サイト内全文検索

No.1201 元寇に見る日本の結束、朝鮮の内紛


 なぜ日本は朝鮮のような裏切りも内部分裂もなく、挙国一致の体制を20年以上も保持できたのでしょうか?

■転送歓迎■ R03.01.31 ■ 40,138 Copies ■ 7,334,912Views■
無料購読申込・取消: http://blog.jog-net.jp/


__________
■国際派日本人養成講座 LIVE 第4弾「皇室が紡いだ救国の歴史」昭和天皇の祈り 編 割引販売は本日まで■

 現在の日本の危機を乗り越えるために、先人たちが過去の国難を皇室の祈りを中心に、のりこえてきた歴史を振り返ります。

ご案内URL:
(一般ページ):
https://in.powergame.jp/isknk1_2101_release_is_gene
(学割ページ):
https://in.powergame.jp/isknk1_2101_release_is_stu

【詳細】
■先行販売期間:本日まで

■先行販売価格:
[一般] \3980(税抜)
-明日以降は、LIVE講座前日(2/20)まで、¥4480(税抜)で販売します。
-「まとめて受講セット」(下記*)は、\7960(税抜)

[学割] \980(税抜)
-明日以降は、LIVE講座前日(2/20)まで、¥1480(税抜)で販売します。
-「まとめて受講セット」は、\1960(税抜)

*「まとめて受講セット」・・・残り2回のLIVE講座、さらに特典として、フォローアップ講座・PDFレポートをお付けするプランです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■1.18年かけて亀山上皇像を完成させた執念

 博多駅から2キロほど北にある東公園。その中心の小高い丘には、高さ5m近い亀山上皇の銅像があります。像を建てた中心人物は湯地丈雄(ユジ・タケオ)。福岡警察署長を務めていましたが、明治19(1886)年の長崎事件をきっかけに、銅像建立を決意しました。

 長崎事件とは、清国が誇る世界最大級の戦艦2隻を含む北洋艦隊が長崎に寄港した際に、500人もの清国水兵が長崎の町で乱暴狼藉を働き、止めようとした2人の巡査を殺害、ついには多くの長崎市民との大乱闘になって多数の死傷者が出た事件です。

 湯治は事件後の現地を視察しながら、元寇の際の惨禍を思い起こしていました。対馬や壱岐を襲った元軍は、武士を全滅させ、女子供は手に穴をあけて荒縄を通し、船べりに吊した、と伝えられていました。湯地は清国の脅威に対して、日本の全国民が国家の危機に覚醒しなければ、それ以上の惨禍に見舞われると危惧しました。

 そこで決心したのが、元寇当時、身をもって国難に代わらんと祈られた亀山上皇の像を、国民の寄付を集めて建てることでした。湯地は警察を辞職し、単身、全国を飛び回って総計100万人を超える聴衆に元寇の話をして、寄付を求めました。皇室、政治家から小学生までの賛同を得て、像が完成したのは明治37(1904)年。決意から18年の月日が流れていました。[仲村]

 その間に、日清戦争が起こり、完成は日露戦争の真っ最中でした。清国とロシアという大国を相手にして、日本が勝てたのは、挙国一致で国難に向かえたからです。それには湯地の国民啓蒙活動も大きく寄与していたでしょう。


■2.母国に寇(あだ)なす高麗人たち

 元寇当時の日本も、朝廷では亀山上皇、幕府では北条時宗を中心に、国全体が一致結束して、国難にあたりました。その挙国一致ががなかったら、同時期の高麗のように、元の属国となり、徹底的な収奪を受けていた可能性があります。この挙国一致ぶりを見る前に、反面教師として高麗が元に服属する過程を見ておきましょう。

 井上靖の歴史小説『風濤(ふうとう)』は『元史』『高麗史』をもとに書かれたもので、そこには蒙古皇帝の命令書などが多数、引用されています。歴史学者・宮脇淳子氏はその内容を確認して、「十分に学問研究にも耐えられる内容」と評価しています。[宮脇]

 物語の導入部で、蒙古皇帝から日本国王に信書を送るので、案内役を務めよ、という高麗王に対する命令書が引用されています。その冒頭には、ある高麗人が皇帝に進言した事実が語られていました。それを読んだ国王と高官たちは、その高麗人に対する「呪詛と怒りの言葉」を発しました。

 その高麗人は、自分の点数稼ぎで皇帝に進言したのでしょうが、それによって、母国が対日侵攻に巻き込まれるのです。日本にとっても多大な迷惑ですが、高麗にとってもその後、大変な苦難をもたらします。この部分で、作者・井上靖は次のように述べています。

__________
 過去に於ても現在に於ても、蒙古に帰附し、蒙古の朝廷に仕えている高麗人は決して少くなく、彼等は母国との関係に於て、多かれ少なかれ、母国に寇(あだ)なす役割を占めるのが常であった。[井上、516]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 その代表が洪茶丘(こうさきゅう)です。10代の時から、皇帝の代理としてやってきては、高麗国王に頭を下げさせて、命令を伝えていました。高麗の土地や内情をよく知っているだけに、皇帝に入れ知恵して国王が言い逃れできないような命令を次々ともたらします。洪茶丘は元軍が日本に押し寄せた時も、司令官の一人となりました。

 その祖父は、蒙古が高麗に侵入を始めた時の国境での防衛戦で降伏し、以後は自ら蒙古軍の先鋒となって、母国の侵略に加担した人物でした。蒙古は敵国人ではあっても、母国を裏切って戦う人物を重用したのです。


■3.裏切り、反乱、陰謀の中で

 裏切り者と言えば、天才的な人物もいました。高麗の西海、北界の首長を殺し、60城の蒙古皇帝への寄進を申し出た崔坦(さいたん)です。蒙古皇帝はこの希望を入れ、これらの地域は蒙古の直轄地にしてしまったのです。崔坦は、蒙古皇帝の臣下となり、寄進した土地の領主に収まりました。

 また、三別抄(さんべつしょう)という高麗王朝の私兵組織がありましたが、彼らは蒙古への服属に反対して、江華島などに立てこもり、自らの王を立てて独立しようとしました。彼らを鎮圧するという建前で、蒙古は大軍を高麗国内に送り込み、その糧食を供給するために高麗人民は塗炭の苦しみを味わいました。

 三別抄の反乱鎮圧には3年ほどかかりました。そのお陰で、日本への侵攻が遅れたなどと恩着せがましく言う向きもあるのですが、彼らは日本侵攻を遅らせるために反抗したわけではありません。逆に日本侵攻を蒙古皇帝に示唆したのが高麗人だった、という史実は留意しておく必要があります。

 また、半島特有の誣告(ぶこく、事実を偽って処罰を求めること)も何度も見られました。国家と国王への深い忠誠心を持つ金方慶は、蒙古皇帝の過酷な指図を少しでも和らげて人民の苦しみを軽減しようと何年も苦心を続けた老臣ですが、かつての部下たちから「反逆の企てあり」という訴えが出されて、真冬に屋外で裸で立たされ、杖で打たれて自白を強要されます。

 これは洪茶丘が、金方慶に「叛心があった」と自白させることによって、それを口実にして半島全体を直轄地にしてしまおうという魂胆のようでした。その魂胆を見破った金方慶が最後まで自白をしなかったことで、この事態はなんとか防ぐことができたのです。

 こういう逆臣、反乱、誣告の中で、皇帝の日本侵攻の命令を受けつつも、なんとか国と人民を守ろうとする二代の国王と金方慶ら忠臣の生き様は、泥中の蓮のように心を打ちます。


■4.朝廷と幕府の一致

 高麗の内紛ぶりに比べれば、日本の挙国一致ぶりは鮮やかです。元寇とは、単に「神風」が吹いて偶然に日本が救われた、というような単純な話ではないことは、すでに弊誌でも述べています。[JOG(207)、JOG(917)]。

 特に二度目の弘安の役(1281年)では、蒙古・漢・高麗兵4万に加えて、水軍に長けた南宋兵10万が来襲しましたが、石塁による防備と小舟による逆襲で二ヶ月近くも敵の上陸を防ぎ、そこに「神風」が襲ったのです。戦いの過程は[JOG(207)]を見ていただくこととして、本稿では、いかに当時の日本が挙国一致の体制で戦ったか、という点を中心に見ていきましょう。

 まず、蒙古からの最初の国書が届いた際に、時の幕府執権はわずか18才の北条時宗。時宗はその後、14年間、元の使者への対応、石塁構築、西国の武将らの動員、二度の戦役と、奔走しました。そして、弘安の役の3年後にわずか34才で亡くなります。まさに元寇から日本を防ぐために、天から送られた人物のようでした。

 国書は「通交しないならば、兵をもちいることもありうる」と武力で脅し、さらに「大蒙古国皇帝奉書(書を奉る)」と自国を上段に構え、その下に小さく「日本国王」と書いてありました。「これは無礼な」と時宗は眉を逆立てました。

 幕府は外交は朝廷の専権事項である事を踏まえて、対応を相談しました。朝廷の関白は、これもわずか23歳の青年、近衛基平(もとひら)でした。当時は、一部の公家が南宋との貿易で莫大な利益を上げており、形式だけなら属国となっても、巧みに交易して利益を上げればよい、という意見もありました。

 しかし、基平はそうした意見を抑え、回答せずとの断を下しました。幕府も、鎌倉武士の面目にかけても、これを無視すべきと考えており、朝幕一致して、使者を太宰府から追い返しました。

 この後も、蒙古は何度も使者を送ってきますが、朝幕一致の方針は揺るぎませんでした。朝廷と幕府は、我が国の長い歴史においては、何度も対立を繰り返して来ましたが、この国難に一致結束して当たったことは、なんとしても独立を守る、という決意を共有していたからでしょう。


■5.身を以って国難に代わろうと祈られた亀山上皇

 時の後宇多天皇は8歳で即位したばかりでした。後に「末代の英主」と称えられる賢帝となりますが、当時はその父君、26歳の亀山上皇が院政をとられていました。

 亀山上皇は弘安の役に際しては、京都の石清水八幡宮に参詣の上、徹夜で戦勝を祈られました。また、特に自分でお書きになった願文を伊勢の神官に奉って、御身を以って国難に代わろうと祈られたのです。

 現代的な感覚では、このお祈りの持つ意義は想像しにくいことですが、当時の人々は神仏に助けられたり、祟られたりする事を現実として信じていました。

『古事記』では弟橘媛(おとたちばなひめ)が、倭建命(やまとたけるのみこと)と船で海を渡ろうとされた時、波が荒れ狂って進めなくなりました。ここで弟橘比売命は自らの身を海に投じて、海神の怒りを解き、夫君の使命達成を助けたのです。

 御身を以って国難に代わろうとの祈りは、このような切迫したものだったでしょう。そして、神仏の存在を現実と信じていた当時の人々は、上皇の御祈りの切実さをありありと感じとることができたと思われます。

 高麗を服属させ、また南宋をも大陸南部に追い詰めつつあった蒙古軍に対して、人々の間に恐れや動揺が当然広がっていたでしょう。そういう中で、亀山上皇が御身を以って国難に代わろうと祈られ、その御祈りのもとで朝廷と幕府が一致して戦いの覚悟を決めたことは、恐れや動揺を抑え、国全体の闘志をかき立てたものと思われます。


■6.挙国一致の力

 時宗は諸国の武士に号令を発します。九州の守護地頭には防備をいよいよ厳重にさせ、四国から中国の御家人にも、九州防備への協力を命じました。また幕府の御家人でなくとも、軍功があれば、十分に恩賞を与えると約束して、武士全体を防備に加えました。

 最初の文永の役(1274年)では、蒙古の戦い方に慣れず、苦戦を強いられましたが、幕府は各自が軍功をあげようと勝手な抜け駆けをした事を戒めて、「天下の大難を顧みざるの条、甚(はなは)だ不忠也(なり)」との命令書を発しました。

 また再度の来寇に備え、九州各国の御家人たちに三ヶ月交替で警固に当たらせました。さらに博多湾沿岸に十数キロに渡って、高さ2メートルほどの石垣を築かせました。この石垣が7年後の弘安の役では元軍の上陸阻止に大いに役立ちます。

1170px-Takezaki_suenaga_ekotoba_bourui.jpg


 さらに敵の上陸を待って戦うのではなく、積極的に洋上で斬り込みを行うべく、艦船の建造と水夫の徴集を行いました。これで壱岐その他で、日本軍が攻撃を仕掛け、士気を大いに盛り上げました。

 また、弘安の役で元軍を撃退した後も、第三次侵攻を想定して、警固体制は何年も続けられました。驚くべきは当時の武士たちが20年以上も、十分な報償もないまま、こうした役目を黙々と果たしたことです。


■7.自由な独立統一国家としての伝統意識

 いかんせん外国軍を撃退しただけでは、恩賞に使える新たな土地が手に入りません。奮戦した御家人たちは恩賞のない事に不満を覚え、これが鎌倉幕府の弱体化につながったとは歴史上の定説ですが、そんな当たり前のことよりも、歴史上最大の国難に際して、どうしてこれだけの挙国一致の体制が、裏切りも内部分裂も起こさずに20年以上も維持されえたのか、の方を考えなければなりません。

 その根底には、我が国が神武天皇により「一つ屋根」の統一国家として建国され、聖徳太子の外交によって中華世界の冊封体制から独立した国家として宣言された、という伝統的な国家意識が、人々の心の中に根付いていたからではないでしょうか。

 その国家意識を心中に抱いていれば、自分たちの代でむざむざと外国の属国となってしまっては、先祖にも子孫にも顔向けができない、という責務を感じざるをえないでしょう。

 その伝統を築いてきた皇室の代表者として亀山上皇が、御身を以って国難に代わろうと伊勢の大神にお祈りになり、その伝統を維持すべく朝廷と幕府の責任者が国家としての独立意思を宣明し、それを国民一人ひとりが当然の責務として受けとめた、ということではないでしょうか。この伝統的な国家意識が挙国一致をもたらした力として、働いたのではと思います。


■8.独立自尊の精神をもたらす国家ビジョン

 元の皇帝フビライは第三次の日本侵攻を何度も計画しますが、財政は疲弊し、地方では反乱が相次いで、その野望を果たせないまま病没します。後継者テムルが皇子を遺さずに死ぬと、激しい後継者争いが起こり、1368年には地方の反乱の中から身を起こした朱元璋が皇帝に即位して、明を建国し、元を北方に追いやります。

 この時、高麗は親元派と親明派に分裂して、抗争が起こり、1392年に親明派の武人李成桂がクーデターを起こし、高麗を滅ぼして、李氏朝鮮を興しました。

 常に強い国に付き従うという「事大主義」は朝鮮の通弊で、近代に入ってからも、日本か清国かで日清戦争を引き起こし、次に日本かロシアかで日露戦争、アメリカかロシアかで朝鮮戦争と、近代東アジアのトラブルメーカーとなってきました。[JOG(954)] 現代もアメリカか中国か、という対立で国論が二分されています。

 この「事大主義」では挙国一致も不可能です。その根本には独立自尊の精神の欠如があり、それは自国がどういう国を目指すのか、という国家ビジョンがないまま、強い方について利益をとろう、という姿勢から来ているのでしょう。

 こうした朝鮮と日本の伝統的な国家意識の違いを考えれば、現在の中華帝国主義がもたらしている国難に対して、どう立ち向かえばよいかは明確です。亀山上皇像はそれを物語っています。
(文責 伊勢雅臣)


■リンク■

・JOG(954) 東アジアのトラブルメーカー
 内部抗争を繰り返し、周辺諸国を戦争に巻き込んできた韓民族の特異な歴史。
http://blog.jog-net.jp/201606/article_1.html

・JOG(917) 歴史教科書読み比べ(23): 元寇 ~ 鎌倉武士たちの祖国防衛
 フビライの日本侵略の野望を打ち砕いた時宗と鎌倉武士たち。
http://blog.jog-net.jp/201509/article_3.html

・JOG(207) 元寇 ~鎌倉武士たちの「一所懸命」
 蒙古の大軍から国土を守ったのは、子々孫々のためには命を惜しまない鎌倉武士たちだった。
http://www2s.biglobe.ne.jp/nippon/jogbd_h13/jog207.html


■参考■(お勧め度、★★★★:必読~★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

・仲村 久慈 (著), 三浦 尚司(監修)『湯地丈雄―元寇紀念碑 亀山上皇像を建てた男』★★、梓書院、H27
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4870355485/japanontheg01-22/

・前田晃『少年國史物語』(谷本直・現代語訳『少年少女のための日本の歴史物語 中』★★★)税・送料込み千円。問合せ: honest-tani@nifty.com

・宮脇淳子『世界史のなかの蒙古襲来 モンゴルから見た高麗と日本』★★、扶桑社、R01
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4594082416/japanontheg01-22/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント