No.1160 「鉄と石油の文明」から「木の文明」へ


「緑の日本列島」の「隠された日本の財産」が、新たな文明を開く。

■転送歓迎■ R02.04.12 ■ 39,174 Copies ■ 7,008,849Views■


■1.国産材のボトルネックは乾燥

 前号[a]では、現代日本の林業が「三方悪し」に陥っている事を述べた。要約すると:

1)国土に悪し: 先進国トップクラスの豊かな森林に恵まれているのに、樹木の年間成長量の25%程度しか使われておらず、手入れ不足のために荒廃しつつある。

2)世界の自然に悪し: 自国の森林を十分に活用しないまま、国内需要の6割を海外からの木材輸入に頼っており、世界の自然に負担をかけている。

3)国民経済に悪し: 木材輸入代金に1兆2千億円余を使い、国内の林業経費の約7割は国庫補助金で負担。

 問題の根本は、豊かな国内の森林を十分に活用できていない所にある。その理由は、国産材、特に杉は外材に比べて乾燥が難しいために、寸法や納期の問題を抱えていることだ。

 乾燥には長い年月がかかる。自然乾燥では「一寸(3センチ)一年」というから、数十センチの丸太なら何年もかかる。それを短縮すべく、100度ほどの高温乾燥炉で1~3週間ほどで乾燥させる。この時間とコストがばかにならない。

 しかも高温乾燥すると木が反ってしまう。反った分を削って真っ直ぐにすると削り代が無駄になる。せっかく真っ直ぐに削っても、しばらくするとまた曲がってくるので、出荷後の寸法問題が生ずる。1%縮んだとしても、2メートルの梁(はり)なら2センチ。これで家を作ったら、隙間だらけになってしまう。


■2.「自然界にある温度でなきゃかわいそうでしよ」

 実は、この乾燥問題を一気に解消する発明が実用化されている。木材乾燥装置「愛工房」である。従来の装置は速く乾燥させるために100度もの高温を使っていたが、「愛工房」は45度だ。木材乾燥のプロがこれを聞くと「45度!? ほんとかい?」と耳を疑う。高温の方が速く乾く、という常識の逆を行っている。

 しかも、杉の板材を乾燥させるのに100度の高温乾燥でも1週間かかるのを、45度の「愛工房」は1日で乾燥させてしまう。

「愛工房」の開発者・伊藤好則さんは、電気工事会社を経営していたが、60歳からは日本の林業のために、素人ながら乾燥装置の開発に取り組んだ。その取り組みを次のように述べている。

__________
素人なのがかえってよかった。経済や効率優先の考え方ではなく、「伐採してからも生きている」「呼吸する生き物である」という考えに基づき、「木の立場」に立って製作したところ、今までの乾燥機とは全く違ったものが出来上がりました。[伊藤]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「なぜ、45度にしたのか」と聞くと、「だって木は生きているんだから、自然界にある温度でなきゃかわいそうでしよ」と答える。[船瀬、p48] 「なぜ、こんなに速く乾くのか?」と聞かれても、「なぜって言われても、速く乾いちゃうんだからしょうがない」と、腕組みをし、首をかしげる。[船瀬、p53]


■3.「杉って、こんなにきれいだったんだなぁ」

 理論的解明はこれからだが、どうやら100度の高温乾燥は木を殺してミイラにするようなもの、45度はサウナで健康的な汗をかかせて水分を絞り出すもの、という違いがあるようだ。ミイラにする時間より、サウナで汗をかかかせる時間の方が短いのだろう。

 高温乾燥した杉材は表面はきれいでも、内部はパサパサ、しかも芯の水分は残っている。杉の色、艶、粘り、香りも失われている。高温乾燥の後では、乾燥室の床や壁に「嘔吐物」が出る。これは木の防虫・抗菌作用を持つ精油成分や、癒やし効果を持つ芳香成分らしい。これらを吐き出して、ミイラになった木材は白アリ、ダニ、カビに弱い。

 だから、全世界の木材のほとんどは出庫・輸出前に、密かに殺虫剤や防腐剤の毒液を加圧注入、あるいは蒸気を染み込ませる。こういう「毒漬けミイラ」となった木材を使った住宅で、シックハウス症候群が起こる。

 愛工房で乾燥した木材を、建設業者たちが手にとると、まずその軽さに言葉を失う。含水率は6~7%と、彼らが手にしたことのないレベルだ。

__________
さらに、あずき色の木目の流麗さ、色合いに驚く。「杉って、こんなにきれいだったんだなぁ」ため息。さらに、板を電灯にかざし、艶や照りに唸る。「虹みたいに光ってるよ、オイ」
そして、木片を鼻先にもっていく。目をつむって深呼吸。えもいわれぬ深い芳香にただ首をふる。「凄っげえ、いい香り!」「こんな香りを嗅ぐの、初めてだよな」
中の一人が手招きする。「それだけじゃないよ。ちょっとこれ見て」乾燥済みの杉板の木口から目を細めて見る。「ホラ、ぜんぜん反ってない」「ほんとだ、暴れてない」「寸法ピタリ!ありえねえ」[船瀬、p4]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■4.木造住宅は3百年はもつ

「愛工房」で乾燥した木は生きているので、それで住宅を建てると、安らぎやリラックス効果を持つ芳香を部屋中に放つ。寝室や子供部屋に最適だ。自宅で森林浴ができる。

 体熱を奪うコンクリートに比べれば、木ははるかに暖かい。「愛工房」で乾燥させた杉板でフローリングをすると、来客は10人が10人、「床暖房してます?」と聞く。

 生きた木はコンクリートよりも何倍も強く、長持ちする。法隆寺の大工・西岡常一棟梁は「コンクリート50年、木は1000年」と言っていた。確かにコンクリートの建物は50年毎に建て替えねばならないが、法隆寺は1300年の風雪に耐えている。

 生きた木は年々、年を経るごとに強度を増していき、築300年くらいで最高強度に達する。白川郷の合掌造りの古民家も古いもので300年と言われている。現代の木造家屋が2,30年毎に建て替えなければならないのは、ミイラ化して脆くなった木材を使っているからだろう。

 毎世代、生涯をかけてローンを返しつつ、家を建てなければならないので、日本人は豊かになれない。欧州のように、200年も持つ家を建てたら、祖父の世代に建てた家に住み、親の代に買った別荘で遊び、自分の代でヨットを買うことができる。数百年は持つ家を建てることが、日本人の生活を豊かにする一つの道である。


■5.「隠された日本の財産」

__________
 木は物やありません。生きものです。人間もまた生きものですな。木も人も自然の分身ですがな。この物いわぬ木とよう話し合って、生命ある建物にかえてやるのが大工の仕事ですわ。木の命と人間の命の合作が本当の建築でっせ。[西岡]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 西岡棟梁のこの言葉が復活する道が、「愛工房」によって開かれようとしている。特に日本全土に生えている樹木の約四分の一は杉だ。伊藤氏は言う。

__________
 日本の風土に一番適していたのが杉なんです。私たち日本人の先祖は、一番身近な杉の手入れをして、育て、共生してきたんです。[船瀬、p103]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 そういえば、各地に杉のご神木が祀られている。

 杉の学名は「クリプトメリア・ジャポニカ」、「隠された日本の財産」という意味である。ご先祖様たちが大切にしてきた宝物を、我々は山に置き忘れてきた。その宝を今こそ大切に活用しなければならない。

 [船瀬]の著者は「緑の郷」構想を提唱している。それは全国各地の山村に「愛工房」を設置し、その近隣に木材加工工場、家具工場、建具工場などを併設する。山村が木材の供給地として復活すれば、これらの工場をその近くに建てることが経済的になる。これにより、山村にも仕事が生まれ、過疎地が再生する。


■6.山主から地域工務店までが結束する「森林再生プラットフォーム」

「緑の郷」構想を実現するにも、川上の山主から川下の住宅建築を担当する工務店を繋ぐサプライチェーンを効率良く運営できるシステムが不可欠だ。現状では、各段階がバラバラにマージンをとるため、しわ寄せが山主に行って、直径30センチ、長さ4メートルの丸太を数十年かけて育てても3600円しか得られない。[a]

 この状態をなんとかしようと立ち上がったのが、伊佐ホームズ株式会社の伊佐裕・社長だ[b]。伊佐社長は、まず今の価格では山林経営はとうてい成り立たないため、現在の市場価格よりも5割高い価格で木材を購入することとした。そして、サプライチェーン全体を見直して、各段階でのムダを無くし、その木材価格でも工務店のビジネスが成り立つように工夫した。

 そのために伊佐社長は「森林再生プラットフォーム」という仕組みを考え出し、志を同じくする地域工務店などに呼びかけ、その運営を担う会社を設立した[森林パートナーズ]。伊佐社長はその狙いをこう語る。

__________
 例えば、工務店が三十社ほど集まれば、施工実績から全体で年間千軒ぐらいの家が建つという見通しができます。そうすると、木材需要は年間二万立方メートル規模で発生することになる。もちろん、年によって多少の変動はあるだろうけれども、安定的に需要が生まれるわけですから、川上の林業家はいつ間伐しようとか、いつ作業道を付けようという計画を立てることができます。
また、川中の製材所・プレカットエ場も、工務店からの仕事が安定的に入ってくるわけですから、交渉や営業にかかっていた無駄なコストは要らなくなるし、繁忙・閑散期を見越して適切な形で工場を動かして行くことができる。
 要するに、「三方よし」ではないけれども、誰か一人が得するのではなく、全体で価値を共有して無駄を省き、利益を分け合う。それができるようになるわけです。[伊佐]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「緑の郷」にこういう仕組みが導入されれば、「現場に納入する期日も守られない」という工務店の不満も解消するだろう。「ちゃんと乾燥させてくれと製材所に言っても、全然やってくれない」という問題も「愛工房」によって解決する。

「愛工房」という技術的ブレークスルーと「森林再生プラットフォーム」による事業システム革新が組み合わされば、日本林業の再生を切り拓く鍵となるだろう。


■7.セルロースナノファイバーで我が国は資源大国に

 木のいのちをさらに活用する画期的な技術革新が生まれようとしている。紙や綿花は植物の繊維をとりだして作られるが、同様に、植物繊維の主成分であるセルロースを1ミリの百万分の一のレベルで取り出した材料がセルロースナノファイバー(CNF)である。

 CNFは樹木の強さを引き継いで、鋼鉄の1/5の軽さで5倍以上の強度をもつ。自動車のドアなどの車体材料に用いれば、2割程度軽量化できる可能性がある。また歯車や軸受けなども試作されている。建設も、CNFの構造材で骨格を作り、壁や床は愛工房で乾燥させた生きた板材、ガラスはCNFによる透明な代替材料を使えば、森林由来の材料で自然と人間に優しい建物ができる。

 CNFは、プラスチックの代替材料としても使える。

__________
 森林の2/3を占めるスギやヒノキなどの人工林において木材の蓄積量が毎年7,500万立米増加している。木材1立米の重量を400kgとすると、その半分はCNFなので、人工林で毎年1,500万トンのCNFが蓄積していることになる。それは我が国における年間プラスチック消費量の約1.5倍の量に匹敵する。[アグリバイオ、p12]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 つまり、現在国内で消費されているプラスチックはすべてCNFに置き換えることも可能なのだ。その原料となる木材パルプは国産原料であり、100円/kg以下という安価で、大量かつ安定的に入手できる。その分の石油輸入も不要となる。またCNFは従来の紙と同様の廃棄・リサイクルが可能であり、そのための技術や社会インフラがすでに確立している。


■8.「鉄と石油の文明」から「木の文明」へ

 我が国は鋼鉄を作るために鉄鉱石を輸入し、各種プラスチック製品を作るために石油を輸入している。CNFの技術革新により、これらの原料輸入を大きく削減できる。エネルギー用途に使う石油輸入も、薪や木片チップなどを用いたバイオマス発電や、小水力発電、潮流発電など、日本の自然を活用したエネルギー利用で減らしていくことができる。[c,d]

__________
 海外の原油や鉄鉱石に依存してきた我が国の産業形態を、林業、製紙産業、高分子化学産業、部素材加工業、自動車・家電・建築産業が垂直に繋がった自国の持続型資源による21世紀型脱炭素産業形態へと大きく変革できる。[アグリバイオ、p12]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 かつては、家屋や家具、道具の原材料は木材であった。エネルギーも薪や木炭など、山林から得ていた。近代に入って、原材料もエネルギーも輸入品に代替されてしまったために、経済の中心は臨海部に移り、経済的役割を失った山村は過疎化していった。

 CNFの技術革新によって、海外から輸入される石油や鉄鉱石を樹木で代替し、山村を再び我が国の経済構造の中心に引き戻すことができる。それによって、人口も臨海から山村に逆流し、現在の行き過ぎた都市の過密化を変えていくこともできる。森林大国日本は、その「隠された日本の財産」を活用して、新しい「木の文明」を築くことができるのである。
(文責 伊勢雅臣)

■おたより

■先代や先々代のキコリの方々の思いをムダにしないために(茂弘さん)

わたしは、最近林業を始めました。

木を切っても昔だったらよかったのに、今は二束三文でどうにもならん。と、先輩の大御所さん達がボヤいているのをよく耳にしました。

山にある木のおかげで、山に関わる人が皆もっと喜んで山とつきあって行ける日本になったらいいと思っています。

どんな木も他の農作物とは比べようにならない時間をかけて育ってきているのです。
そこには、そうなるように手を掛けてくれた先代や先々代のキコリの方々の思いもあります。

そうしたものを無駄にしないためにも今回、ご紹介いただいた乾燥技術はとても有効だと感じました。コロナ災禍落ち着いた後、一度愛工房さんを訪れてみて、そこから何ができるかをみんなで考えてみたいと思います。

■伊勢雅臣より

 ぜひご自身の「一隅を照らす」処から林業再生を始めてください。

■何とか地場産の会津桐を絶やさぬよう(会津桐タンス株式会社さん)

我が国の豊かな森林資源の利活用を取り上げて頂きありがとうございます。
我が町・福島県三島町も山あいの小さな町で、森林面積が85%以上を占め、そのほとんどが杉林です。隣接町村も同様です。しかしこの杉材が利用されず、手入れをしなくなって荒れ果てています。杉材に値が付かず、整備しようとして伐採を依頼すれば、杉材を引き取って貰っても伐採賃の支払いでマイナスになってしまいます。

都道県や市町村では必ず何らかの建物を建てますので、この仕様書に地場材を必ず使うことを明記し、義務付ければ、地元の建設事業者も材料の確保(建設計画は数年前にされる)をし、地場材の利活用が進むのではないかと思われます。一部取り組みが始まった市町村もあるようには伺っています。

当社は、地元特産の桐の植栽、育成、利用を図るため設立されましたが、桐の場合、その使用量(国内)の95%以上が輸入材という現状です。特に、大震災による原発事故以降は百貨店などが販売を忌避している事から使用量が減少しています。とはいえ、何とか地場産の会津桐を絶やさぬよう町を挙げて取り組んでいるところです。

日本国内で使用する木材は、建物でも家具でも国産材が最適であることは、歴史的にも明らかですが、利益が優先する経済活動の中では難しい状況となっていることが残念です。

■伊勢雅臣より

 我々消費者も、少しでも国産材を使うよう、心がけましょう。


■流れを変えたい(こうじさん)

素晴らしいです。
日本は人口が減っていき、
農林水産に携わる人がどんどん高齢化し、
山や田畑が荒れてしまう。
その流れを変えたいと思っています。
それが日本の方向であり、
世界に発信すべきものと思います。

とりあえず私はこれから市民農園をお借りして畑を作ってみます。

■伊勢雅臣より

 各地で市民参加の森づくりも行われているようですね。

■日本の山は崩壊寸前(勝美さん)

 奈良県で森林を持ち、製材所を経営しています。母親からの相続財産山林100ヘクタールを所有しています。

 先生が心配してくれている状態以上です。貿易は国を亡ぼすそのものです。外材が住宅業界を制圧しています。ハウスメーカーが市場を制圧しています。木部材はJAS(日本農林)規格ではなくJIS(日本産業)規格的なものを要求してきます。国産は提供できません。

 一級建築士は住宅用材としての木材のことを大学で勉強していません、自分が思い描いた材料がすぐあると考えているようです。

 以前、大工の棟梁が木を見ていたけどそれができない。今から50年以上前の古民家を研究してもらいたいと思います。人間は自然を超えることはできないと自覚してもらいたいと思います。現状のままだと日本の山は崩壊寸前です。水と空気がなくなりつつあると思います。

■伊勢雅臣より

 こうした山を預かる方からの声がもっと広まるようにしていきたいものです。

■リンク■

a. JOG(1159) 「三方悪し」の現代林業
 国内の森林を放置・荒廃させ、他国の森林を収奪し、輸入代金と補助金で国富を浪費させている現代林業。
http://blog.jog-net.jp/202004/article_1.html

b. JOG(681) 和の家、和の心
 日本の伝統家屋には、社会や自然との和を創り出す智慧が込められている。
http://blog.jog-net.jp/201101/article_1.html

c. JOG(1142) 小水力発電 ~「和の国」のエネルギー
 小水力発電こそ、日本列島の自然と調和したエネルギー。
http://blog.jog-net.jp/201912/article_1.html

d. JOG(730) 夢と希望のエネルギー立国
 新エネルギー開発の夢と希望を抱いて、様々な人々が努力を続けている。
http://blog.jog-net.jp/201201/article_1.html

■参考■(お勧め度、★★★★:必読~★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

・月刊『アグリバイオ』2019年6月号(セルロースナノファイバーによる有用材料の開発)、R01

・伊佐裕「林業再生や地域工務店の挑戦!」『明日への選択』H29.5

・伊藤好則「ブレインホーム」ホームページ
http://brain-home.co.jp/2018/04/03/%E3%80%8E%E6%84%9B%E5%B7%A5%E6%88%BF%E9%96%8B%E7%99%BA%E8%80%85%E3%80%8F/

・伊藤好則『木造都市の夜明け』★★★、三五館、H29
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4883206890/japanontheg01-22/

・森林パートナーズ株式会社
http://www.shinrin-p.com/

・船瀬俊介『奇跡の杉―「金のなる木」を作った男』★★★、三五館、H21
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4883204553/japanontheg01-22/

木造都市の夜明け - 伊藤 好則
木造都市の夜明け - 伊藤 好則

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント