JOG Tweet 中国(6) 世界を駆ける中国外交


皇帝と「蛮夷」の中国外交/アフリカで嫌われる中国/世界のあちこちでいざこざ/南洋進出をもくろむが


■皇帝と「蛮夷」の中国外交

中国と韓国の対外行動は、歴史的な「華夷秩序」に基づいており、各国家を平等と見なす現代世界の「国際法秩序」とは異なる世界観。安倍首相の主張する国際法による「法の支配」は、前近代的な中韓の世界観への批判。明日への選択26.8岡田邦宏 2015年02月18日(水)

中国の外国元首の訪中に対する大げさな歓迎や贈答は「朝貢制度の残り」。相手国からの物品の大量購入は朝貢制度の下賜品にあたる。朝貢制度には飼い慣らされた「蛮夷」と皇帝の二者しか登場しない。この「不平等な二者間主義」も中国外交の特色。明日への選択26.8岡田邦宏 2015年02月18日(水)

中国共産党は年間2兆円を海外広報に使い、韓国もアジア歴史財団に慰安婦を含めた歴史問題の情報発信の予算が年間数十億円ある。日本は情報発信をカウンターインテリジェンスとして捉え、情報発信機関を早急に設置すべき。日本の息吹2507西村幸祐 2015年03月03日(火)


■アフリカで嫌われる中国

アフリカに進出している中国企業は2千社(日本560社)、貿易総額1985億ドル(日本273億ドル)、投資総額25.2億ドル(日本1.16億ドル)、在留国民82万人(日本約8千人)。その差は桁違い。WiLL26.2饗庭直道 2014年12月26日(金)

帰路、車に乗り込もうとすると警備兵が「あんた、中国人じゃないんだってな。中国人は人をモノみたいに扱って搾取するから大嫌いなんだ」街や村でも「中国人は嘘つき。すぐに騙す」「中国製品はすぐ壊れる」「中国人は唯物的で尊敬できない」WiLL26.2饗庭直道 2014年12月26日(金)

ウガンダ内務省ババ大臣「もし仮に、中国のような迅速さと手続きの簡素化が前提ということならば、断然、日本と取引したい。日本人の仕事の手堅さと責任感は信用できるからだ」WiLL26.2饗庭直道 2014年12月26日(金)

ウガンダ経団連アラム会長「本当はもっと日本人に来て欲しい。来るのは中国人とインド人ばかりだ。でも、日本人は勤勉だと聞いている。豊かになる仕組みや技術の向上について、教育して欲しい。」WiLL26.2饗庭直道 2014年12月26日(金)

ウガンダ外務省ビクター氏「日本人はとても穏やかで、地元民を尊重してくれます。でも、中国人は我々のボスのように振る舞います。中国人には魅力を感じませんが、日本人には文化性を感じます。日本といえば自動車だけで、本来の高度な精神性が知られていないのは残念です」WiLL26.2饗庭直道 2014年12月26日(金)

画像


■世界のあちこちでいざこざ

中国に[NO]を突きつけたスリランカ大統領選挙 親中派のラジャパクサ大統領を破ったシリセナは反中、親日、親インド派「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」前政権の中国寄り外交とただれた利権関係 を批判http://melma.com/backnumber_4526_6149551/… 2015年01月10日(土)

【「まさか、こんな“理屈”をつけてくるとは…」と メキシコ高速鉄道まさかの“脱線” メンツつぶされ中国激怒、補償金要求(SankeiBiz編集部)http://www.sankeibiz.jp/macro/news/15028/mcb1502281707001-n1.htm… #news #中国 #鉄道 2015年02月28日(土) SankeiBiz@SankeiBiz_jp


■南洋進出をもくろむが

中国の水面下のパラオ侵攻はすでに始まっており、中国資本のホテルが建設中であるほか、南端のアンガウル島の観光開発をエサに島の買収をもくろんでいるという情報もある。首都には韓国人団体によって韓国人の強制労働や慰安婦の犠牲を訴える反日記念碑も建っている。Voice27.5井上和彦 2015年06月05日(金)

アメリカンがパラオを重視するのは、この国が中国の太平洋進出目標とする「第二列島線」の南端に位置し、日本列島とオーストラリアを結ぶ線上にある戦略の要衝だからである。加えてパラオは、台湾と外交関係を樹立しており中国とは国交を結んでいない。Voice27.5井上和彦 2015年06月05日(金)

パラオは台湾と国交は1999年に樹立、ずっと凄く仲良くしてるよ!台湾政府は12億ドルをパラオに援助、首都を築いた。パラオの医療が不足で、台湾側は医者を派遣し、重大な疾病は台湾へ運ぶですよ!台湾の人道立国精神、中国が勝てれないよ!#台湾 https://pic.twitter.com/ycWXgxdXON 2015年04月12日(日) ☆Chris*台湾人☆@bluesayuri

この記事へのトラックバック