「細井平洲の目指したもの」立松彰、『致知』H30.7

・平洲が20歳で、長崎に遊学した際、母が重篤の報が来て、郷里・尾張に帰ろうとした際、長崎の医師が病気だった平洲を気遣って、はるばる尾張まで送り届けてくれた。また、帰郷の後、重病に陥った平洲が、長崎時代の友人に助けを求める手紙を送ったところ、大金を入れた箱が届いた。箱には「石」と書かれていて、返却しないで良いという心遣いだった。平洲がいかに長崎の人々に愛され、尊敬されていたかを示すエピソード。同時に当時の人々の人情の厚さも窺われる。

・平洲は後に江戸に出て、自ら塾を開いた。大学者を輩出する一方、庶民の教育にも力を入れた。儒教の教えで、一人でも多くの人の心を豊かにしたいと、両国橋の袂で辻講も行った。

・米沢に招かれ、名君上杉鷹山を育てた後、生まれ故郷に恩返しをしたいと尾張藩藩校の校長になる。そこでは武士だけでなく、農民も教育した。また、藩校に足を運べない人のために、藩内の各地域に足を運び、寺院などに人々を集めて講義をした。江戸期の庶民は学問への志も高かった。

画像


■リンク
a. JOG(144) 細井平洲~「人づくり」と「国づくり」
 ケネディ大統領が絶賛した上杉鷹山の「国づくり」は、細井平洲の「人づくり」の学問が生みだした


「明日への選択」日本政策研究センター

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック