国際派日本人養成講座

アクセスカウンタ

かっぱさんのBookmarkBar

zoom RSS 「米中関係の歴史的な激変」トシ・ヨシハラ、『正論』H30.11

<<   作成日時 : 2018/10/03 14:54   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

・トランプ政権が昨年12月に発表した国家安全保障戦略は、中国が軍事力や経済力でアメリカ主導のいまの国際秩序を壊し、米側の利益や価値観に反する新たな世界を作ろうとしている、という認識を明記。

・日本側は、今の中国が尖閣への攻勢んぼ現状に満足して、これ以上、過激なことはしないと考えている。しかし、中国側はもう六年も一貫してエスカレートしてきている。頻繁な侵入が常態化している。「もう日本側に施政権はない」と宣言するかも知れない。


・中国側は近海哨戒用の小型軍艦コルベットを1か月半に1隻という急ピッチで建造している。全世界的に見ても、第二次大戦以来の建造ペース。これは尖閣諸島に対してももちろん投入される。

・もっとも有効なのは水平的エスカレーション。中国が南シナ海での膨張を続けるならば、米側は台湾問題で中国に攻勢をかける。北朝鮮問題でも、中国内部の人権問題でも挑戦する。日本も「日本版台湾関係法」を作り、日米で中国が嫌がることをすべき。

・今年6月4日の天安門事件29周年に「中国共産党は事件の完全な公式説明をしなければならない」と言明。天安門事件をアメリカ政府として初めて机上にのせた。これまででは考えられない動き。

【伊勢雅臣】中国の「サラミ戦術」、それに対抗する「水平的エスカレーション」、こういう概念を、国民一般が共有すべきですね。

画像


■出典
・『正論』、産経新聞社 http://seiron-sankei.com/

■リンク
a. JOG(701) ある海上保安官の「報国」
 「一人の日本人が日本のために、当たり前のことをやるだけ」と一色正春・海上保安官は尖閣ビデオ公開を決意した。
http://blog.jog-net.jp/201106/article_1.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「米中関係の歴史的な激変」トシ・ヨシハラ、『正論』H30.11 国際派日本人養成講座/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる