テーマ:国柄探訪

サイト内全文検索

特別号外 月刊誌『致知』書評で『この国の希望のかたち』が紹介されました

「日本人が築き上げてきた文明の本質を紐解くことで、今後の経済成長を考える」 ■転送歓迎■ R03.09.15 ■ 40,504 Copies ■ 7,578,169Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ 【伊勢雅臣】私の長年の愛読誌『致知』の編集者の方が、拙著『この国の希望の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別号外 ~ 和の学び舎 ~ 日本志塾の講義を一部無料公開中

 初月100円のお試し申し込み、受付中 ■転送歓迎■ R03.08.06 ■ 40,511 Copies ■ 7,520,000Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/  本日より3日間、「~ 和の学び舎 ~ 日本志塾」の本講義の一部を無料公開しています。ぜひ授業参観にお越し下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1225 縄文人の創造力

 巨大建築技術、微細加工技術、アニメ、遠距離交易など、縄文人が発揮した創造力は、どこから来たのか? ■転送歓迎■ R03.07.18 ■ 40,500 Copies ■ 7,506,538Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ ■■■ ~ 和の学び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

号外 松下幸之助「知識を頭に詰め込むことだけが、勉強ではないんやで。人間の勉強をしいや」

■転送歓迎■ R03.07.16 ■ 40,529 Copies ■ 7,497,204Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ ■1.「人間の勉強をしいや」と説いた松下幸之助 「人間の勉強をしいや」松下幸之助のこの言葉が、京都大学教育学部を出て、教育の専門家だと自負してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1224 縄文人のこころ ~ 日本人の「三つ子の魂」

 人類学、宗教学など、様々なアプローチから明かされつつある縄文人の精神は、現代日本人の原型。 ■転送歓迎■ R03.07.11 ■ 40,529 Copies ■ 7,497,204Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ 伊勢雅臣の「~ 和の学び舎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1223 ブラジルで花開いた「日本の心」

 地球の裏側で苦労しながら、美しい「日本の心」を花開かせている同胞たち。 ■転送歓迎■ R03.07.04 ■ 40,541 Copies ■ 7,487,950Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ ■■■YouTube無料セミナー「歴史総合」教科書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1222 「日本志塾」が目指すもの

 新たにスタートする『日本志塾』は、「日本」という共同体の中で自分の「志」を生み育てる「塾」。 ■転送歓迎■ R03.06.27 ■ 40,547 Copies ■ 7,482,690Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ ===== ■■■~和の学び舎~「日本志塾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1220 尖閣諸島を守ってきた日本人

 国土が尊いのは、それを守ってきた人々の努力の積み重ねがあるから。 ■転送歓迎■ R03.06.13 ■ 40,500 Copies ■ 7,468,294Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ ■■■「歴史総合」教科書読み比べセミナー■■■ ★…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

号外 新日本文明を拓くために自分でもできること

新刊紹介 伊勢雅臣著 『この国の希望のかたち ー新日本文明の可能性ー』 グッドブックス 本体千四百円  本書の記述は平易で具体的であって読み進むうちに、例示に倣って自分も幾つかを検討して、新日本文明を拓くためにできることを実行してみたいとの気持ちが湧いてきた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

号外 『産経新聞』読書面「編集者のおすすめ」コーナーで紹介されました。

__________ (伊勢雅臣)令和3年5月29日付産経新聞・読書面の産経書房「編集者のおすすめ」コーナーに、拙著の編集長・良本和惠さんの推薦の一文が掲載されました。  今回の本が生まれた内幕を描いていただきました。  現在、アマゾンでも66件の評価で、星5つ中の4.4をいただいています。まだの方はぜひご覧いただければ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1214 百姓一揆は「革命を目指した階級闘争」ではなかった

 近年の実証的研究が明らかにした江戸幕府の「仁政」方針 ■転送歓迎■ R03.05.02 ■ 40,147 Copies ■ 7,427,314Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ 伊勢雅臣著『この国の希望のかたち 新日本文明の可能性』、増刷決定 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別号外 書評 伊勢雅臣『この国の希望のかたち』(メールマガジン「宮崎正弘の国際情勢解題」から)

■転送歓迎■ R03.04.13 ■ 40,017 Copies ■ 7,408,183Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ (伊勢雅臣) 拙著『この国の希望のかたち 新日本文明の可能性』は本日から発売開始ですが、早速、宮崎正弘先生のメールマガジン「宮崎正弘の国際情勢解題」で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1205 「四方(よも)の海みな同胞(はらから)」の真心

 開戦から終戦、復興を通じて、国民の安寧と世界の平和を願われた昭和天皇の祈り。 ■転送歓迎■ R03.02.28 ■ 40,117 Copies ■ 7,366,346Views■ __________ ■■国際派日本人養成講座 LIVE 『皇室が紡いだ救国の歴史』 ■■第2講 明治天皇の祈り 編 先行販売 明後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別号外 365人の「名作と言えるような人生」が詰まった本 ~ 『1日1話、読めば心が熱くなる 365人の仕事の教…

「人の生き方そのものが名作と言えるような人生もある」、そういう365人の「名作」が詰まった本です。 ■転送歓迎■ R03.02.25 ■ 40,078 Copies ■ 7,358,414Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ (伊勢雅臣)   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1203 国難を乗り越えた昭和天皇と国民の絆 ~ Live講座(2/21)予告編

 大東亜戦争とその敗戦という危機を乗り越えた天皇と国民の絆。 ■転送歓迎■ R03.02.14 ■ 40,101 Copies ■ 7,351,958Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ ■国際派日本人養成講座 LIVE 第4弾「皇室が紡いだ救国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1202 一隅を照らすための3つの方法 ~『1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書』から

 無数の名もなき先人たちが自分の周囲を照らして、立派な国を作ってきた。その方法は? ■転送歓迎■ R03.02.07 ■ 40,121 Copies ■ 7,345,002Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ ■国際派日本人養成講座 LIVE 第4弾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1201 元寇に見る日本の結束、朝鮮の内紛

 なぜ日本は朝鮮のような裏切りも内部分裂もなく、挙国一致の体制を20年以上も保持できたのでしょうか? ■転送歓迎■ R03.01.31 ■ 40,138 Copies ■ 7,334,912Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ ■国際派日本人養成…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

No.1197 富士山は「文化遺産」 ~ 世界遺産の西洋的理念を広げた日本

■■ Japan On the Globe(1197)■■ 国際派日本人養成講座 ■■ 国柄探訪: 富士山は「文化遺産」 ~ 世界遺産の西洋的理念を広げた日本  西欧中心主義から始まった世界遺産の理念を、富士山や石見銀山の議論を通じて広げていった日本の功績。 ■転送歓迎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1190 人間の身体と大地は繋がっている ~「身土不二(しんどふじ)」の思想

 日本人は、日本列島で採れる豊かな食材に合った身体を発達させてきた。 ■転送歓迎■ R02.11.08 ■ 39,860 Copies ■ 7,220,772Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ 【古事記を知らずして国際派日本人を名乗るなかれ!】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1189 「三方よし」が経済発展を導く

「三方よし」で各地に進出した近江商人が、江戸時代の全国経済を築いた。 ■転送歓迎■ R02.11.01 ■ 39,873 Copies ■ 7,215,206Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ ■本編は下記の講座の予告編として書いたものです。ぜひご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1188 国民が力を合わせて創りあげた「国家の品格」 ~ 明治神宮鎮座100年

 明治神宮の内苑・外苑は、数百万人の国民の協力で創られた。 ■転送歓迎■ R02.10.25 ■ 39,906 Copies ■ 7,209,340Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ 【古事記を知らずして国際派日本人を名乗るなかれ!】 真の国際派…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1186 「和の国」の人権・平等・民主 ~「大御宝」「神の分け命」「神集ひ」

 中国全体主義から、この国柄を護るべき。 ■転送歓迎■ R02.10.11 ■ 39,933 Copies ■ 7,196,945Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ 第65回全国学生青年合宿教室(熊本会場)講演の部 ★伊勢雅臣 来週の日曜日に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1184 「和の国」の自由

 全体主義国家・中国から護るべき我が国の「自由」とは? ■転送歓迎■ R02.09.27 ■ 39,994 Copies ■ 7,183,197Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ ■1.なぜ中国の自由抑圧が「他人事」なのか?  中国の周辺民族への弾圧が止まりませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1174 えた身分差別解消への理想

 えた身分の人々、志ある人々が、差別解消に向けて地道な努力を続けてきた。彼らの目指した理想とは? ■転送歓迎■ R02.07.19 ■ 39,852 Copies ■ 7,111,970Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ __________ 国際派日本人養成講座 LI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1156 「緑の列島」の奇跡

 日本の森林率は先進国トップのフィンランドにやや劣るだけだが、人口密度は20倍。この現代世界の奇跡はどのように生まれたのか? ■転送歓迎■ R02.03.15 ■ 39,111 Copies ■ 6,980,715Views■ 無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/ ■1.美しき「緑の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1147 楠木正成公と「和の国」の根っこ

 楠木正成公が示した「和の国」の根っこが、我が国の歴史を変えた。 ■転送歓迎■ R02.01.12 ■ 37,724 Copies ■ 6,898,001Views■ ■1.「有為の人物を動かさずにはいない」  正月休みに大阪府南河内郡の千早城跡に登ってみた。後醍醐天皇が隠岐に流された後、元弘2(1332)年9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1140 大嘗祭 ~「安国と知ろしめせ」との聖なる使命

 天照大御神が「安国と知ろしめせ」と委任されて地上に下されたニニギノミコトの使命を新天皇が継ぐ儀式が大嘗祭だった。 ■転送歓迎■ R01.11.17 ■ 50,485 Copies ■ 6,802,079Views■ __________ ■■ 日本の心を学ぶ連続講座 ■■ - 先人の言葉を皆で読んでみませんか …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1138 正倉院 ~ 世界最古の国際美術館

「全アジアのもっとも美しい時代の姿が、正倉院に保存されている」。この奇跡はどのように実現されたのか? ■転送歓迎■ R01.11.03 ■ 50,324 Copies ■ 6,785,844Views■ ■1.テヘランで見つけた正倉院所蔵品とそっくりの水差し 「これを初めて…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more