国際派日本人養成講座

アクセスカウンタ

かっぱさんのBookmarkBar

zoom RSS JOG Tweet 自衛隊 (6) 対中防衛

<<   作成日時 : 2014/12/14 23:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


■離島防衛

「最前線で大きな一歩」陸自の沿岸監視部隊、起工式 与那国町漁協 組合長に聞く -「平成8年に中国が台湾へ圧力をかけるために撃った弾道ミサイルは与那国沖合にも飛び、水柱が見えるほど近くにいた。中国が事を起こせば与那国は最前線だ」http://on-msn.com/1loiymD
2014年04月20日(日)

6月17日、米サンディエゴ沖で実施した日米共同の離島上陸訓練。陸海空の自衛隊が初めてそろって参加。オスプレイから飛び出した約80人の米海兵隊とヘリで合流した陸自約60名が敵に奪われたという想定の空港施設を奪い返した。オスプレイが海自護衛艦「ひゅうが」から発着。日経130619
2013年08月24日(土)

中国が南沙に3千人の兵士を動員して、10日午前から「常態化した巡回航行による漁業保護」に着手したそうです。尖閣でも日本政府が毅然とした対応をしないと同じような事が起こります。中国は日本政府が自衛隊を動かす決心をしないように少しずつ出てくるので、大人の対応、冷静な対応では駄目です。
2013年03月17日(日) 佐藤正久@SatoMasahisa

沖縄県の無人島で陸上自衛隊・米海兵隊共同で離島「奪還」訓練が行われる計画が野田政権の判断で中止。キャンベル米国務次官補が外務省幹部に、「理解しかねる」と強い不快感。配慮を示せば、相手も分かってくれるというナイーブさは外交音痴そのもの。 http://t.co/kccEjmJf
2012年11月20日(火)


■中国軍機、自衛隊機に異常接近

画像


AKBが台湾の新聞でも1面になったと報道する日本メディアの愚かさに呆れます。シナ空軍機の自衛隊機への異常接近の記事は、日本より台湾で大きく報道されている。一体、どちらが日本なのでしょうか? https://pic.twitter.com/6KT5ardbWO
2014年05月27日(火) 西村幸祐@kohyu1952

中国軍機異常接近の一件に関する沖縄タイムズの社説。中国軍の暴挙を批判するところか、むしろ「自衛隊機が中国とロシア海軍の合同軍事演習を監視していたのは事実だ」と言って、まるで非が日本側にあるのかのような言い方する。最低の人間たちが作るこの屑新聞は完全に中国共産党の手先となっている。
2014年05月27日(火) 石平太郎@liyonyon

あまりに危険過ぎる行為。解放軍の行動を追認せざるを得ない中国外交部に同情するレベル。
中国機が自衛隊機に異常接近「最短で約30メートル」
http://www.sanspo.com/smp/geino/news20140525/tro14052505000001-s.htmlhttps://pic.twitter.com/aZqnk1UA08
2014年05月27日(火) ト★ヨ@T0Y0104


■防空識別権設定

中国が防空識別圏を設定したとの報を受けても通常の手続きに従って緊急発進した空自のパイロットや現場指揮官の勇気は称賛に値する。それを見た米軍はB52爆撃機を飛行させ、中国が宣言した防空識別圏は八方破れの陣となった。「軍事ジャーナルhttp://melma.com/backnumber_19075_5936744/
2013年11月28日(木)

【主張】防空識別圏 中国は挑発の責任負うか - 空自機が中国機にスクランブルした回数は、今年7〜9月の3カ月だけでも80回にのぼる。http://on-msn.com/1jwWd4g >中国得意のサラミ戦略、1ミリずつ侵略。こちらも根負けせずにやるしかない。
2013年11月24日(日)


■レーザー照射

中国側のレーダー照射に、安倍首相「今回の事案で中国はあきらかに一線を越えた。自衛隊の冷静な対応を保つ一方、この機会を逆手に、非は中国側にあると世界に粛々と訴えればよい」<これぞ外交(日経ビジネス,H25.2.18,P9)
2013年06月02日(日)


■中国の自衛隊批判

海上自衛隊の護衛艦「いずも」は日本軍国主義化の証拠という中国。「いずも」は「上海事変」の際に派遣された日本帝国海軍第三艦隊の旗艦の名。進水式の8月6日は広島への原爆投下の恨み。WEDGE Infinity http://bit.ly/17HRKa4 >やくざの因縁つけのレベル!
2013年09月06日(金)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
JOG Tweet 自衛隊 (6) 対中防衛 国際派日本人養成講座/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる