テーマ:迫り来る西洋列強

No.1114 独立自尊か属国か ~ 西郷隆盛に学ぶ「正道」外交

「日本は中国の属国として生きていけばいいのです」「それが日本が幸福かつ安全に生きる道です」と言う人がいるが、、、 ■転送歓迎■ R01.05.19 ■ 50,107 Copies ■ 4,589,165Views■ ■1.「米中貿易戦争」ではなく「米中冷戦」  しばらく続いていた米中貿易協議がなかば決裂して、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「独立自尊のすすめ 福澤諭吉が日本人に遺したもの」渡辺利夫、『致知』H2911

・「立国は私なり」の一文は、自分が属する共同体や国家を愛する私情、すなわちナショナリズムがなければ自国の独立を守ることはできないという意味。 ・福沢は文明化の目的は自国の独立を保つためであり、文明はその術に過ぎないと結論づけている。 ・戦後の日本人から、自分の国や地域は自分で守るというナショナリズム、何のために経済大国に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本人は日本文明を保持する意志があるか」新保祐司、『正論』H30.7

・北畠親房の「神皇正統記」は戦いの中で書かれた。「代くだれりとて自ら荀(いやし)むべからず、天地の始めは今日を始めとする理なり」。日本は改元して、そこから新しく世界は始まる。 ・文明は、他の文明との「遭遇」によって、挑戦を受け、応戦する。日本は、幕末に西洋文明と「遭遇」して、その強力な挑戦を受け、明治の日本は果敢に応戦した。その「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1077 英露のグレートゲームと幕末・明治の日本

 幕末・明治の暴風雨を乗り切った我が先人たちの「世界史の教訓」は、我々への贈り物。 ■転送歓迎■ H30.08.26 ■ 50,564 Copies ■ 4,515,370Views■ __________ ■■■ 全国学生青年合宿教室 (東日本) ■■■ (伊勢雅臣)私が学生時代から学んできた合宿教室です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1005 歴史教科書読み比べ(35): 欧米列強のアジア進出と幕末の危機

 迫り来る欧米列強の圧力のもとで、我が国はいかに独立を護ったのか。 ■転送歓迎■ H29.05.21 ■ 50,886 Copies ■ 4,361,002Views■ ■1.日本近海でも戦っていた欧米列強  鎖国政策によりカトリック勢力を閉め出して、長期の平和を享受した江戸日本でも、19世紀に入る頃になると、ロシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.919 名著探訪(1): 祖国の自由独立のための『学問のすすめ』

「人民独立の気概」を持った国民が、国家の自由独立を護る。 ■転送歓迎■ H27.09.27 ■ 44,727 Copies ■ 4,080,896Views■ __________ (伊勢雅臣)本号は新シリーズ「名著探訪」の第1号です。我々の先人たちの心を育ててきた歴史的名著をご紹介します。本シリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more