国際派日本人養成講座

アクセスカウンタ

かっぱさんのBookmarkBar

help RSS No.767 恩を仇で返す国、中国

<<   作成日時 : 2012/09/30 02:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 1

「34年間も片田舎で中国人のために医療宣教師として務めました。62の今になって気づきました。『人生無駄にしたなあ』と。」

■転送歓迎■ H24.09.30 ■ 40,313 Copies ■ 3,593,399Views■


■1.販売店の残骸を指さして腹を抱えるように大笑い

 中国・青島における反日暴動の被害状況が「記者が訪ね歩いた反日暴動、憎悪と恐れの傷跡」としてレポートされている。[1]

__________
・・・ホンダ系列の販売店は、すでに四方を覆いに囲まれていた。覗き込むと、窓ガラスはほぼすべて割られ、建物の中は鉄骨がねじ曲がり、焼け焦げたものが四散している。・・・

(日産自動車系列の)販売店内に展示されていたと思われるクルマが、十数台、無残な姿を晒していた。ほぼすべてガラスは割られており、中にはボディが滅茶苦茶に凹まされているものもある。・・・

 と、大きな笑い声がしたので振り返ると、破壊された自動車販売店の目の前の路上にクルマが停車していた。おそらく20代前半の男性数人が乗っており、販売店の残骸を指さして腹を抱えるように大笑いしている。

 だが、彼らが指さして笑う被害者は、日本企業の系列とはいえ、オーナーも従業員も中国人の純然たる中国企業だ。中国人が、破壊された店舗で途方に暮れている中国人を笑っている。その事実に彼らは気づいているのか。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 そもそも、いくらある外国が憎いからと言って、こんな野蛮な焼き討ち、暴動が許される国は異常である。

 しかも、このレポーターが書いているように、被害店のオーナーも従業員も中国人である。さらにホンダと言い、日産といい、すでに大規模の現地生産をしているので、同じ中国人の作った車だろう。日本に損害を与えるためには、同胞にいくら迷惑をかけても構わず、大笑いまでする感覚は、日本人のみならず、文明国の人間には理解不能だろう。


■2.「恩を仇で返す」行為

 今回の中国における反日暴動では、パナソニックも被害に遭い、「『井戸掘った企業』も標的 松下幸之助氏への恩忘れ」と報道されている。[2]

__________
 パナソニックと中国の関係は、松下電器産業時代の1978年10月、大阪府茨木市の工場で、創業者の松下幸之助氏が、中国の近代化路線を進めるトウ小平氏(当時副首相)を迎えたときから始まった。

 電子工業分野の近代化を重視していたトウ氏が、「教えを請う姿勢で参りました」と切り出したのに対し、松下氏は「何であれ、全力で支援するつもりです」と全面的なバックアップを約束した。

 松下氏は、改革・開放路線の黎明(れいめい)期に日中経済協力に踏み出した功績で、中国では「井戸を掘った人」としてたたえられてきた。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 そんなパナソニックですら、反日暴動の標的にされた事実は、まさに「恩を仇で返す」行為である。しかし、中国ではこれと同じ事が何度も繰り返されてきた。

 1930年代のアメリカで、キリスト教宣教師たちが中心となって貧しい中国を救おうと、官民あげての支援をしてきたのだが、その宣教師たちが虐待、虐殺されたり、彼等の建てた学校が焼き討ちや略奪にあっている。

__________
 私の知るところでは、1927年国民党が政権を握り、裏で排外政策を採って以来、略奪、放火などの暴力事件を含む学生暴動が起きないアメリカン・ミッションスクールは一つとしてない。国民党政権になった年、東部だけでも108校あったミッションスクールのうち、45校が数年間閉校となった。[3,p167]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 こう記すのは、1931年からアメリカの副領事として上海、その後、福建省福州で勤めたラルフ・タウンゼントである。彼が1933年に出版した『暗黒大陸中国の真実』には、彼が直接、見聞し、あるいは副領事として巻き込まれた事件が数多く、記されている。


■3.虐殺された高齢の女宣教師

 同書には、カトリック系の宣教師に限った被害統計が引用されている。それによると、1912年から1932年までの約20年間で320人の宣教師が「逮捕」され、47人が殺害されている。「逮捕」とは身代金目当ての誘拐であるが、それでは聞こえが悪いから、中国側の「愛国運動」の一環として「逮捕」されたことになっている。

 福州での一例をタウンゼントはこう紹介している。

__________
 福州を流れる川の上流でのこと。高齢のイギリス人女宣教師が二人、追い剥ぎに捕まり「裁判され」、「帝国主義者」にされ、「残虐なる死刑」に処せられた。

生涯を聖職者として現地住民のために捧げた二人を待っていたのは、体中を切り刻まれ、長時間悶え苦しみ殺されるという無残な最期であった。当然ながら、中国国民党「政府」は何もしなかった。政策の一環であるから、助けるわけがない。[3,p171]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 山中の盗賊に、外国人宣教師が襲われる、ということは、どこでもあることかも知れない。しかし、金目のものを持っていない老女二人をわざわざ「残虐な処刑」にするのは、悪魔の所行である。

 また老宣教師二人から長年の恩を受けた住民も、せめて顕彰碑を建てるぐらいの事はあっても、しかるべきだろう。

 台湾では日本統治が始まった翌年の明治29(1896)年正月、台湾の近代化を目指して設立された最初の小学校に赴任した6人の日本人教員が抗日ゲリラに襲われて殺害されるという事件が起こったが、その犠牲者を祀る「六士先生之墓」が建立されている。これが心ある国民の態度であろう。[a]


■4.略奪を奨励する政府

 中国における外国人に対する暴動の特徴は、政府が外国人を守るどころか、外交政策の一環として、陰で操っているという点である。タウンゼントはこう書く。

__________
 中国中央政府に盗賊団や学生放火魔を取り締まるよう要請しても期待できない。しかし、「アメリカ資産に手を出すな」とお触れを出させるくらいのことを要求する権利はある。

しかし保護するどころか、過激排外学生におもねり、略奪を奨励する政府である。略奪行為の多くを私はじかに知っているのであるが、これに荷担した政府役人でも何のお咎めもなし。

 全在中国領事館を調査したら、1927年に国民党が政権を握ってからの略奪事件だけでも数千件にも上ると思われる。[3,p286]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「略奪を奨励する政府」とは、この時期の国民党政府に限らない。現在の共産党政府もそうだし、また1900年に起こった義和団事件での清国政府もそうであった。

__________
 この事件で宣教師はじめ外国人追放運動に可能な限りに軍事援助をしたのがあの西太后である。いつもながらそのやり口が汚い。義和団が不穏な動きを見せていたが、政府は宣教活動の「守護神」として理解を示していた。

そして義和団が無防備の宣教師を虐殺し、「できる」と見ると「君子豹変」した。数百の宣教師が殺害された。宣教師だけではない。「信者」のレッテルを貼られて虐殺された中国人は4桁にもなる。[3,p173]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 清国政府、国民党政府、共産党政府と三代の政府のいずれもが、同様に暴動を後押ししている以上、それは中国の政治文化の本質と言うべきだろう。

 ちなみに、この義和団事件では、清国政府は外国人を守るどころか、その虐殺に理解を示したので、欧米諸国と日本は結束して、自国民保護のために出兵した。日本は地理的に近いことから、欧米諸国の要請を受けて最大の兵力を送った。

 この時、北京の公使館地区では欧米10カ国と日本の駐在武官たちによる自衛団が結成され、2ヶ月間、侵入しようとする暴徒と清国兵から、大使館員とその家族、周辺の住民を守り通した。その中心となって奮戦したのが、柴五郎中佐率いる日本将兵たちで、柴中佐には、欧米各国からの勲章授与が相次いだ。

 事件後、外国人の安全を守れない清国政府は、日本が自国民を守るための軍隊を清国内に駐留させる事を受け入れた。支那事変の発端となった盧溝橋事件で、日本軍が北京周辺にいたのは、侵略ではなく、あくまで自国民の保護のための権利であった。


■5.ミッションスクールを襲う学生や教職員

 アメリカのミッション・スクールを襲うのは、キリスト教に触れたことのない暴徒だけではない。自らの慈善活動で育てた学生たちからも襲われたのである。

__________
 代表例を挙げよう。慈善団体が援助する学校で、外人教師は交代して夜中に教室と宿舎の見回りをしている。「中国人学生の放火から校舎を守るため」である。

中国人学生とは何者か。宣教師が救ってやった者ではないか。奴隷同然の境遇から救い、将来のため教育を受けさせ、高い寮にまで入れた子ではないか。こういう子が夜の夜中に寮を抜け出し、自分が学ぶ寮や教室に火を放ち、「くたばれ、帝国主義のヤンキー野郎」と叫ぶのである。イギリス人も同じ扱いをされている。福州では去年、貴重な校舎を3ヶ月で三つも失った。[3,p166]

汕頭では学生と中国人教職員が混乱に乗じて校舎を占拠し外国人職員を追い出した。普段は愛嬌を振りまく中国人が、好機到来とみるや豹変する一例である。[3,p167]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■6.中国人学校の平和的侵略

 ミッションスクールは中国人の「平和的侵略」にも悩まされた。以下は、タウンゼント自らが巻き込まれた事件である。[3,p99]

 福清近くのミッションスクールが校舎の近くに空き地を持っていた。近くの中国人学校の偉い人たちが何人かで来校してこう言った。「お宅はあの空き地をお使いになられていないご様子ですが、お宅が使うまで当方に貸してもらえないでしょうか?」

 ミッションスクールの校長は「必要となったら、無条件でいつでも返す」という条件で、同意した。ところが中国人学校の方は、空き地を校庭として使い始めると、周りに塀を建て始めた。

 ミッションスクールの校長は、直ちに抗議したが何の効果も無く、中国人学校の学生から石を投げかけられる始末である。地元の警察に頼んでも何もしてくれない。

 中国人学校は塀を完成させ、堂々とその所有権を主張した。ミッションスクールは福州のアメリカ領事にこの件を訴え、領事はアメリカ政府と連絡して、福建政府に強硬な要望書を出した。

 何週間も経ってから、責任者から「塀を直ちに撤去する」旨の通達があった。しかし、その後も一向に撤去されない。「いつ撤去するのか」と問い合わせると、「即刻」と返事が来る。より強硬な要望書を何度か出すと、今度は「塀はすでに撤去され、完全復元済み」と連絡が来た。ところが現地に出向いて見ると、塀はまったくの手つかず。

 こうしたやりとりを一年近く続けた上で、ようやく塀は本当に撤去された。ところが、塀を取り壊すとき、彼らはこっそり礎石を2、3個残しておいた。ミッション側がこの礎石の上に建物を建てたら「石を返せ。弁償しろ」と無理難題を吹っかけようというのである。しかし、以前、同じ事があったので、その手は通じなかった。

 こんな些細な事件でも、解決までに数ヶ月から数年かかる。当該領事は疲労困憊して、病気を理由に福州を去った。「優秀でありながら、中国人に振り回され、半狂乱になった人の数は枚挙に暇がない」とタウンゼントは記している。


■7.「人生無駄にしたなあ」

 さて、こういう虐殺、暴動、放火、詐欺に悩まされながら、布教を続けたキリスト教宣教師たちは、成果を上げることができたのだろうか。ある老齢の女性医療宣教師が、次のように語った言葉が引用されている。

__________
 62歳になって帰国するんです。希望が持てなくなってね。34年間も片田舎で中国人のために医療宣教師として務めました。義和団事件の頃だって病院を離れなかったわ。・・・

62の今になって気づきました。「人生無駄にしたなあ」と。・・・ここでは何をしても無意味で、感謝もされないのです。本当に残念ですね。でもこれからは違うわ。アメリカに帰ったら若者に「宣教師として中国に行くなんて狂気の沙汰よ」と、命ある限り訴えようと思っています。[3,p169]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 タウンゼントは、このおよそ80年前に出版された本で、未来をこう予想していた。

__________
 中国人の誰もが舶来の高級服を着て、高級外車に乗れる時代になったとしても、ずる賢く言い逃れをし、頑固で嘘をつく性格が変わるとは思えない。[3,p90]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 まさしく中国人が高級服を着て、高級外車に乗れる時代となったが、今回の反日暴動を見れば、タウンゼントの予言は見事に当たった事が分かる。歴史は鏡である。歴史を見れば、中国の本質はすぐに見透かせる。

(文責:伊勢雅臣)

■リンク■

a. JOG(225) 仰げば尊し〜伊沢修二と台湾教育の創始者たち
 新領土・台湾では教育こそ最優先にすべきだと、我が身を省みずに尽くした先人たち。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h14/jog225.html

b. JOG(222) コロネル・シバ〜1900年北京での多国籍軍司令官
 義和団に襲われた公使館区域を守る多国籍軍の中心となった柴五郎中佐と日本軍将兵の奮戦。
http://www2s.biglobe.ne.jp/%257Enippon/jogbd_h14/jog222.html

c. JOG(668) 「日貨排斥」の歴史は繰り返す
 貿易を通じた中国の嫌がらせに、戦前の日本人も憤激していた。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h22/jog668.html

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 「記者が訪ね歩いた反日暴動、憎悪と恐れの傷跡 中国・青島、反日デモ被害状況ルポルタージュ」、日経ビジネスOnline、H24.09.27
http://nkbp.jp/SKUOy7

2. 「『井戸掘った企業』も標的 松下幸之助氏への恩忘れ」、MSN産経ニュース、H24.09.19
http://on-msn.com/UmFtTu

3. ラルフ・タウンゼント『暗黒大陸中国の真実』★★、芙蓉書房出版、H19
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4829504072/japanontheg01-22/


■「恩を仇で返す国、中国」に寄せられたおたより

■Kazさんより

 私と中国人との初めての接点は、21年前の米国留学に始まります。

 当時、私の学ぶアメリカの理系大学院には100名を越える大陸中国人が留学していました。私の所属する研究室にも、2名の中国人がいました。

 生まれて初めて接する中国人でしたが、生活習慣の違いで困ることの多い学生生活、同じ英語下手の留学生、そして同じ文字を共有する東アジア人ということで、何かにつけて助けてくれました。

 大学院生としての授業の受け方、宿題、レポートの重要性、実験の進め方を親身になって教えてくれました。時には食事に招待してもらい、美味しい中華料理をご馳走になりました。

 日中戦争についても何度も議論したことがありますが、彼らは総じて日本に対して寛容で、昔は昔、今は今、これからはお互い協力して発展してゆこう、という考えを持つ人が多かったように思います。

 レポート締切の目前に迫る中、日中共同戦線を張って打ち勝とう、ということで、徹夜してレポートを分担して作成したこと、今でも懐かしく思い出します。

 そんな彼らの大部分が、天安門事件に対するブッシュ政権の対中報復措置のひとつとして行われた、大陸中国人留学生へのビザ無期限無条件延長策により、大学卒業後、アメリカに職を得られることとなったのです。

 アメリカは優秀で勤勉な彼らの能力を生かせる場を提供することにより、中国に圧力をかけたのですね。多くの大陸中国人が彼らの専門性を生かせるアメリカの大学や研究所に職を得たのです。

 友人の中国人がそっと耳打ちしてくれました。

「天安門事件は我々にとって大変な事件で今でも心を痛めているが、しかし、その反面、心の中では感謝している中国人も多いことを知っているかい?なにしろ、アメリカに、自動的に無期限滞在できるようになったのだから」

 彼はこうも言いました。

「中国に帰っても、私の科学者としての能力を発揮できる職場への就職はまず無理だろう。politicsの苦手な私のような人間には極めて過酷な国なのだ」

「もし君が中国で物作りをしようと考えるなら、私は、それだけは絶対に止めた方がいい、と断言できる。なぜかって?そりゃ、君、中国人は技術を勝手に盗むからだ。これは中国人の本質だ。気をつけたまえ」

 文化大革命末期に青春時代を過ごした彼。彼はそれについては多くを語りませんでしたが、18,9歳の頃は農村に下放され、豚を飼育していたそうです。

「豚はかわいいよ。餌をくれる人にすぐなついてくれる。それに比べてあの毛沢東という男の残忍なこと。私は、青春の貴重な日々を無駄に過ごさねばならなかった。もう取り返すことはできない。今、ここに留学できてほんとうにうれしい。生活は大変だけど、一生懸命勉強するんだ」

 私個人として知る中国人と、今、映像で見る中国人とのギャップの大きさに釈然としないものがあります。

■編集長・伊勢雅臣より

 個々の中国人と、現在の中国共産党政府は分けて考えなければなりません。望むらくは、これらの立派な中国人が政権をとって欲しいものです。


■豊さんより

 尖閣諸島問題を巡って日中の対立は長引きそうだ。中国は経済面で日本に圧力を掛けて来ており、日本製品の税関検査の厳密化から始まりレアアースの輸出規制、さらには日本企業への有形無形の圧力が掛ることになるだろう。

 いずれ日本の経済界が悲鳴を上げるような事態になりそうだ。その結果、中国の圧力に屈してなし崩しに尖閣諸島は中国の支配下に入り、日本は重大な失策を犯す事になる。

 資本主義経済では利益を出す事が最優先であり、中国市場を失う事は経営者として坐視し得ない。しかし日本古来の商人道は必ずしもそうは考えない。利益より大切なものがあり、儲かりさえすれば何でもすると言うやり方を卑しむ。わが国の企業経営者にどの程度商人道に通じた人がいるか問われる事態になりそうだ。

 バブル崩壊後企業は生き残る為として従来の経営手法特に年功序列をベースとした労使の信頼関係を破壊した。しかし導入された成果主義も期待通りには行かず、結果的に労働者の意欲の低下と企業風土の荒廃を招いている。

 企業の利益より従業員や顧客、さらには企業の社会的責任を重視するのが商人道であり、資本主義とは一線を画している。商人道に基づけば利益の為に国益に反するような行為は忌避される。

 本当の意味での企業経営者が日本に何人いるのか、経団連を始めとする財界がどれ程の気概と見識を持っているのかが試される事になりそうだ。

■伊勢雅臣より

 国益あってこそ、会社の利益も守られるということを忘れてはいけませんね。


■Takaoより

 今回の記事に限ったことではないのですが、反日暴動を「あの日経が」ルポしているところに、非常な違和感を感じました。

 私の記憶に間違いがないのなら、日経と言えば「中国の安い労働力でコストダウンを」「工場を中国に移転しよう」といった謳い文句で大企業を煽るようにして中国に進出させた言い出しっぺ、張本人のはずです。

 その結果は言うまでもないと思います。日経は「日本の工場」という、生産力、労働雇用、技術などなど、いちいち数え上げようとは思いませんが、多重の意味において基礎的な産業の力を奪い、結果的に産業の空洞化を達成しました。むろん、安さだけを求める消費者側にも責任なしとはしません。

 しかし、その日経が「チャイナリスク」を言い始めたり、挙げ句の果てに今回の暴動騒ぎを受けて「反日デモ被害状況ルポルタージュ」とは、開いた口がふさがりません。

 この社だけではありませんが、少なくとも自分たちが煽った結果がこうだという総括が必要なように思います。私は未だに、そういった反省の弁を聞いたことがありません。非常に不誠実だと思います。

 反省しすぎて、戦争を煽るだけ煽っておいて敗戦となるや否や180度態度を翻した朝日のようになっても困ります。

 日本のマスコミには、バランス感覚(≒偏向報道)、事実の報道とオピニオンの混同(≒事実の報道には、その社の意見は必要ない)、そして今回浮き彫りになったように報道責任(≒過去の報道について反省の弁がない)といった、マス・コミュニケーションを自称するにはほど遠い立ち位置にいるように見えます。欧米各社の報道を見聞きしていると、更に強く痛感します。

■「しずか」さん(オーストラリア在住)より

 タイトル通り、ひどいエピソードがいっぱいで残念な思いでいっぱいでした。

 最近の反日運動、暴動のニュースを見るにつけ「なぜだろう」と不思議に思っていましたが、日本に一時帰国して、色々な雑誌書籍を読むうちにこれは中国という国、国民性の問題であり領土問題など一部にすぎないと言うことがわかってきました。

 中国の国民性を理解するには石平さんの書物が役にたちました。

 ただ、その野蛮な徳も報恩もなにもない、利己主義の権化のような国民とつきあっていくには(残念ながら、切り離すことはできそうもありません)日本もいつも引いてばかりいては、損するばかりです。

 学生時代は中国に憧れ、中国語を勉強した身ですから、中国はこんな国なんだと知るのは、残念でなりませんが、これからつきあっていく上で役にたったのも事実です。

 別件ですが、私はオーストラリアに住み、高校勤務です。各国の留学生を受け入れる立場でもあります。外見は同じように見えながらも、中国人韓国人の評判はよくなく「日本人の生徒なら受け入れるわ」というホストファミリーも少なくないのはこういった国民性にあるのかもしれませんね。
(これは私の学校に限りません。クィーンズランド州全体のホームスティプログラム会議の出席の際に関係者から聞きました。)

 これからも、日本人としての心が鼓舞されるようなメルマガを待っています。応援します。ありがとうございます。

■伊勢雅臣より

「日本人の生徒なら受け入れるわ」というのは、嬉しいですね。

■和代さんより

 読者からのおたより欄で、オーストラリアのホームステイで、「日本人の生徒なら受け入れるわ」との声がある事読ませていただきました。10数年前でしたが、私が住んでいたニュージーランドでもありました。

 私の車がぬかるみで立ち往生している時に、二人の紳士が通りかかりました。「中国人?日本人?」と聞かれました。「日本人です」と答えると、「ちょっと待っていなさい」と言って、ゴルフ場のトラクターを持って来て私の車を引っ張ってくださいました。

「どうして、日本人かと聞かれたのですか」と尋ねると、「中国人だったら、そのまま通り過ぎていた」と言われました。

 それは、そのお二人の紳士たちと巡り会われた日本人の方々が、礼儀正しく誠実にお付き合いされたおかげだと感謝します。私たちは、決して一人ではなく、いつも日本という国を背負っているのだと感じる一コマでした。

 中国の人の中にも、礼儀正しく誠実な方はおられると思います。中国上海で建築設計の仕事をしている息子に思いをはせました。

 人は近い関係ほど辛辣だと言います。骨肉の争い、近所同士のトラブルなどのニュースを聞かない日はありません。中国と日本もそのような関係かもしれません。同じアジア人として理解を深め、親交を深めていく努力をすることも、次の世代の為に私達に課せられた責任だとも思います。

■伊勢雅臣より

「私たちは、いつも日本という国を背負っている」とは、心すべきご指摘です。


■圭一さんより

読者からのたよりの中で 和代さんの 

「中国の人の中にも、礼儀正しく誠実な方はおられると思います・・・ 同じアジア人として理解を深め、親交を深めていく努力をすることも、次の世代の為に私達に課せられた責任だとも思います。」

またkaz さんの「私個人として知る中国人と、今、映像で見る中国人とのギャップの大きさに釈然としないものがあります。」と言うご感想がありました。

 このような感想に私は考えさせられました。

 ご承知のとおり日中間の交流の歴史は大変古いものです。(日本人の優れた資質については貴メルマガで多く紹介されて来ました、これからもこのような事跡を掘り起こして読者に配信していただきたいと思います。)

今日の日本人の優れた社会性の側面は日本の優れた文化的土台の上に中国文化を受け入れ発展させたものではないでしょうか。こうして恩恵をうけました。

このことを思い起こして見ると「次の世代のためには」やはり先祖の経験や努力をむだにするようなことがあってはならないと思います。

ではどうすればいいのでしょうか? 答えは 世界の人々に日本文化を紹介することだと思います。そして日本の「和の心」を世界の人々の財産にできたらと思います。

 恩返しをするためです。ここのところを考えるのが「国際派日本人」ではないでしょうか?

■編集長・伊勢雅臣より

「恩を返す」心を示さないといけませんね。




暗黒大陸 中国の真実
芙蓉書房出版
ラルフ タウンゼント
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 暗黒大陸 中国の真実 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
オーストラリア在住17年目の者です。

1年ちょっと前、10年間勤務した現地の商業銀行を辞職しました。いろんな事情があって辞めた理由を一つだけではありません。が、最後の4年間は日本人スタッフという事でアジア人チームという部署に所属させられました。チームのヘッドはマレーシア系の華僑、その他のスタッフはメインランドの中国人、香港人、台湾人、インドネシア系華僑と言う様に私以外の人は全て中華系の人達でした。待遇、職場環境ともに最悪な4年間でした。オーストラリアの会社にも関わらず、まるで中国銀行の様な雰囲気。今思うに唯一の非中国人スタッフであった私を会社から閉め出す事を企んでいたとしか思えません。集団意識の強いあの方達には自分に関する根も葉もない悪評を流され、それを白人のマネージメントに吹聴され、しかも今迄築き上げてきた日本人ビジネスは根こそぎ持っていかれ、10年間我武者羅に働いてきた私は何一つ得るものはございませんでした。別に誰かを恨むつもりはございません。しかし、日本人のビジネスなんて下らない、大した事ないよ、と散々小馬鹿にしてきた中国人に全てを毟り取られた事が非常に悔しかったです。唯一、優しかった台湾人の同僚が私にこう言いました。”ご免なさい、あなたが一緒に働いた中国人は最悪のタイプだったわ。”と。でも、私は違うと思います。何故、彼女が私に謝らなきゃいけないのか。

私の経験から思うに、中国人の日本人に対する態度はオーストラリア人(白人)に対するものとは全く違います。勿論そこにはこの人にごますりしとけば大丈夫、といった自分の利害関係の胸算用がある事は確かです。それは誰でも同じ、と言う意見もあるでしょう。でも少なくとも日本人としてそんな差別的扱いを人様にしたくはないですね。後で自分に返ってきますから。
RS
2013/03/05 09:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
No.767 恩を仇で返す国、中国 国際派日本人養成講座/BIGLOBEウェブリブログ