テーマ:国柄探訪

No.1140 大嘗祭 ~「安国と知ろしめせ」との聖なる使命

 天照大御神が「安国と知ろしめせ」と委任されて地上に下されたニニギノミコトの使命を新天皇が継ぐ儀式が大嘗祭だった。 ■転送歓迎■ R01.11.17 ■ 50,485 Copies ■ 6,802,079Views■ __________ ■■ 日本の心を学ぶ連続講座 ■■ - 先人の言葉を皆で読んでみませんか …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1138 正倉院 ~ 世界最古の国際美術館

「全アジアのもっとも美しい時代の姿が、正倉院に保存されている」。この奇跡はどのように実現されたのか? ■転送歓迎■ R01.11.03 ■ 50,324 Copies ■ 6,785,844Views■ ■1.テヘランで見つけた正倉院所蔵品とそっくりの水差し 「これを初めて…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.1137 即位礼 ~ 聖なる責務の世襲

「民安かれ」の祈りを継承される天皇の聖なる責務。 ■転送歓迎■ R01.10.27 ■ 50,316 Copies ■ 6,777,554Views■ ■1.「世界一古い国の、世界で唯一のエンペラーの即位式」  10月22日、即位礼正殿の儀が開かれ、参列者は1999人、海外からも191カ国・機関の元首・首脳級が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

No.1135 水の力と美しさに神々を見たご先祖様たち

 水の恵みを神々に感謝し、水の力、美しさに賛嘆するご先祖様の感性が、豊かな国土を創り上げてきた。 ■転送歓迎■ R01.10.13 ■ 50,527 Copies ■ 6,755,Views■ __________ ■『世界が称賛する 日本人が知らない日本 2「和の国」という"根っこ"』 育鵬社刊、¥1,650(税込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別号外 日本が復活できない【根本的】理由(ロシア政治経済ジャーナルNo.2070)

【伊勢雅臣】著名なメルマガ『ロシア政経ジャーナル』の北野幸伯さんが、まことにテンポの良い「北野」節で私の新著『世界が称賛する日本人が知らない日本2 「和の国」という“根っこ”』をご紹介いただきました。ここに転載させていただきます。 RPE Journal=====================================…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別号外 本日発売『世界が称賛する 日本人が知らない日本 2「和の国」という"根っこ"』

■転送歓迎■ R01.10.09 ■ 50,485 Copies ■ 6,747,500Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/  本日、伊勢雅臣の以下の最新著が発売になります。 『世界が称賛する 日本人が知らない日本 2「和の国」という"根っこ"』 育鵬社刊、¥1,65…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1132 「お陰様」と「おもてなし」

 そこから生まれる清き明るい心持ちが幸福への近道であることを、我々のご先祖様たちは知っていた。 ■転送歓迎■ R01.09.22 ■ 50,092 Copies ■ 6,798,121Views■ ■1.「これを見て貰う以上に、言うべき言葉はない」  オリンピックやサッカー・ワールドカップと並んで、世界三大スポ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.1127 「三種の神器」が示す「和の国」ぶり

 我が国の「和の国」ぶりは、すでに神話の中で示されている。 ■転送歓迎■ R01.08.18 ■ 50,013 Copies ■ 6,705,082Views■ ■1.遠い神代につながる三種の神器の由来  本年5月1日午前10時30分、新帝陛下が皇位の証(あかし)として三種の神器を引き継がれる「剣璽等承継の儀」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1125 「和の国」の民はこう生きる ~ フランクル心理学から

 我が先人達が理想とした生き方は、西洋の現代心理学にも通ずる普遍的な智慧だった。 ■転送歓迎■ R01.08.04 ■ 50,021 Copies ■ 4,599,157Views■ __________ ■第31回夏季中高生セミナー特別公開講演  聴けば、人生が変わる!感動と涙の講演  日時 8月12日(月・祝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1123 「和の国」日本の礎(いしずえ)~ 聖徳太子の十七条憲法

 国内の動乱で現れた人間性の醜さを、太子は凝視した。 ■転送歓迎■ R01.07.21 ■ 50,028 Copies ■ 4,599,157Views■ ■1.「和の国」日本の礎(いしずえ) 「日本人は個人の時よりも、チームで取り組む時の方がはるかに力を発揮する」とは、筆者がカリフォルニア大学バークレー本校に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1118 「五箇条の御誓文」~ 国難突破と万民保全

 幕末、敗戦後と二度の国難を、我々の先祖は国是「五箇条の御誓文」のもとに力を結集して乗り越えてきた。 ■転送歓迎■ R01.06.16 ■ 50,073 Copies ■ 4,595,821Views■ ■1.国難突破と万民保全のための「国是」  近代日本における二度の国難を、我々の先人たちは簡潔明解な「国是」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1116 古墳に見る先祖の心

 古墳は「死せる遺跡」ではない。その形からは、我々の先祖の生き様と精神生活が見えてくる。 ■転送歓迎■ H31.06.02 ■ 50,091 Copies ■ 4,592,406Views■ ■1.世界三大墳墓の一つ、仁徳天皇陵 「仁徳天皇陵(大仙古墳)」を含む「百舌鳥(もず)・古市古墳群」が国連教育科学文化機関(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1113 皇位継承危機の乗り越え方 ~ ご先祖様の叡智に学ぶ

 126代の皇位継承の歴史で何度となくあった危機を、ご先祖様たちはいかに乗り越えてきたのか。 ■転送歓迎■ R01.05.12 ■ 50,122 Copies ■ 4,587,377Views■ ■1.いよいよ限られた皇位継承者  先帝陛下の御譲位から新帝陛下の御即位まで恙(つつが)なく進められたのは大慶至極である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1112 新帝陛下の直向(ひたむ)きなる眼差(まなざ)し

 新帝陛下の御歌から、そのお人柄を偲ぶ。小柳左門『皇太子殿下のお歌を仰ぐ』から ■転送歓迎■ R01.05.05 ■ 50,146 Copies ■ 4,585,738Views■ ■1.「殿下の高い評価は言わずもがな。日本人だけが知らないのでは」  新帝陛下が即位された。国内外からの慶びの声が寄せられた令和の明る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1111 安岡正篤『人間を磨く』を読む

「人間を知らない人間の作った世界」の不幸から人間を救い出すために。 ■転送歓迎■ H31.04.28 ■ 50,167 Copies ■ 4,584,111Views■ ■1.「無意味な読物、音楽鑑賞、映画見物などが病癖になって」  最近の電車の乗客は10人中8、9人は携帯を覗いている。音楽を聴いている人は以前から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wing(2853) 廣瀬誠『萬葉集 その漲るいのち』抜き書き(1)萬葉集の読み方

__________ 【伊勢雅臣】昨日のJOG(1114) 「『令和』~『萬葉集』に込められた大伴家持の祈り」では、廣瀬誠先生の『萬葉集 その漲るいのち』から、大伴家持を中心に述べましたが、この名著にはそれ以外にも多くの貴重な指摘が含まれていますので、何回かに分けてご紹介させていただきます。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 廣瀬誠『萬葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1109 「令和」~『萬葉集』に込められた大伴家持の祈り

 大伴家持は「人々が美しく心を寄せ合う」国を理想として『萬葉集』を編纂した。 ■転送歓迎■ H31.04.14 ■ 50,191 Copies ■ 4,580,679Views■ __________ ■激動の世界と新生日本 あしきた合宿研修■ (伊勢雅臣もお話しさせて戴きます) 日時 5月25日(土)10時30分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1108 元号 ~ 国民が共に時を歩む「国民文化」

 元号は国民の理想を掲げ、国民の歩みを象徴する事によって、国民を結ぶ。 ■転送歓迎■ H31.04.07 ■ 50,164 Copies ■ 4,578,800Views■ ■1.「令和」に73.7%の国民が好感  新元号「令和」は多くの国民に歓迎されている。共同通信社の世論調査では、73.7%が「好感が持てる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

号外 白村江の戦い ~ 朝鮮半島及び中国由来の危機ゆえの国運を賭した戦争(櫻井よしこ)

 わが国は、朝鮮半島及び中国由来の危機ゆえに幾度も国運を賭して戦争をした。一例が7世紀に唐、新羅連合 軍と戦った「白村江の戦い」である。 ■転送歓迎■ H31.03.30 ■ 50,161 Copies ■ 4,574,661Views■ __________ 『正論』最新号、平成31年5月号に櫻井よしこ氏が「改憲な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1101 和歌のもたらす和の世界

 真心の籠もった歌は人々の心を繋ぎ、内的平等と同胞感でつながれた和の世界を作る。 ■転送歓迎■ H31.02.17 ■ 50,317 Copies ■ 4,565,845Views■ ーーーーーーーーーーー ■伊勢雅臣 講演会■ 日時 平成31年2月23日(土) 14:00~15:30 場所 写楽館 木更津市中央1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wing2837 国際派日本人養成講座 No.662 日本人はクジラの供養塚を建ててきた

 我が先人たちはクジラの命に感謝して無駄なく利用し、その上でクジラの霊が成仏するように祈ってきた。(H22.08.22) ■■ 転送歓迎 ■■ No.2837 ■■ H31.01.23 ■■ 7,832部■■ __________ 【伊勢雅臣】捕鯨シリーズ第3弾です。クジラは有史以前から、日本人とともにありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1096 『古事記』に込められた先人からのメッセージ

 古代国家の復活、再生といふ悲願をこめて綴られた『古事記』は、我々に「復古・維新の精神」を活き活きと語りかけている。 ■1.『古事記』に込められた「復古・維新の精神」  春にあけて先(ま)づ看(み)る書(ふみ)も天地(あめつち)の始(はじめ)の時と読みいづるかな  幕末の歌人・橘曙覧(たちばな・あけみ)の歌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1095 ポケモンが広める神道的な世界観~マンリオ・カデロ、加瀬英明『神道が世界を救う』を読む

 自然への畏敬を説く神道は世界の諸宗教と両立し、その対立を和らげる可能性を持っている。 ■転送歓迎■ H30.12.30 ■ 50,471 Copies ■ 4,552,091Views■ ■1.ポケモンが広める神道的な世界観  今年の春、北はフィンランドから南はギリシャまで欧州を回って、おみやげにポケモンのイラス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1090 「五箇条の御誓文」のエネルギー

 議会制民主主義と自由主義経済を指し示した「五箇条の御誓文」は、わが国の「根っこ」からのエネルギーを全開にした。 ■転送歓迎■ H30.11.25 ■ 50,396 Copies ■ 4,542,574Views■ __________ ■■ 「まぐまぐ大賞2018」へのご推薦をお願いします ■■  昨年に引き続き、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本人は日本文明を保持する意志があるか」新保祐司、『正論』H30.7

・北畠親房の「神皇正統記」は戦いの中で書かれた。「代くだれりとて自ら荀(いやし)むべからず、天地の始めは今日を始めとする理なり」。日本は改元して、そこから新しく世界は始まる。 ・文明は、他の文明との「遭遇」によって、挑戦を受け、応戦する。日本は、幕末に西洋文明と「遭遇」して、その強力な挑戦を受け、明治の日本は果敢に応戦した。その「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「北斎はなぜこんなに愛されるのか」田中英道、『明日への選択』H3005

・ヨーロッパでは合理主義で科学を生み出したが、科学が本当に人間を救うのか確信を持てなかった。そこに日本人の自然のままでいいという概念、富士山に象徴される自然信仰が浮世絵を通じて入ってきた。「これこそが新しい思想だ」という熱狂がアトリエを制した。 ・神道の自然信仰は「タオ・ネイチャー(自然道)というように発信の仕方を工夫すれば、世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1078 なぜ世界最古の土器が日本列島から出土するのか?

 1万年以上も自然と共生し、平和が続いた縄文時代は「文明先進国がどこも体験することのできなかった貴重な時間」だった。 ■転送歓迎■ H30.09.02 ■ 50,556 Copies ■ 4,517,198Views■ ■1.日本列島から出土した世界最古の土器の一つ  東京・上野の国立博物館での縄文展を見た。大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

126代を貫く皇室の祈り(1) 世界の水問題に取り組まれる皇太子殿下

ご譲位が決まり 、平成の御代は来年4月30日で終わります。御代替わりを迎えるに当たり 、天皇陛下と皇室の伝統について考えたいと思います。 『日本の息吹』平成30年4月号 ・出典『日本の息吹』、日本会議 https://www.nipponkaigi.org/publication/details?id=229 ・この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1076 日本人の責務

 皇室の利他心が伝染して、代々の国民の努力で築かれたこの幸福な国に生まれた我々には、その恩に報いる責務がある。 ■転送歓迎■ H30.08.19 ■ 50,587 Copies ■ 4,513,269Views■ __________ ■■■ 全国学生青年合宿教室 (東日本) ■■■ (伊勢雅臣)私が学生時代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1073 神道の世界観を外国人に語ろう

 日本は古い神社や仏閣と最先端のハイテク技術が同居する「ワンダーランド」。 ■転送歓迎■ H30.07.29 ■ 50,624 Copies ■ 4,507,433Views■ __________ (★伊勢雅臣もお話させていただきます) ■■■ 第30回夏季中高生セミナー ■■■ ~日本人が大切にしてきた利他心を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more