国際派日本人養成講座

アクセスカウンタ

かっぱさんのBookmarkBar

zoom RSS 「野党はなぜ必要なのか」竹田恒泰、『正論』H29.12

<<   作成日時 : 2018/09/30 19:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

・野党は与党とは違った価値観や国家観を持っている場合もあるから、与党とは違った視点から議案の問題点を洗い出せる可能性を秘めている。「どうしたらこの法案がもっと良くなるか」という視点で検証し、謙虚に意見を述べたなら、与党からも「野党がいてくれたおかげでより良い法案になった」と感謝されるだろう。「提案型の野党」とはこのような態度のことをいう。

・このような健全な野党があれば民主主義は正しく機能するが、法案を全否定し、審議を拒否し、採決を遅らせることばかりに精を出す野党なら、存在価値はないといわねばならない。

【伊勢雅臣】こういう建設的な野党になるには、「反日」では無理です。与野党とも価値観と政策の違いはあっても、「国家国民のために」という姿勢が必要です。

画像


■出典
・『正論』、産経新聞社 http://seiron-sankei.com/


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「野党はなぜ必要なのか」竹田恒泰、『正論』H29.12 国際派日本人養成講座/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる