国際派日本人養成講座

アクセスカウンタ

かっぱさんのBookmarkBar

zoom RSS 「埴輪は何を表すか」田中英道、『日本の息吹』H3008

<<   作成日時 : 2018/11/27 07:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

・第11代垂仁天皇は殉死を止めさせ、かわりに埴輪を作らせた。埴輪は御霊の像だから、決して顔が個性的であったり、リアルな表情をしていてはいけない。これが埴輪があどけない姿をしている理由。

・天皇陵と考えられる前円後方墳の置かれた埴輪群は、多くの官僚達が見事な冠をかぶって居並んでいる。琴を弾く楽師、踊る舞人、巫女たち、こうした埴輪たちは、天皇の下の国家の形態を示すものであった。

【伊勢雅臣】戦後史学は、古墳が天皇陵であった事を否定するのに一生懸命でしたが、全国10数万の古墳が3世紀にもわたって作り続けられ、その最大の仁徳天皇陵の面積はピラミッドや秦の始皇帝陵より大きい、という事実を考えれば、3世紀末から6世紀末にかけての国家の平和と繁栄を疑うことはできません。崩御された天皇を偲んで、巨大な古墳と共に、多くの人々が膨大な数の埴輪を作ったのでしょう。

・出典『日本の息吹』、日本会議 https://www.nipponkaigi.org/publication/details?id=229
・この記事は出版社の許可を得て、本文をPDFでご覧いただけます(マーカー等が引いてありますが)。お問い合わせは: https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=456544
・『日本の息吹』の見本誌を無料でお送りしています。お申し込みは: https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=457859

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「埴輪は何を表すか」田中英道、『日本の息吹』H3008 国際派日本人養成講座/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる