国際派日本人養成講座

アクセスカウンタ

かっぱさんのBookmarkBar

zoom RSS 「憲法十七条を貫く人の本性へのご確信」星原大輔、『祖国と青年』H2910

<<   作成日時 : 2018/10/08 19:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

・大使は仏教研究を通して、人々に本来備わっている本性を知り、学びなどによって、誰でもが仏になれる可能性を秘めているというご確信を深められた。

・太子は現実社会における人間の行動や心の動きを深く洞察されるとともに、「共に是れ凡夫のみ」という確信から吐露された、わが国のあり方、日本人の大道を示した。

【伊勢雅臣】太子の仏教研究は、「すべてが神の分け命」と言う神道的な人間観を仏教哲学によって深められたものだと考えます。

・出典『祖国と青年』、日本青年協議会 http://www.seikyou.org/sokokutoseinen.html
・この記事は出版社の許可を得て、本文をPDFでご覧いただけます(マーカー等が引いてありますが)。お問い合わせは: https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=456544
・『祖国と青年』の見本誌を無料でお送りしています。お申し込みは: https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=457863

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「憲法十七条を貫く人の本性へのご確信」星原大輔、『祖国と青年』H2910 国際派日本人養成講座/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる