No.1117 外国人参政権問題で学ぶ国家観

公民教科書読み比べ(15): 外国人参政権問題で学ぶ国家観  外国人参政権は「国家とは何か」という国家観を学ぶための良い例題なのだが、、、 ■転送歓迎■ R01.06.09 ■ 50,080 Copies ■ 4,593,995Views■ ■1.「洗国」  中国には「洗国」という戦術があるそうな。三橋貴明氏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1116 古墳に見る先祖の心

 古墳は「死せる遺跡」ではない。その形からは、我々の先祖の生き様と精神生活が見えてくる。 ■転送歓迎■ H31.06.02 ■ 50,091 Copies ■ 4,592,406Views■ ■1.世界三大墳墓の一つ、仁徳天皇陵 「仁徳天皇陵(大仙古墳)」を含む「百舌鳥(もず)・古市古墳群」が国連教育科学文化機関(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1115 天安門事件は「もう終わったもの」か?

 この30年、中国共産党政権は巧みな手口で、天安門事件を「もう終わったもの」と糊塗してきたが、、、 ■転送歓迎■ R01.05.26 ■ 50,105 Copies ■ 4,590,26Views ■ ■1.「居酒屋のテーブルに顔を伏せて嗚咽を漏らし続ける石平氏」 「この人の本当の人生は、実は一九八九年六月四日に終…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1114 独立自尊か属国か ~ 西郷隆盛に学ぶ「正道」外交

「日本は中国の属国として生きていけばいいのです」「それが日本が幸福かつ安全に生きる道です」と言う人がいるが、、、 ■転送歓迎■ R01.05.19 ■ 50,107 Copies ■ 4,589,165Views■ ■1.「米中貿易戦争」ではなく「米中冷戦」  しばらく続いていた米中貿易協議がなかば決裂して、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1113 皇位継承危機の乗り越え方 ~ ご先祖様の叡智に学ぶ

 126代の皇位継承の歴史で何度となくあった危機を、ご先祖様たちはいかに乗り越えてきたのか。 ■転送歓迎■ R01.05.12 ■ 50,122 Copies ■ 4,587,377Views■ ■1.いよいよ限られた皇位継承者  先帝陛下の御譲位から新帝陛下の御即位まで恙(つつが)なく進められたのは大慶至極である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1112 新帝陛下の直向(ひたむ)きなる眼差(まなざ)し

 新帝陛下の御歌から、そのお人柄を偲ぶ。小柳左門『皇太子殿下のお歌を仰ぐ』から ■転送歓迎■ R01.05.05 ■ 50,146 Copies ■ 4,585,738Views■ ■1.「殿下の高い評価は言わずもがな。日本人だけが知らないのでは」  新帝陛下が即位された。国内外からの慶びの声が寄せられた令和の明る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1111 安岡正篤『人間を磨く』を読む

「人間を知らない人間の作った世界」の不幸から人間を救い出すために。 ■転送歓迎■ H31.04.28 ■ 50,167 Copies ■ 4,584,111Views■ ■1.「無意味な読物、音楽鑑賞、映画見物などが病癖になって」  最近の電車の乗客は10人中8、9人は携帯を覗いている。音楽を聴いている人は以前から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more