国際派日本人養成講座

アクセスカウンタ

かっぱさんのBookmarkBar

zoom RSS 「たかがモノ? されどお焚き上げ」、『明日への選択』H3008

<<   作成日時 : 2018/11/05 16:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

・「お焚き上げ」とは、古くなった神棚や仏壇、人形などを神社寺院で焼くこと。思いを込めたものには心が宿ると考えられ、必要としない状況になったときには、「ありがとうございました」と御礼を捧げ、浄火することによって天上へ還す、という意味がある。

・はさみやメガネなども記念日に供養し、お焚き上げをする。ソニーのロボットアイボも110台揃って、供養された。

【伊勢雅臣】すべての物は「神の分け命」が宿るという日本的な生命観が窺われます。物を大切にする精神は、地球環境保全においても大事な働きをします。

・出典『明日への選択』、日本政策研究センター http://www.seisaku-center.net/monthly
・この記事は出版社の許可を得て、本文をPDFでご覧いただけます(マーカー等が引いてありますが)。お問い合わせは: https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=456544
・『明日への選択』の見本誌を無料でお送りしています。お申し込みは: https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=457831

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「たかがモノ? されどお焚き上げ」、『明日への選択』H3008 国際派日本人養成講座/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる