国際派日本人養成講座

アクセスカウンタ

かっぱさんのBookmarkBar

zoom RSS 「元空将が語る防人のこころ 自衛隊の憲法明記はなぜ必要か」、『祖国と青年』H3004

<<   作成日時 : 2018/10/04 20:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

* イラク派遣の交代要員で家族も含めて壮行会をやるのですが、「しっかり任務を果たしてこい」「無事に帰ってこいよ」と送り出している最中に、ゲートの方から「自衛隊は憲法違反」「海外派兵反対」と言うシュプレヒコールが聞こえてるのです。これは本当に辛い。国の命令で危険な任務に赴くのに「憲法違反だ」と言われる。これは自衛官に対しあまりにも失礼です。

*子供が学校から帰ってきて「お父さん、自衛隊って違憲なの?」と言われると非常にショックを受けます。実際に教科書を見ると「自衛隊を違憲とする学説もある」という意味のことが書かれています。

*「国防」は最大の福祉です。「人権」や「人道」も国防なくしてありえません。チベットやウイグルの悲惨な状況みてください。

【伊勢雅臣】 国家のために命を捧げる覚悟をしている軍人に最高の敬意を捧げるのは、国際常識です。

画像


■出典
・『祖国と青年』、日本青年協議会 http://www.seikyou.org/sokokutoseinen.html
・この記事は出版社の許可を得て、本文をPDFでご覧いただけます(マーカー等が引いてありますが)。 お問い合わせは: https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=456544
・『祖国と青年』の見本誌を無料でお送りしています。 お申し込みは: https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=457863

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「元空将が語る防人のこころ 自衛隊の憲法明記はなぜ必要か」、『祖国と青年』H3004 国際派日本人養成講座/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる