国際派日本人養成講座

アクセスカウンタ

かっぱさんのBookmarkBar

zoom RSS アマゾン・レビュー投稿で、1冊プレゼント

<<   作成日時 : 2017/03/13 00:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「国際派日本人養成講座」の創刊20周年、1000号到達を記念して「アマゾン・レビュー投稿プレゼント」を実施します。

 書籍3部作の第2弾か第3弾に、アマゾンのカスタマー・レビューをお寄せいただいた方には、もれなくご希望の本を1冊進呈いたします。

 カスタマー・レビューを投稿された後、以下の頁から、お申し込みください。
 お申し込み=>  https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=358942 (レビュー投稿内容、希望の巻、送付先)


第1弾『世界が称賛する 日本人の知らない日本』
   http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4594074952/japanontheg01-22/
   (レビュー108件、5つ星評価で4.9)

第2弾『世界が称賛する 国際派日本人』
   http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4594075681/japanontheg01-22/
   (レビュー49件、5つ星評価で4.9)

第3弾『世界が称賛する 日本の経営』
   http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4594076858/japanontheg01-22/
   (レビュー27件、5つ星評価で4.9)

画像


 以下、私が情報収集で活用させていただいている書評メルマガ 1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』に、第一弾を紹介して戴いているので、ご参考までに転載させて戴きます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━
1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』1ヶ月30冊の情報をe-Mailで 4734冊目

★★★★★「世界が称賛する日本人が知らない日本」伊勢 雅臣♪


読書普及研究所 本のソムリエ
http://www.mag2.com/m/0000094236.html
━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━
<名言クイズ>

http://ameblo.jp/japantn/entry-12174781561.html
───────────────



・我が国は「『大御宝』と『一つ屋根』の理想を掲げて、
近代世界システムの植民地主義と●●差別主義に
戦いを挑んできた国民である」と
自分自身を語るべきだろう(p179)


<ヒント>「奴隷」ではありません。


▼「名言クイズ」の答えを読む
http://ameblo.jp/japantn/entry-12174781561.html






━━━━━━━━━━━━━━━
<本ナビ(4734冊目)>

http://1book.biz/2016/06/27/japan.html
───────────────



「世界が称賛する日本人が知らない日本」伊勢 雅臣、扶桑社
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4594074952/mag06-22/ref=nosim/
【私の評価】★★★★★(91点)


■私の愛読メルマガ
「Japan on the Globe−国際派日本人養成講座」
http://archives.mag2.com/0000000699/

が書籍になりました。


伊勢 雅臣さんは、海外子会社の社長を
歴任しています。


海外で仕事をして気づいたのは、
日本を語るためには、
日本を知らなくてはならない
ということです。


そして日本という国は、
特異でかつ素晴らしい
歴史と文化を持っているのです。


・「フィンランドと日本は隣国だ。
なぜなら間には一国しかない」・・
ロシアという膨張主義の大国から、
いかに国家の独立を守るか、ということが、
両国の近代史における
最大の政治的課題だった(p166)



■日本の常識は、世界の非常識。


日本では地震があれば、
皆で協力する。
海外で起きるのは暴動です。


国家の一大事になれば、
一体となって行動することが、
世界から見れば驚きなのです。


これが明治維新を可能とし、
富国強兵の元に日本を強くし、
外国の侵略から日本を守ったのでしょう。


・嘉永六(1853)年にアメリカの黒船に
脅かされて開国した極東の一島国が、
わずか八十年ほどの間に近代経済を発展させ、
大英帝国に匹敵するような豊かな国民生活を
実現したことは、まさに奇跡としか
言いようのない出来事だった(p150)



■国際社会は弱肉強食であり、
武力による戦いから、
経済による戦いが行われています。


憲法全文にあるような”信頼できる
平和を愛する諸国民”など
ほとんど存在しません。


そうした中で、
日本の歴史・文化をはっきりと伝え、
堂々と行動するのが
国際派日本人なのでしょう。


伊勢さん、
良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・私を支えてくれたのは・・
我が国の歴史伝統とそれを築き、
発展させてきた我が先人たちの生き様でした。
我が国には世界で称賛されている
文化と歴史があります(p4)


・国柄は非常の時に現れる・・・
東日本大震災の時に、
世界の人々は日本の被災者が救援物資を
貰うにもきちんと順番を守っている
光景に驚かされました(p64)


・自国語で大学教育までできる国は珍しい(p35)


・経済産業省の内部資料によると、
日本には世界シェア・トップの
中小企業が百社以上あるという(p73)


・日本の森林率68.5%は現代世界の奇跡・・・


▼続きを読む
http://1book.biz/2016/06/27/japan.html


「世界が称賛する日本人が知らない日本」伊勢 雅臣、扶桑社
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4594074952/mag06-22/ref=nosim/
【私の評価】★★★★★(91点)


■目次

第1章 あなたは自分の言葉で日本を語れますか?
第2章 クール・ジャパン──日本の何が凄いのかを知ろう
第3章 日本らしさとは何か──自分の中の“見えなかった根っこ"を見出そう
第4章 世界史の中の日本──歴史の荒波を乗り越えた先人の知力と胆力に学ぼう
第5章 THE GLOBE NOW──現代国際社会をどう生きればいいのか




<楽天ブックスで購入する>方はこちらから
http://tinyurl.com/rakutenbook



------------------------------
<私の評価:人生変える度>
★★★★★(お薦めです!ひざまずいて読むべし)
★★★★☆(買いましょう。素晴らしい本です)
★★★☆☆(社会人として読むべき一冊です)
★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかもしれません)
☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない本は掲載しません)
------------------------------

※注意書き※
よいことを書いている人が、よい人とは限らないのが世の常です。
本メルマガが紹介するのは「本の内容」であって、書籍の著者及び著者に
関係する団体とその活動を推薦するものではないことにご注意ください。




━━━━━━━━━━━━━━━
<読者の声>

http://1books.blog112.fc2.com/
───────────────



■読者からメッセージをいただきました・゜゜☆


毎朝の楽しみです。
ソムリエさんのメルマガに出会う前には、
小説か業務上必要な本しか読みませんでした。


ご紹介された本を読むうち世の中には
面白い本がたくさんあるものだな、
と感じています。



■本のソムリエより


メールありがとうございます。


いろいろな本がありますので、
自分に必要な本を読んでくださいね。



━━━━━━━━━━━━━━━
▼最近読んでよかった本 http://1book.biz/2016/05/
───────────────


1位「奇跡のみかん農園」谷井 康人
http://1book.biz/2016/05/19/-tanii-farm.html

1位「15歳で起業したぼくが社長になって学んだこと」正田 圭
http://1book.biz/2016/05/09/15-years-old-venture.html

3位「お金の真理」斎藤一人
http://1book.biz/2016/05/25/saito-hitori.html

4位「必ず、できる!元米国海軍ネイビーシールズ隊員
父が教えるビジネスと人生の8つの基本」オルデン・ミルズ
http://1book.biz/2016/05/16/be-unstoppable.html

5位「組織の掟」佐藤 優
http://1book.biz/2016/05/23/-satou-masaru.html




『まぐまぐメルマガ大賞2015』知識知恵・人生哲学 第2位
『まぐまぐメルマガ大賞2014』ニュース・情報源 第2位
━━━━━━━━━━━━━━━
1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで
【発 行 者 】 読書普及研究所 代表 本のソムリエ
【過去の書評 】 http://1book.biz/
【メルマガ登録】 http://www.1book-day.com/mailmag.htm
【ご 感 想 】 このメルマガに直接返信メールしてください。※
ご質問はFacebookページでも承ります。
【Facebookページ】 https://www.facebook.com/1bookday
───────────────

※頂いたメールは、予告なくメルマガ上で、
掲載させて頂く場合があります。
掲載不可の必要があれば件名に明記して下さい。




───────────────
お友達に「一日一冊」を推薦していただくと幸いです。
http://www.mag2.com/m/0000094236.html

☆☆ 最後までお読みいただき、ありがとうございました♪ ☆☆

Copyright c 2002-2016 All rights reserved.
このメルマガの紹介・転載を心から歓迎します。


独自配信を始めました。
クイズの答えが最後に書いてあるバージョンです。
お好きな方をお選びください。

↓ 登録はこちらから ↓
http://bookmag2.com/form_if.cgi?type=3&id=1book

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで
のバックナンバーはこちら
http://archives.mag2.com/0000094236/index.html?l=dwk0ce3306

◎1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで
の配信停止はこちら
http://www.mag2.com/m/0000094236.html?l=dwk0ce3306

====================
Mail: ise.masaomi@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/#!/ise_masaomi
Facebook: Masaomi Ise
Facebook page: https://www.facebook.com/jog.page/
姉妹誌「国際派日本人のための情報ファイル」JOG Wing
http://blog.jog-net.jp/
購読解除:
・タイトルが「JOG-Mag No.xxx」または「JOG-mel No.xxx」の場合:
 => http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/quit_jog.htm
・タイトルが「JOG(xxx)の場合:
 => http://1lejend.com/stepmail/dela.php?no=xxhsvm&a_mail=###mail###
====================

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
アマゾン・レビュー投稿で、1冊プレゼント 国際派日本人養成講座/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる