国際派日本人養成講座

アクセスカウンタ

かっぱさんのBookmarkBar

zoom RSS No.1093 人間教育としての国語教育 〜『“とっちゃん”先生の国語教室』から

<<   作成日時 : 2018/12/16 05:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「人生を考えはじめている青年と共に考える。ということは、実に当然、国語教師のしなくてはならない事柄である」

■転送歓迎■ H30.12.16 ■ 50,533 Copies ■ 4,548,510Views■


■1.「ひたすら国語教師たるの道を求めつづけられた」

“とっちゃん”先生、こと、桑原暁一先生はある都立高校の国語教師を20年間勤めた人物である。この本の前書きには、こう紹介されている。

__________
 桑原さんは、一高文科を経て、東大文学部国文学科といういわば世にいうエリートコースを進んだ学究であったが、生涯を通じて栄達などには目もくれず、ひたすら国語教師たるの道を求めつづけられた。[1, p2]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 桑原先生は昭和48(1973)年3月に退職された後、わずか2ヶ月後には逝去される。まるで国語教師を辞めたら、もうこの世には用がない、とでも言うようだ。ところが、その数年後、ある美しい機縁から、その遺稿が見つかり、出版されたのである。

 桑原先生の無二の親友だった教育学博士・元佐賀大学教授の副島羊吉郎先氏が、桑原先生からの来信を見直していると、昭和三十年二月二十九日の手紙に「『人間教育としての国語教育』を一気に書きあげた」との一節を発見された。もう20年以上も前の手紙である。

 ご遺族に探して貰ったところ、「不用になった試験問題用紙の裏を利用して、鉛筆でなぐり書きしたような筆運びのものが発見」された。副島教授は、それを丹念に別の原稿用紙(四百字詰八十九枚)に清書された。原文の判読で迷われた筆跡個所については、故人の筆跡をよく知っている方を煩わして解明できたという。副島教授は、こう書いている。

__________
 よみづらいことおびただしい原稿でした。しかし桑原さんは、″自分が一番力を注いだのは国語教育であったから、最後には国語教育に関することをまとめたい″と言っていました。
その念願を果さずに亡くなられましたから、この論文を私は非常な関心をもって読みました。結果は深い感銘をうけました。桑原さんが後で書かれたら、もっと修正したことだろうと思いますが、大きな筋は大して変らなかったのではないかと思います。[1 ,p4]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 この遺稿をまとめた本が『“とっちゃん”先生の国語教室』[1]である。この本は最近、電子書籍版にて復刻され、私も一読して、深い感銘を受けた。「国語教師たるの道」を追究した人の言葉として、ぜひ国語教師を志す人、あるいは、ひろく教育に関わる人々に読んで貰いたいと思い、今回、紹介させていただく。


■2.「先生は生徒との一体感をとても大切にしていました」

 桑原先生の教師ぶりについては、この本のあとがきに寄せられたかつての生徒たちの思い出から窺うことができる。ある女生徒はこう書いている。

__________
 先生との出会いは千岳荘、夏の移動教室である。地下足袋をはいて、さっそうと安達太良山を登る先生を、私達は山のおじさんかと思っていた。そのおじさんが、二年になって教室に現れたのに困惑してしまった。
初めは風変わりな先生だなあと思っていた。先生も初めは実際そうしていたように思われる。教科書を小わきにかかえ、おもむろに教室に入ってくる。教壇に着くか着かぬ間に、ひとりで御辞儀をすませてしまう。立ちあがった私達は機を失っておどおどしてしまうといった調子だ。[1, p164]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 桑原先生の授業ぶりについては、別の生徒がこう回想している。

__________
 先生は生徒との一体感をとても大切にしていました。・・・ある時には、きのう作った句だといって、

 老残の書斎明るむバラ五輪

と黒板に書きました。たいていそんなことをしながら生徒と一体になっていくのでした。そして本当に一体になった時には、目を細めて、つぶやくような話し方で、しみじみとした話をしてくれました。僕はこういった時の先生が一番好きでした。昔、小さかった二人の息子さんを、おんぶした時に、背中に伝わってくる子どもの感触のよかったこと。・・・[1, p171]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
画像


■3.「国語科でやることは、ことばによる人間相互理解である」

「桑原先生は、いつも人間という生きた対象−生徒達も含めて−に素直に近づこうとされるようでした」と別の生徒は回想している[1, p163]。「生徒との一体感をとても大切にしていました」という前節の言葉に通い合う表現である。そして、それこそが「国語教師たるの道」として、桑原先生が生涯、求め続けたものであった。

 桑原先生は学校教師になってまもなく、国語とは何を教える学科なのか、真剣に悩んだ。フランスの哲学者ルソーの教育論『エミール』を読むと、「言葉による教育は一切与えず、すべて実地について教えきたえる。書物は無用。ただし例外として『ロビンソン・クルーソー』だけは読ませても良い。自分の頭と手足だけで生活をきずきあげた物語であるからだ」という。

__________
 ぼくは全くがっかりしてしまった。これでは国語の教師をやめるほかはない、人はわらうかも知れないが、いい年をして、こんなだらしない気持ちの日々がつづいたことがあった。[1, p28]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 こうして少なからず悩んだ末にたどりついたのは、こういう結論だった。

__________
 ロビンソン・クルーソーも、ことばはもっていたにちがいない。そして、そのことばは、やはり「人間」のことばであり、彼自身つくり出したものではあるまい。国語科でやることは、ことばによる人間相互理解である、ということを、ルソーに向かっていってもわらわれないであろう。[1, p29]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■4.人間はことばによって人間となる

 桑原先生はかつて読んだヘレン・ケラーの伝記を思い起こす。ヘレン・ケラーは幼児の時の病気で、目も見えず、耳も聞こえず、そのために言葉を話すこともできなかった。そして、性格が非人間的で粗暴で手がつけられなかった。

__________
 つまり、彼女はことばがわからないために、正に人間ではありえなかった。人間の間におかれた一種の動物にほかならなかった。それは自己を相手に通じさせるためには、わめいたり、あばれたりするほかはなかったのである。[1, p30]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 そこに家庭教師のアン・サリバン女史がやってきて、手のひらに指で文字を書くことを教える。だんだん言葉が分かるようになり、サリバン女史と言葉が交わせるようになると、性格も穏やかになっていった。

 人間は言葉を通じて、他者とつながる。そのつながりの中で、人間として成長していく。桑原先生のクラスに不良じみた生徒がいた。両親はなく、親戚に厄介になっている。おもてだって、あまり口をきかず、かげではたえず人をいじめたりしている。

__________
 人間的な愛情に飢えているということは、ことばにうえているということである。・・・

 ぼくはこういう子供に、しいて言葉をかけるように心がけた。教室でも何か簡単な質問をしては、なるべく口を開かせ、教室の仲間入りをさせようとした。
ぼくのいうことをきかないで、わきのものに何かコソコソいたずらなどしているのをみつけると、「ぼくはお前がきいていないと張り合いがないよ、ぼくをがっかりさせないように、よくきいてくれよ」なんてこともいった。むろんぼくは、ぼくのこの心くばりを過大評価するつもりはないが、その子供をいくらかすなおな子供にしたことは信じている。[1, p31]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■5.「生きた人間関係のなかに」

__________
 国語の時間には、つねに話し合いが行われなければならない。人間的な話し合いの行われるのは、国語の時間をおいて他にはもとめられないものなのである。[1, p33]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 たとえば、国語の時間に、なにかの論文を読む、という時でも、「人間的な話し合い」の中で行われなければならない。

__________
 ある論文をよむ――よむというのは間接に人の話をきくということである。きいたら、ききっばなしのこともあろうが、多くの場合はそれに対して何かもっとききたいこともあろうし、自分からきいてもらいたいこともある。

 ところが、相手の人はそこにいない。一方的にきかせられるだけである。そこで教師がその人の代役をつとめたらよい。教師はその論文の筆者になりかわって、みんなの質問にこたえ、その意見をきく、ここで会話が行われる。そうすれば、この一つの論文は生きた人間関係のなかにおかれたものとなる。[1, p31]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「桑原先生は、いつも人間という生きた対象−生徒達も含めて−に素直に近づこうとされるようでした」「先生は生徒との一体感をとても大切にしていました」という姿勢は、このように授業を「生きた人間関係」の中で行おう、という考えからきたものであった。


■6.国語の授業で、文学作品を取り上げる理由

__________
 人間教育ということは、国語教育のになう重要な役割であるとすれば、文学作品はそのもっとも適当な教材である。多くはのぞむ必要はない。一つの作品、一人の作家を、ほんとうによく知りそれと親しむこと、それだけでもいいことである。[1, p21]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ここで、国語の授業で文学作品を取り上げる理由が明かされる。文学作品をとりあげるのは、文学を学ぶためでなく、文学を通じて人間教育を行うためなのだ。文学そのものを学ぶのではないから、文学作品を広範に渉猟したり、文学史を系統的に学んだりする必要はない。

__________
 ぼくは中学の教師をしていたとき、教科書に中勘助氏の『銀のさじ』の一部分がのっていたのを機会に岩波文庫を生徒全員に買ってもらって全部をよみとおしたことがある。・・・

・・・生徒も大変よろこんでくれたようである。とにかく全部よんだ上で、何かわからないところ、問題となるところを質問させると、みんなどんどんといろいろきいてくるのである。[1, p20]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

『世界が称賛する 日本の教育』[a]では、灘校の「伝説の国語教師」橋本武氏が中勘助の名作『銀の匙(さじ)』を中学3年間かけて読み通すという授業を行って、大きな教育効果をあげている事例を紹介した。

 橋本武氏と桑原先生はほぼ同時代に、よく似た国語教育を実践していたのである。東京の中学教師と神戸の中学教師とでは、互いの事も知らなかったろう。しかし、真剣に「国語教師たるの道」を求め続けた結果、両者は似たような国語教育の方法に行き着いた、という事だろう。


■7.「青年と共に考える」

 この方法では、生徒たちがまずは自分で、一人の作者なり、一個の文学作品に取り組んでいく、という姿勢が不可欠だ。

__________
・・・僕は、その(JOG注:徒然草の)一段(本で一頁か二頁くらい)を一時間位にらみつけて、自分の力でどの位正確に、どの位深く読みとることができるかためしてみる、そんな勉強をおすすめしたいのです。
そしてその後で参考書をよめば「なるほどそうか」とうなずくところがあるものです。自分にわからないところがわかる、ということが大切で、それなしに片っ端に参考書を見て全部わかったつもりでいる、ということが困るのです。[1, p92]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 これを桑原先生は、相撲の稽古にたとえて、こう説明している。

__________
 相撲の稽古は自分よりも強い相手の胸をかりて、叩きつけられ、叩きつけられするということでなければ、稽古ではないでしょう。それと同じで参考書の力を借りて、いつも簡単に相手を負かしたつもりでいたのでは、自分の力は分らないし、いつまでたっても力はつきません。自分で相手にぶつかっていくことです。

 教師や参考書はいわばコーチです。自分で努力したものにして始めてコーチの云うことがよく分って、自分のためになるのです。[1, p94]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 国語教師がコーチを務める高校生たちは自我のめざましい成長期にある。

__________
 われわれはシェイクスピアについては、しろうとであるかも知れない。しかし、彼の一つの作品が提出している問題−それが人間の、あるいは人生の根本問題であればあるほど、もはや専門家も素人もあるはずはない。その問題について、ちょうど人間、もしくは人生を考えはじめている青年と共に考える。ということは、実に当然、国語教師のしなくてはならない事柄である。[1, p59]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 この「青年と共に考える」ということこそ、国語教師にしかできない事柄である。そしてこれこそが、「国語教師たるの道」の究極の目標であろう。一人でも多くの国語教師にこういう道を目指していただきたい。それこそが「人作り」の正道である。
(文責 伊勢雅臣)

■リンク■

a. 伊勢雅臣『世界が称賛する 日本の教育』、育鵬社、H29
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4594077765/japanonthegl0-22/
アマゾン「日本論」カテゴリー 1位(H29/8/3調べ)、総合41位

__________
■『世界が称賛する 日本の教育』へのカスタマー・レビュー、32件、」5つ星のうち4.4

■★★★★★真の教育は日本にあった。青い鳥です。(はなぶささん)
 私は、自分の子育てにあまり自信がなく、近所に吉田松陰先生のような方がいてくださったらなあ、民の安寧を祈る御存在である天皇陛下を中心としてできあがった日本のあり方を学校で教えてくれたらなあ、など、気持ちは後ろ向きな私でした。

 が、この本を読んで、先人が時として命をかけて受け継いできてくれた尊い日本の教育は今でもあちこちで生きているということ、そして、自分にもささやかだが小さなことからできることのヒントを得ることができました。

 例えば、子供たちに自分で部屋の隅まで掃除をさせる忍耐力をつける。古人と共に生きるということ。レビューには書ききれないほどの事例があり、感動で目頭が何度も熱くなり、日本人として生まれてよかった、そしてそこで満足するのではなく、どのように社会で貢献していけるか、とても勇気を頂きました。

 先人の大事にしてきた教育、想いを受け継ぎ、子孫に残していくその大きな流れを改めて確認し、自分もその流れの中にいることを認識できました。何を目標に生きるのか、仕事をするのか、子供に教えるのか、人づくりというマニュアルがないものですが、でも核となるものを考えさせていただきました。

 教育者だけでなく、母親だけでなく、誰が読んでも社会の一員として人としてどう生きるべきかのヒントがちりばめられている、背筋がのびるおすすめの本です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 桑原暁一『“とっちゃん”先生の国語教室: 桑原暁一・遺稿から』★★★、国文研叢書 Kindle版
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B07L7RPSH8/japanonthegl0-22/




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
No.1093 人間教育としての国語教育 〜『“とっちゃん”先生の国語教室』から 国際派日本人養成講座/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる