サイト内全文検索

No.1262 ユダヤ難民救出に現れた「大御宝」への祈り


 建国以来の「大御宝」への祈りのエネルギーが、人種差別渦巻く当時の国際社会に迸(ほと)ばしりでた。

■転送歓迎■ R04.04.10 ■ 40,512 Copies ■ 7,771,441Views■
無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/

__________
本稿は、日本志塾5月号「日本はなぜユダヤ人を助けたのか」の予告編です。日本志塾は100円でお試し受講ができます。
https://in.powergame.jp/issj_tr_yt
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■1.ユダヤ人保護は日本政府の公式決定

 1258号「大日本帝国はなぜユダヤ人保護を公式政策としたのか?」では、世界がユダヤ人を排斥していた時代に、日本だけが公正平等に扱った史実を述べましたが、今回は当時の世界情勢と、その中でユダヤ人保護を実行した人々の声に耳を傾けて、その根底にあった我が国の「大御宝」への祈りの伝統を浮き彫りにしましょう。

 ユダヤ人排斥の中で、日本がユダヤ人を保護したのは、以下の4件が代表的な事跡です。

・1937年12月、シベリア鉄道で満洲国にやってきた多くのユダヤ難民(一説に2万人)が入国を断られ、吹雪の中で生命の危険にさらされていた時、ハルピン特務機関長・樋口季一郎少将が「責任はすべて自分がとるから」と入国を許して、救出。[JOG(085,086)]

・1938年12月、安江仙弘(のりひろ)陸軍大佐の奔走により、日本政府は5相会議(首相、外相、蔵相、陸相、海相)にて「猶太(ユダヤ)人対策要綱」を決定し、ユダヤ人を公正公平に扱う原則を明確化。[JOG(257)]

・1939年夏に上海に赴任した犬塚惟重(これしげ)海軍大佐が、日本海軍警備地区でのユダヤ難民収容施設を維持し、世界でただ一ヵ所、ビザのないユダヤ難民も受け入れ、ナチスの圧力もはねのけて1万8千人を安全に保護していた。[JOG(260)]

・1940年8月、ソ連に併合されたリトアニアから、シベリア鉄道と日本を経由して逃れようとするユダヤ難民6千人に、駐リトアニア領事代理・杉原千畝がビザを発行。[JOG(021, 138)]

 現在の歴史教科書の中には、杉原の行為のみを取り上げて、「ドイツと同盟関係にあった日本政府の意向を無視して」などと記述したものもありますが(東京書籍『新しい社会 歴史』)、以上の流れを見れば、それは真っ赤な嘘であることが判ります。ユダヤ人を公正公平に扱うことは、日本政府の公式決定でした。

東書 杉原.png

■2.ユダヤ人憎悪とロシア革命

 この公式決定は、当時のユダヤ人排斥の世界的風潮で異彩を放つものですが、そもそも世界がなぜユダヤ人排斥に走ったのか、まずその実態よく知っておくべきです。

 ユダヤ人排斥は、ナチスのみの仕業ではありません。中世以来のキリスト教とユダヤ教の確執がありましたが、近代では帝制ロシアにおけるポグロム(ユダヤ人集団迫害)を特筆すべきでしょう。

 アメリカ・ユダヤ教神学院のレイモンド・P・シェインドリン教授による『ユダヤ人の歴史』は定評のある書物ですが、ポグロムについて、次のように述べています。

__________
ロシアにおけるユダヤ人の人口は五百八十万人に増大していたが、彼らは相変わらず大産業都市や農業から閉め出されていた。人口は増大し、一方それを支えるだけの経済的機会が乏しい状態は、多くのユダヤ人を希望の持てない悲惨な状況に追い込んだ。[シェインドリン、p226]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 こうした苦難の中で、ユダヤ人が中心となってロシア革命を起こしました。「ロシア革命はユダヤ革命」とも言われています。革命理論を提供したカール・マルクスはユダヤ人、革命主導者のレーニンにはユダヤ人の血が4分の1入っていました。マルクスとレーニンを支援していたのが、国際ユダヤ資本ロスチャイルド、さらに革命指導者の8割以上がユダヤ人でした。

__________
一九一七年の皇帝の退位と臨時政府の設立は、長年にわたってユダヤ人に課せられた重荷が取り去られる絶好の機会としてユダヤ人におおいに歓迎された。しかし、レーニン指導のもとでボルシェビキが権力を握るようになると、国中で恐ろしいポグロムが起こった。[シェインドリン、p231]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 レーニン率いる革命政権が、最後の皇帝ニコライ2世を処刑すると、多くのロシア民衆は怒り、その怒りをユダヤ人庶民にぶつけたのです。


■3.ドイツの反ユダヤ政策、アメリカの移民制限

 ごく一部のユダヤ人が起こしたロシア革命は、第一次大戦後の苦境にいたドイツ人の不安に火をつけます。

__________
第一次大戦後のドイツは、・・・敗北と屈辱、さらに戦勝国による膨大な賠償金請求がもたらした経済的危機は、・・・社会不安をもたらし、多くのドイツ人が先頃ロシアにおいて起こった共産党による革命がドイツでも起こるのではないかと恐れた。

こうした国民の心配に呼応するように、・・・アドルフ・ヒットラーに率いられた国家社会主義ドイツ労働者党(通称ナチス)は一躍全国的に目立つ存在となっていった。[シェインドリン、p251]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 第一次大戦後の苦境の中で充満していたドイツ国民の不満に、ロシア革命によって目覚めた反ユダヤ感情に訴えたヒトラーの扇動が火をつけたようです。

 ヒトラーは1933年1月、ユダヤ人排斥運動声明を出します。ユダヤ人商店のボイコット、ユダヤ人の公職追放、教師・芸術家・音楽家の締め出し、ドイツ市民資格剥奪と、排斥政策をとりました。

 一方、新大陸アメリカは、それまでユダヤ人を含む膨大な移民を受け入れていましたが、この頃には移民制限を始めていました。

__________
 一九二四年にアメリカが移民制限を始めたとき、すでにアメリカには四百五十万人のユダヤ人が住んでいた。
 この大量移民によって、まずアメリカのほとんどすべての主要都市の古いスラム地区にユダヤ人街が出現した。・・・

 東ヨーロッパからの新しい移民の到着は必ずしも歓迎すべき出来事ではなかった。彼らはヨーロッパの後進地域から来ており、貧しい中でかろうじて教育を受けて字を読むことができたが、英語を話すことはできなかった」[シェインドリン、p241]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 1924年の移民制限には日本人も含まれました。カリフォルニアの日系移民排斥は日米対立をもたらしますが、同様にユダヤ人の移民も制限されたのです。


■4.『さすらいの航海』

 ドイツのユダヤ人排斥とアメリカの移民制限を象徴するのが、セントルイス号の航海です。『さすらいの航海』として映画化もされました。セントルイス号は、1939年5月13日、ドイツの迫害から逃れようとする937名のユダヤ人乗客を乗せて、ハンブルグ港を出港しました。全員がキューバでの上陸許可証を持っており、最終的にはアメリカを目指していました。

 しかし、キューバ政府は高まる反ユダヤ感情から上陸許可証を無効として、上陸を許しませんでした。行き先を失った乗客たちはアメリカのルーズベルト大統領にも電報で受け入れを請願しましたが、回答はありませんでした。セントルイス号はフロリダ半島のマイアミの灯が見えるところまで近づきましたが、結局、欧州に引き返さざるを得ませんでした。

 乗客は英、仏、ベルギー、オランダと各地で下船しましたが、英国に上陸した288名以外のほとんどは、やがてナチスの占領後にホロコーストの犠牲となりました。


■5.「弱い者いじめをするな」

 このように行き場を失ったユダヤ人に対して、公正公平な対応を行い、迫害から護っていたのが当時の日本であり、また具体的な行動を起こしたのが冒頭の4人だったのです。それぞれの人が、どのような考えで行動を起こしたのか、残された声に聴き入ってみましょう。

 まず、樋口季一郞陸軍中将。ユダヤ人救出に関して、ナチス・ドイツからの抗議を受けて、関東軍参謀長だった東条英機から呼び出された樋口中将は、こう一喝しました。

__________
東条参謀長! ヒトラーのおさき棒をかついで、弱い者いじめをすることを、正しいとお思いになりますか。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 東条は、これを筋が通っているとして、この問題を不問としました。「弱い者いじめをしない」とは、きわめて平易な道徳律ですが、その背景には、世の中には強い者も弱い者も、それぞれが居場所を持つべきである、という世界観があります。

 明治天皇は五カ条のご誓文とともに、国民への御宸翰(ごしんかん、お手紙)で、「天下億兆、一人もその処を得ざる時は、みな朕が罪なれば(国民が一人でもその処を得られなければ、それは私の罪であるから)」と述べられました。

 万民がそれぞれの処を得るべき、という祈りが国の「根っこ」となっていたからこそ、ヒトラーのユダヤ人排斥など日本国として受け入れる余地はなかったのでした。


■6.「八紘一宇」の国是

 この祈りを政府決定として表明したのが「猶太(ユダヤ)人対策要綱」でした。この決定のために奔走した安江仙弘陸軍大佐は、次のように理由を述べています。

__________
 我国は、八紘一宇を国是としており、ユダヤ民族に対してもこれを例外とすべきではない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「八紘一宇」とは、初代神武天皇が即位に際して述べられた詔で、現代語ではこう訳すことができます。

__________
人々がみな幸せに仲良くくらせるようにつとめましょう。天地四方、八紘(あめのした)にすむものすべてが、一つ屋根(一宇)の下の大家族のように仲よくくらそうではないか。[出雲井]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 神武天皇が南九州から大和を目指されたのは、国家の建設の為でした。当時は大陸から戦争難民が逃れてきたり、寒冷化のために東日本から西日本への人口移動があり、土地と食料を奪い合う戦乱の時代だったようです。その中で、すべての部族が弱肉強食の争いを止め、「弱い者いじめ」をなくすために、一つの屋根のもとで家族のように仲良く暮らせる国を作ることを目指されたのです。


■7.「天皇陛下の万民へのご仁慈にしたがって働いているだけ」

 上海でユダヤ難民を保護していた犬塚惟重海軍大佐は、ユダヤ人社会から感謝の印として、ユダヤ人保護に貢献した人名を記念するゴールデン・ブックへの記載を打診されて、こう答えています。

__________
 私の哀れなユダヤ難民を助け東亜のユダヤ民族の平和と安全を守る工作は、犬塚個人の工作ではなく、天皇陛下の万民へのご仁慈にしたがって働いているだけである。・・・しいて名前を載せたければ陛下の名を書くように。[上杉]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「天皇陛下の万民へのご仁慈」とは、天皇の個人的な人徳ではありません。それは初代・神武天皇から継承された「八紘一宇」の祈りであり、その祈りこそ歴代天皇の聖なる使命なのです。

 その使命は皇室の先祖神である天照大御神から与えられたものです。天照大御神は孫のニニギの命(みこと)に、ご自身で育てられた稲穂を渡されて、地上を豊かな安らかな国にせよ、とお命じになりました。そのニニギの命の3代目の子孫が神武天皇であり、神武天皇はこの天照大御神から託された使命を果たすべく建国されたのです。


■8.「世界に日本がもっと文明国だということを知らせましょう」

「命のビザ」を求めて杉原千畝のもとにやってきた中にユダヤ教導師E・ポートノイがいました。ポートノイはミラー神学校の生徒300人分のビザを手に入れようと、アメリカ領事館にかけあったのですが、「割り当てビザなど一枚もない」と突き放されたばかりでした。

 アメリカ領事館には、ポートノイだけでなく、ユダヤ人のビザ申請が殺到していたのですが、移民の割り当て枠がない、として申請受付を停止しました。しかし、領事自身が「現実にビザが発行されたのは、移民割り当ての49%だった」と認めています。[上杉, p394-395]

 アメリカ領事館に断られて、日本領事館にやってきたポートノイから話を聞いた杉原は、こう言いました。

__________
 世界はアメリカを文明国という。私は、世界に日本がもっと文明国だということを知らせましょう。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 こう言って、杉原がビザの発行を約束して握手し、いつもの微笑を贈った時には、ポートノイは信じられない思いがしたそうです。

 杉原の言う「文明国」とは、科学技術が進んだ物質的に豊かな国ということではありません。国民が心豊かな祈りをもって互いに支え合い、弱い者にも惜しみない手助けをする国のことです。

 その文明国の有り様は、こう一言で言えるでしょう。

 処得し大御宝の一つ屋根

 当時の日本のユダヤ難民救出は、この建国以来の祈りのエネルギーが、人種差別の渦巻く国際社会にほとばしり出たものでした。
(文責 伊勢雅臣)

__________
本稿は、日本志塾5月号「日本はなぜユダヤ人を助けたのか」の予告編です。日本志塾は100円でお試し受講ができます。
https://in.powergame.jp/issj_tr_yt
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


■リンク■

・JOG(870) 続・命のビザ ~ ユダヤ難民を迎えた人々
 命からがら欧州から脱出してきたユダヤ難民たちを迎えたのは、敦賀の人々の温かい思いやりだった。
http://blog.jog-net.jp/201410/article_3.html

・JOG(260) ユダヤ難民の守護者、犬塚大佐
 日本海軍が護る上海は1万8千人のユダヤ難民の「楽園」だった。
http://www2s.biglobe.ne.jp/nippon/jogbd_h14/jog260.html

・JOG(257) 大日本帝国のユダヤ難民救出 
 人種平等の精神を国是とする大日本帝国が、ユダヤ難民救出に立ち上がった。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h14/jog257.html

・JOG(138) 届かなかった手紙 ~あるユダヤ人から杉原千畝へ~
 世界はアメリカを文明国という。私は、世界に日本がもっと文明国だということを知らせましょう。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog138.html

・JOG(086) 2万人のユダヤ人を救った樋口少将(下)
 救われたユダヤ人達は、恩返しに立ち上がった。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_1/jog086.html

・JOG(085) 2万人のユダヤ人を救った樋口少将(上)
 人種平等を国是とする日本は、ナチスのユダヤ人迫害政策に同調しなかった。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_1/jog085.html

・JOG(021) 命のビザ
 6千人のユダヤ人を救った日本人外交官
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_1/jog021.html


■参考■(お勧め度、★★★★:必読~★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

・出雲井晶『教科書が教えない神武天皇』★★★、産経新聞ニュースサービス、H11
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4594026338/japanontheg01-22/

・上杉千年、「猶太難民と八紘一宇」★★★、展転社、H14
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4886562078/japanontheg01-22/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント