No.1098 公民教科書読み比べ(12) 人権思想の正体

「人権・・・。教員は、この言葉にどれほど困っていることか。」こういう事態を招いた人権思想の正体とは? ■転送歓迎■ H31.01.27 ■ 50,456 Copies ■ 4,559,944Views■ __________ ■伊勢雅臣: 鹿児島で講演をさせていただきます■ ■建国記念の日をお祝いする鹿児島県民の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wing2838 国際派日本人養成講座 No.728 捕鯨戦争最前線 ~ 日本代表の戦い

 多勢に無勢のIWC(国際捕鯨委員会)で、日本の国益を主張し続けた水産官僚がいた。(H23.12.18発信) ■■ 転送歓迎 ■■ No.2838 ■■ H31.01.25 ■■ 7,832部■■ __________ 【伊勢雅臣】捕鯨問題シリーズの最終です。IWCでのある水産官僚の涙ぐましい奮闘の紹介をしています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wing2837 国際派日本人養成講座 No.662 日本人はクジラの供養塚を建ててきた

 我が先人たちはクジラの命に感謝して無駄なく利用し、その上でクジラの霊が成仏するように祈ってきた。(H22.08.22) ■■ 転送歓迎 ■■ No.2837 ■■ H31.01.23 ■■ 7,832部■■ __________ 【伊勢雅臣】捕鯨シリーズ第3弾です。クジラは有史以前から、日本人とともにありました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wing2836 国際派日本人養成講座 No.660 捕鯨は地球を救う

 増えすぎたクジラを捕る事で、食糧危機と環境危機に立ち向かう事ができる。(H22.08.08発信) ■■ 転送歓迎 ■■ No.2836 ■■ H31.01.21 ■■ 7,832部■■ __________ 【伊勢雅臣】捕鯨問題の第2弾です。捕鯨反対がいかに論理と科学を無視した主張か、お分かりいただけると思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wing2835 国際派日本人養成講座 No.97 クジラ戦争30年

 捕鯨反対運動は、ニクソンの選挙戦略から始まった。 ■■ 転送歓迎 ■■ No.2835 ■■ H31.01.18 ■■ 7,832部■■ __________ 【伊勢雅臣】昨年末に日本政府はIWC(国際捕鯨委員会)から脱退しました。日本が国際機関から脱退するのは珍しいことですが、多くの国際機関は国際政治に翻弄され、またそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1097 ケニアで世界有数のナッツ会社を育てた佐藤芳之さん

 そして、自分の役割は終えたとして、その企業を現地人に引き渡し、新たな挑戦に向かっていった。 ■転送歓迎■ H31.01.20 ■ 50,454 Copies ■ 4,557,870Views■ ■1.日本人が育てたケニアのナッツ会社  欧州の空港ラウンジや機内サービスでよくマカダミアナッツが出てくる。2センチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

No.1096 『古事記』に込められた先人からのメッセージ

 古代国家の復活、再生といふ悲願をこめて綴られた『古事記』は、我々に「復古・維新の精神」を活き活きと語りかけている。 ■1.『古事記』に込められた「復古・維新の精神」  春にあけて先(ま)づ看(み)る書(ふみ)も天地(あめつち)の始(はじめ)の時と読みいづるかな  幕末の歌人・橘曙覧(たちばな・あけみ)の歌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more