国際派日本人養成講座

アクセスカウンタ

かっぱさんのBookmarkBar

zoom RSS 「『与作は木を伐る』では林業は再生できない」安藤直人、『明日への選択』H30.6

<<   作成日時 : 2018/09/28 05:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

・林業を川上とすれば、川中の木材産業が製材し加工し、川下で建築、家具、什器などの形となって、ようやく一般社会で木材が利用される。そこで初めて山に生えていた木が生きる。いかに木材需要の拡大を図るかが、林業再生のポイント。

・木材輸出はここ数年で急拡大し、年間326億円の規模。たとえば、アメリカの家のフェンス用に使われてきたカナダのレッドシダーという非常に耐久性の高い杉材の資源量が減り、価格が高くなってきたので、その代替に日本の杉材が求められている。東南アジアでは使える木はほとんど使ってしまったので、今後の住宅建設に日本の木材が求められる。

・日本では公団の鉄筋コンクリート住宅や小中学校の鉄筋コンクリートの校舎が建て替えの時期。木材はきちんと乾燥すれば、鉄やコンクリートよりも遙かに軽くて強度が出る。犬山城の天守閣は5百年前に立てられた木造建築だが、今も健在。木造建築は耐震性も高い。断熱性も高く省エネに効果。木造にすれば、地元の大工さんも活用できる。ヨーロッパでは木を縦横に重ねた構造材による10階建てビルなどが爆発的に利用されている。

・林業を守ることは、国土を守り、水を守ること。

画像


■リンク
a. JOG(914) 「懐かしい未来」を開く里山資本主義
 里山の資源を有効活用すると「懐かしい未来」が見えてくる。

「明日への選択」日本政策研究センター

・『明日への選択』の見本誌を贈呈しています。日本政策研究センター宛て( contact_us@seisaku-center.net )に「国際派日本人養成講座を見て、見本誌希望」と記入の上、氏名、郵便番号、住所、電話番号をメールでお知らせください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
「『与作は木を伐る』では林業は再生できない」安藤直人、『明日への選択』H30.6 国際派日本人養成講座/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる