国際派日本人養成講座

アクセスカウンタ

かっぱさんのBookmarkBar

zoom RSS 「秦氏と世界とのつながり」田中英道、「日本の息吹」H3012

<<   作成日時 : 2018/11/27 08:13  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

・DNA鑑定では、地中海地方の血統も日本人の中に流れ込んでいることが明らかになっている。

・聖徳太子に近かった秦氏は、中央アジアの弓月国を通って、朝鮮半島から日本に入ってきたことが「日本書紀」に述べられている。ローマ帝国から追放されたユダヤ人は「イエフダー」と呼ばれており、それが「イヤハダ」となり、「イヤ」がとれて「ハダ」になったという説がある。

・埴輪には、帽子をかぶり、髭と美豆良(みずら、耳の横に垂らした髪)を持つユダヤ教徒そのものの像がいくつもある。

・大事なことは、彼らがゲットーを作らず、日本独自の文化に吸収されていったこと。

【伊勢雅臣】現代のユダヤ人そっくりの埴輪は衝撃でした。彼らを同化しつつ、行政や文化に活躍させたのは、日本文化のしなやかな強さでしょう。

・出典『日本の息吹』、日本会議 https://www.nipponkaigi.org/publication/details?id=229
・この記事は出版社の許可を得て、本文をPDFでご覧いただけます(マーカー等が引いてありますが)。お問い合わせは: https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=456544
・『日本の息吹』の見本誌を無料でお送りしています。お申し込みは: https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=457859

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「秦氏と世界とのつながり」田中英道、「日本の息吹」H3012 国際派日本人養成講座/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる