国際派日本人養成講座

アクセスカウンタ

かっぱさんのBookmarkBar

zoom RSS Wing(2780) 歴代天皇に学ばれる皇太子殿下(伊勢雅臣)

<<   作成日時 : 2018/05/13 10:23   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

■■■ JOG Wing ■■■ 国際派日本人の情報ファイル ■■■

歴代天皇に学ばれる皇太子殿下

伊勢雅臣
■■ 転送歓迎 ■■ No.2780 ■■ H30.05.18 ■■ 7,946部■■


「正論」平成30年5月号に掲載された三荻祥(みつおぎ・さき)さんの「皇太子殿下 三つの素顔」に、皇太子殿下が歴代天皇の実績を学ばていることが記されていた。該当する部分のみ引用させていただく。

__________
 殿下は、高校三年生の頃より、歴代天皇についての「ご進講」を受け始められた。これは今上陛下(当時の皇太子殿下)のご意向でもあった。
《たとえば日本の文化、歴史、とくに天皇に関する歴史は学校などでは学べないものです。それをこちらでやっていくことはしたい。
・・・「象徴学」は一つの言葉で表せないと思います。いろんな材料を与えて、それをいかに岨鴫していくかが大事です》

 翌年には、《天皇の歴史というものを、その事実というか、そういったものを知ることによって、自分自身の中に、皇族はどうあるべきかということが、次第に形作られてくるのではないかと期待しているわけです》と述べられた。つまり、歴代天皇のご事績を学べば、皇室とは何か、皇族としてどうあるべきか、といった皇室観が形作られていく、と今上陛下はお考えになり、殿下に歴代天皇についてのお勉強を始めさせられたのだ。

 こうしたご進講を積み重ねられた殿下は、昭和五十七年三月、大学ご卒業に際してのご会見の中で次のように述べられている。

《第九十二代の伏見天皇まで歴代の天皇のお話を伺ってきました。ですから歴代天皇全部のお話を伺ったのではないわけですけれども、そういうお話を伺っていて感じることは歴代の天皇が文化を大切にしてこられたということです》

 続けて、「これはこの次の機会にお話を伺うことになっている」と前置きした上で、次のように述べられた。

《(花園天皇が)その時の皇太子である量仁親王にあてて書を残したものが残っているんです。たいしをいましむるの書(誠太子書)とよばれているんですけれども、この中で花園天皇は、まず徳を積むことの必要性、その徳を積むためには学問をしなければならないということを説いておられるわけです。その言葉にも非常に深い感銘を覚えます》

 誠太子書とは千四百八十九字の漢文で書かれた皇太子への誠めの書だ。他に、祭祀の大切さについても説かれている。皇太子としての心定めを認められたこの普を「発見」した嬉しさからなのか、殿下は、まだご進識を受けていない次回の内容についてわざわざ触れられた。意欲的に歴代天皇についてのご進講をお受けになっていることがよく分かるお言葉だ。
また、「こういう天皇、それから皇室のことはこれからも勉強をして、今後の自分の糧として行きたい」とも述べられており、ご先祖である歴代天皇の声に耳を傾けながら、皇室の在り方や、ご自身の振舞いなどを見つめようとなさっていることが拝察される。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 天皇と皇室を理解するには、「論より証拠」、歴代天皇の御事績を辿って、自分自身の心で感じるのが最良の道であることは、国民にとっても同じだ。

 この考えから、拙著『日本人として知っておきたい 皇室の祈り』をまとめた。歴代の天皇がいかに国民の幸せを祈られてきたのか、ぜひ知って戴きたい。

__________
伊勢雅臣『日本人として知っておきたい 皇室の祈り』、育鵬社、H30
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4594079032/japanontheg01-22/
アマゾン「メディアと社会」「ジャーナリズム」カテゴリー 1位(H30/2/1調べ)
万民の幸せを願う皇室の祈りこそ、日本人の利他心の源泉。

■伊勢雅臣『世界が称賛する 日本の経営』に寄せられたアマゾン・カスタマー・レビュー 計33件、5つ星のうち4.6を

★★★★★ 祈りの意味(genkiさん)
 歳を重ね、読書を重ねるにつれ、「利他の心」がとても大切であり、日本人の良さの一つであることに気が付きました。ただそれは普段漠然と感じているだけでした。ところが本書を拝読し、その根源がどこにあるのか初めて理解することができました。今上陛下のお話に始まり、時代を遡っていくうちに、徐々に理解が深まっていきます。

 皇室の祈り・・・その意味を、教育現場でもっと教えるだけでなく、大人たちも知るべきだと思います。心が荒んでいても、そこに「救い」を感じる人が大勢いるのではないかと思います。私は日本に生まれたことを幸せに思います。

★★★★★ 日本人に生まれてよかった!(I am that I am.さん、殿堂入りベスト10レビュアー)

 本書を読んで改めて日本が君民一体の民族国家であることがよくわかりました。
 そして天皇・皇后の大御心が日本人だけでなく世界中の人々にまでいきわたり、祈りを捧げていることもよくわかりました。天皇・皇后にとって日本人だけでなく、世界中の人々が大御宝なんですね。このような君主は世界中のどこにも歴史上のどこでも日本以外には存在しないと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
Wing(2780) 歴代天皇に学ばれる皇太子殿下(伊勢雅臣) 国際派日本人養成講座/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる