖国愛の賜だった。 ■転送歓迎■ H27.05.17 ■ 43,999 Copies ■ 4,015,365Views■ __________ ■900号到達のご報告と御礼■ (伊勢雅臣)弊誌は平成9年9月に創刊し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JOG Tweet 韓国(11) 日韓関係史

合邦まで(-1910)/日韓合邦(1910-1945)/独立後(1945-)/朝鮮戦争(1950-1953)/竹島侵略(1953-)/日韓基本条約以降(1965-) __________ 週刊メール入門講座「韓国問題-歴史編」  忘れられた国土開発/朝鮮近代化に尽くした日本人/「お家の事情」の歴史観 http://bit.…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.889 対中戦略を対ソ冷戦の歴史から学ぶ

 ソ連消滅はいかに実現されたのか。 ■転送歓迎■ H27.03.01 ■ 43,881 Copies ■ 3,977,597Views■ ■1.共産中国への対処法をソ連崩壊の歴史から学ぶ  共産中国がチベット、ウイグルの人民を弾圧し、土地を奪い、資源を収奪している。同時に南シナ海や東シナ海で海上覇権を狙って、ベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.873 樺太に立つ鳥居 ~ 祖国を失った日本人たち

 バイクで走ったサハリン(樺太)には、あちこちに祖国を失った日本人がいた。 ■転送歓迎■ H26.11.02 ■ 43,504 Copies ■ 3,923,301Views■ ■1.「ではご無事で」 「パスポルト」ロボットのように表情のない、小太りの若い白人金髪女性が言った。恐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.861 大英帝国を崩壊させた大東亜戦争

 日本との戦いで植民地を失い、大英帝国は崩壊に追い込まれた。 ■転送歓迎■ H26.08.10 ■ 43,742 Copies ■ 3,884,435 Views■ ■1.イギリスの田舎に現れたアメリカ戦車  26歳にしてイギリスの「ファイナンシャル・タイムズ」紙の初代東京支局長となり、現在も東京の外国人特派員協会…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.848 「敬遠中国」こそ繁栄への道

 中国を敬して遠ざけると日本は繁栄するという歴史法則 ■転送歓迎■ H26.05.11 ■ 44,019 Copies ■ 3,842,565Views■ __________  本稿でご紹介した石平氏の下記講演会をお勧めします。 講師 石平氏(評論家・拓殖大学客員教授) 演題 「日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.841 機密漏洩でスターリンの手玉にとられた日本

 諜報・防諜能力の欠如から、我が国はスターリンによって戦争に引きずりこまれた。 ■転送歓迎■ H26.03.23 ■ 44,031 Copies ■ 3,820,810Views■ ■1.国家機密保護と平和維持  特定機密保護法案に対するマスコミの激しい反対はいかにも異様だった。朝日新聞は8月から12月半ばまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.813 11歳少女の朝鮮半島脱出記 ~ 『竹林はるかに遠く』から

「ソ連兵が上陸してくる」との突然の警告に、11歳の擁子と母、姉3人の満洲国境近くから母国日本への逃避行が始まった。 ■転送歓迎■ H25.09.01 ■ 42,687 Copies ■ 3,734,715Views■ ■1.「私も娘もこの本を読みました」 「1986年にアメリカで刊行後、数々の賞を受賞。中学校の教材…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.801 沖縄は中国の領土なのか?

 沖縄が我が国の領土であるのは、多くの先人たちの努力の結果である。 ■転送歓迎■ H25.06.02 ■ 42,425 Copies ■ 3,696,064Views■ __________ ステップメールコース JOG Step 「教育再生」開講  JOG Stepは個別分野毎に、週…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.798 台湾少年工たちの誇り

 8千4百余名の台湾少年たちが戦時下の日本で軍用機生産に貢献した。 ■転送歓迎■ H25.05.12 ■ 40,269 Copies ■ 3,686,813 Views■ ______________________________ ステップメールコース JOG Step 「教育再生」開講  JOG St…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.767 恩を仇で返す国、中国

「34年間も片田舎で中国人のために医療宣教師として務めました。62の今になって気づきました。『人生無駄にしたなあ』と。」 ■転送歓迎■ H24.09.30 ■ 40,313 Copies ■ 3,593,399Views■ ■1.販売店の残骸を指さして腹を抱えるように大笑い  中国・青島における反日暴動の被害状況が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.753 ウイグル独立運動と日本

 中国は日本とウイグルの連帯を恐れている。 ■転送歓迎■ H24.06.17 ■ 40,800 Copies ■ 3,550,551Views■ ■1.10代の女の子が公衆の面前で処刑された 「10代の女の子が、『私は無実です! 私の言うことを聞いて!』と叫んだんです。それでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.741 張作霖爆殺事件の容疑者

 ソ連と中国共産党は日本以上に明確な動機を持っていた。 ■転送歓迎■ H24.03.25 ■ 39,884 Copies ■ 3,519,751Views■ ■1.「深紅の炎が暁闇を破って」  現代史家の秦郁彦氏は、その光景を次のように描いている。[1,p220] ___…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.733 ビルマ独立の志士と日本人(下)

「南機関や鈴木大佐らの開放の真心」は、ビルマの人々の心に深い感銘を残した。 ■1.「親愛なるビルマ1500万の民衆に告ぐ」  ビルマ独立義勇軍がバンコクで出陣式を行ったのが、1941(昭和16)年12月31日。日本の第15軍とともに、バンコクから北西に向かい、インドシナ山脈を超えて、タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.732 ビルマ独立の志士と日本人(上)

 ビルマ独立を目指す志士たちに、日本は支援を約束した。 ■1.ミャンマーの急速な中国離れ、米国接近  ミャンマーでは昨年3月の軍政終了と民主政府の誕生に伴い、中国離れと米国への接近が顕著になってきている。  9月には北部カチン州で中国と共同建設していた水力発電用大型ダムの開発中止を表明した。ミャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.727 アメリカの対日先制爆撃計画

 真珠湾攻撃の1年も前から、ルーズベルト大統領は対日先制爆撃計画を進めさせていた。 ■1.ルーズベルト大統領が語らなかった真実  70年前の昭和16(1941)年12月8日、日本の真珠湾攻撃の直後、ルーズベルト大統領が行った上下両院合同議会での演説はラジオで全米に放送され、数百万のア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.721 封建制度が近代社会を生んだ

 封建制の発達したヨーロッパと日本で、近代社会が生まれた。 ■1.島崎藤村の見た英国植民地  大正2(1913)年2月、作家・島崎藤村は神戸港からフランスに出発した。同和問題を扱った大作『破戒』で作家としての地位を確立していたが、この洋行体験から藤村は日本の歴史に対する見方を大きく変え…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.717 黒船来航の舞台裏

 アメリカは中国市場での権益を確保するために、太平洋ルートの開拓を目指した。 ■1.「日本開国提案書」  1849年9月17日、ニューヨークの法律家アーロン・パーマーはジョン・クレイトン国務長官に『改訂日本開国提案書』を提出した。5ヶ月前に提出した提案書の改訂版である。この3年後に、ペリーの「黒船」が日本にやってきて、武…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.710 日本を作った人口の波

 我が国は4つの波を乗り越えて、ダイナミックに発展してきた。 ■1.江戸時代は人口停滞の暗黒期? 「江戸時代後半の農民は重い貢租を課せられて、食うや食わずの生活を送っており、堕胎や間引き(生まれた子どもをすぐに殺すこと)が広く行われていたうえに、度重なる飢饉と流行病に襲われて、人口は停滞した」と高校の日本史で教えられた人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more