国際派日本人養成講座

アクセスカウンタ

かっぱさんのBookmarkBar

zoom RSS No.734 歴史教科書読み比べ(1) 〜 なぜ歴史を学ぶのか?

<<   作成日時 : 2012/02/05 04:49   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

「なんのために歴史を学ぶのか」というスタートラインからして、これだけ違う。

■転送歓迎■ H24.02.05 ■ 40,060 Copies ■ 3,501,740Views■


■1.侵略する日本軍か、戦争に引きずりこまれた日本軍か

 次の二つの中学歴史教科書の日中戦争に関する記述を読み比べていただきたい。

__________
 1937(昭和12)年7月7日、北京郊外の盧溝橋(ろこうきょう)で起こった日中両国軍の武力衝突(盧溝橋事件)により、日中戦争が始まりました。

 戦火は華北から華中に拡大し、日本軍は、同年末に首都南京を占領しました。その過程で、女性や子どもをふくめ中国人を大量に殺害しました。(南京事件)。しかし蒋介石は、政府を漢口、ついで重慶に移して、日本軍への抵抗を続けました。[1,p188]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

__________
 1937(昭和12)年7月7日夜、北京郊外の盧溝橋で、演習していた日本軍に向けて何者かが発砲する事件がおき、これをきっかけに、翌日には中国軍と戦闘状態になった(廬溝橋事件)。事件そのものは小規模で、現地解決がはかられたが、日本側も大規模な派兵を決定し、国民党政府もただちに動員令を発した。こうして、以後8年間にわたる日中戦争が始まった。

 同年8月、外国の権益が集中する上海で、二人の日本人将兵が射殺される事件がおき、これをきっかけに日中間の衝突が拡大した。[2,p199]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■2.同じ日本の中学生がかくも違った教科書で歴史を学んでいる

 前者で描かれた日本軍は能動的に中国を侵略している。多感な中学生時代に、こういう歴史教科書で学んだら、我が国さえ中国を侵略しなければ日中戦争は起きなかった、と考えるに違いない。

 これは、中学歴史教科書で50%以上のシェアを持つ東京書籍の『新編 新しい社会 歴史』である。尖閣海域で我が国の巡視船に体当りしてきた中国漁船の船長を無罪放免してしまった政治家などは、こんな歴史教科書で育った人だろう。

 後者の教科書で学んだ中学生は、国際政治の難しさを学ぶだろう。自国が間違いを犯すこともあるし、何者かの陰謀で戦争に引きずりこまれることもある。そうした中で、自国の平和と安全を守るには、よほどの知恵が必要だと痛感するかもしれない。[a,b]

 こちらは育鵬社『新しい歴史教科書』で、まだ4%に過ぎないが、来年度の採択シェアを伸ばしている。

 両方とも、平成17年の検定に合格しているのだが、同じ日中戦争をまるで違ったように描いている。これはほんの一例で、それぞれの教科書は、各時代を全く異なった歴史観で記述している。

 同じ日本の中学生がこれほど異なる歴史教科書で学ぶとは、なんとも異様な事態だ。中学校の歴史教育という一般国民の常識を形成する教育過程で、こんなことが許されてよいはずはない。

 これから、月に1回程度のペースで、時代ごとにこの二つの歴史教科書を読み比べ、最近の歴史研究成果も援用しながら、どちらが史実に近いのか、探っていきたい。


■3.「すべてのものに歴史がある」!?

 今回は読み比べの準備段階として、「なぜ歴史を学ぶのか」という部分を比較してみよう。このスタートの部分からすでに双方の教科書の姿勢が大きく異なっている。

 まず東京書籍から見てみよう。「なぜ歴史を学ぶのか」について、直接的に述べているのは、わすか三分の一ページほどである。

__________
「なぜ歴史を学ぶのか」ということを考えたことがありますか。「過去のことを知ったって、何の役にも立たないよ。現在に生きているわたしたちには、現在のことが大切だよ。」という声が聞こえてきそうです。

 しかし、過去のことが姿を変えて、なんらかの形で現在にまでつながっていたらどうでしょうか。現在のことが大切なら、その歴史にも意味があるのではないでしょうか。つまり「すべてのものに歴史がある」ということを考えてほしいのです。・・・

 これから日本を中心とした、人類の歴史を学習する前に、まず、自分の好きなものを選んで、その歴史を解き明かすことを始めましょう。それが、第2章からの、歴史の学習の基礎になっていくのです。[1,p7]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「自分の好きなもの」の一例として、生徒が「マンガの歴史」を調べた事例が紹介されている。鳥獣人物戯画、北斎漫画、のらくろ、鉄腕アトムなどが年表風にまとめられている。


■4.なぜ「日本を中心とした、人類の歴史を学習する」のか

 しかし、この説明で「なるほど」と納得する中学生がどれくらいいるだろう。「すべてのものに歴史がある」というのは事実だが、それなら、なぜことさら「日本を中心とした、人類の歴史を学習する」のかが説明されていない。

 ある中学生から「自分は日本の国よりもゲームに関心があるから、日本の歴史よりもゲームの歴史を勉強したい」と言われたら、どう答えるのだろうか。

 そして、この生徒の希望通り、ゲームの歴史を勉強させても、「へえー、昔の子どもはこんな幼稚なテレビゲームしかなかったんだ」と思うくらいが関の山であろう。そんな子に「現在のことが大切なら、その歴史にも意味があるのではないでしょうか」と言っても、「馬の耳に念仏」ではないか。

 東京書籍版の「著作関係者」として、一流大学の教授陣も含め、50人ほどの方々が名を連ねており、それぞれが生涯をかけて歴史の研究をされている人々なのだろうが、それにしては他人事のような、迫力に欠けた説明である。

「自分が生涯をかけて追求している歴史学とは、こんなに面白い学問なのだ、それを見てくれ」というような気迫がまるで感じられない。これでは、中学生の心に届くメッセージにはなりえない。


■5.「これから皆さんは、歴史の旅を始めます」

 育鵬社版のアプローチは、まるで違っている。まず冒頭の口絵から「日本の美の形」と題し、古代から江戸時代までの芸術作品が、美しいカラー写真で、何ページにもわたって、てんこ盛りで紹介されている。

 琴を引く埴輪の可愛らしい姿、青空を背にすっくと立つ法隆寺五重塔、金剛力士像の憤怒の表情、朝焼けに染まった雄大な赤富士の浮世絵。新学年になって、真新しいこの教科書を開いた中学生が、心をときめかせながら、ページをめくる姿が思い浮かぶ。

 その後で、「歴史の旅を始めよう」と題して、次のように語りかける。

__________
 これから皆さんは、歴史の旅を始めます。

 この旅の途中で、いろいろな歴史の風景に出会うことでしょう。その際に、注目して欲しいことがあります。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 として、まず漢字からひらがな、カタカナを創り上げた日本語の例をあげて、「海外からさまざまな文化を取り入れながらも、それを独自のものにつくりあげてきた長い伝統があることに注目してください」と述べる。

__________
 次に、この旅では、さまざまな文化遺産と出会えるでしょう。穏やかな仏像や力強い仏像、華やかな絵巻や動きが伝わるような絵画、そして美しい庭園や建物・・・。

 このようなみごとな文化を築くことができたのはなぜでしょうか。そうした視点で日本列島にある各時代の「文化の宝庫」を見ていけば、歴史の旅は数倍も楽しくなるでしょう。[2,p6]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 冒頭の見事な口絵に心動かされた中学生にとっては、これからの「歴史の旅」に期待を抱くだろう。


■6.「たくましいランナーになるために」

 続いて、こう述べる。

__________
 何百年、何千年という長い時間の中で、私たちの先人が積み重ねてきた分厚い地層のような歴史には、さまざまな「成功や失敗の教訓」がぎっしりとつまっています。

 この「経験の宝庫」を学んでいくと、歴史の登場人物の中に、数多くの尊敬できる人を見いだすことができるでしょう。皆さんがこれからの人生で、困難に直面し判断に迷ったとき、それらの人物の行動から、大きなヒントを得ることができればと思っています。

 そして、歴史の旅を進めていくと、私たちが住んでいる日本という国は、古代に形作られ、今日まで一貫して継続していることに気がつくと思います。その理由は何なのか考えてみてください。[2,p6]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 歴史は、さまざまな「成功や失敗の教訓」がぎっしりと詰まった「経験の宝庫」である。そこで尊敬する人物を見出したり、自分の人生での大きなヒントが得られるかもしれない。すなわち、歴史とは「生き方」を学ぶ場だ、と捉えているのである。

 この後で、次の印象的な結びを迎える。

__________
 いよいよ歴史の旅が始まります。先人が築いてきた歴史のバトンを受けつぎ、これからの歴史をつくっていく、たくましいランナーになるための、旅の始まりです。[2,p6]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ここに何のために歴史を学ぶのかが、簡潔明瞭に述べられている。一人ひとりの生徒が、先人からバトンを受け継いで、これからの歴史をつくっていく「たくましいランナー」になることである。


■7.歴史学研究と歴史教育の違い

「なぜ歴史を学ぶのか」というスタートラインだけでも、これだけの違いがある。

 東京書籍版は「現在のことが大切なら、その歴史にも意味があるのではないでしょうか」と、知的、抽象的に述べ、育鵬社版は「先人が築いてきた歴史のバトンを受けつぎ、これからの歴史をつくっていく、たくましいランナーになるために」と、生き方のレベルで説く。

 なぜこんな差が出るのか。弊誌が邪推するに、東京書籍版の著者たちは戦後長らく歴史学界を風靡してきたマルクス主義の影響下で研究してきた人々ではないか。

 マルクス主義は「労働者階級と資本家階級の階級闘争が歴史を形成してきた」というような理論的、抽象的な見方をする。そこには歴史上の人物が志を抱いて、自分の人生を何事かに掛けて生きていった、というような個人の「生き方」は捨象されてしまう。

 したがって歴史の中に尊敬する人物を見つけるという、心躍らせる醍醐味は味わえない。味わえるのは、歴史のメカニズムを理論的に解明する知的興味だけである。これはマルクス主義に限らず、専門的な専門的な歴史研究では概ねこうなってしまう。

 こういう姿勢で、長年、歴史を研究してきた人々には、歴史学で知的興味を満たすことはあっても、手に汗握る歴史物語を読んだり、尊敬する人物の伝記から生きる元気をもらったり、という経験はあまり持ち得ない。

 歴史学の専門研究者ならそれでも良い。しかし、そうした人々が専門研究を離れて、中学生になぜ歴史を勉強するのか、と説こうとすると、「現在のことが大切なら、その歴史にも意味があるのではないでしょうか」などという気の抜けたセリフになってしまう。


■8.歴史("history")は物語("story")

 これに比べると、育鵬社版の「尊敬できる人物を見つけ、そこから生き方を学ぶ」というアプローチは、従来からの歴史物語や伝記の世界に通じるものである。「歴史("history")は物語("story")」というのは、一昔前までは世界の多くの文化文明での常識的な捉え方であった。

 中学の歴史教育は、専門的な歴史研究を中学生にも分かるレベルで水増しして教えるものなのか、それとも自分の生き方を考えるための「経験の宝庫」を探求させるためのものなのか。

 中学校学習指導要領の[歴史的分野]では、目標として次の項目が挙げられている。

・我が国の文化と伝統の特色を広い視野に立って考えさせるとともに,我が国の歴史に対する愛情を深め,国民としての自覚を育てる。
・国家・社会及び文化の発展や人々の生活の向上に尽くした歴史上の人物と現在に伝わる文化遺産を,その時代や地域との関連において理解させ,尊重する態度を育てる。

 どちらの教科書が、この学習指導要領の目標に適っているかは、明らかである。

(文責:伊勢雅臣)

■リンク■

a. JOG(403) 戦乱の中国大陸 〜 久しく合すれば必ず分す
 日本が反省すべきは、かくも混沌たる中国大陸の内戦に直接介入した事である。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h17/jog403.html

b. JOG(446) スターリンと毛沢東が仕組んだ日中戦争
 スターリンはソ連防衛のために、毛沢東は政権奪取のために、蒋介石と日本軍が戦うよう仕組んだ。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogdb_h18/jog446.html

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
  →アドレスをクリックすると、本の紹介画面に飛びます。

1. 五味文彦他『新編 新しい社会 歴史』、東京書籍、H17検定済み

2. 伊藤隆他『新しい日本の歴史―こんな教科書で学びたい』★★★、育鵬社、H23
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4594064019/japanontheg01-22/

■「歴史教科書読み比べ(1)」に寄せられたおたより

■caunoさんより

毎号,楽しみにしています。

さて,今週号に関連して,盧溝橋事件について

1922年,ワシントン会議において,中国と九ヶ国条約を締結した米英仏日等の8ヶ国は,条約に基づき,自国の国民の生命と財産を守るために中国に軍隊を駐留させた。それは,中国が他国の国民の生命と財産を守る意思と能力を持たないための自衛策であった。

軍隊は,練度を保つために常に訓練を続ける必要があり,演習はどの国の軍隊も行っていた。日本を除く駐留軍は,中国に畏怖の念を抱かせるため,戦車や飛行機を使った演習を行っていたが,日本軍は中国を刺激しないように実弾を持たずに演習を行っていた。

1936年,西安事件を経て,第二次国共合作に至った中国は,ドイツから軍事顧問団と兵器の提供を受け,ドイツ式の近代装備を持つ60個師団を編成する3ヶ年計画に着手していた。

1937年7月7日,北京郊外の盧溝橋で夜間演習中の支那駐屯歩兵旅団第三大隊第八中隊に22:40頃,数発の銃弾が撃ち込まれた。その時,志村二等兵が行方不明となったが,夜11時頃,無事が確認され,8日02:00に宛平県長にも報告。実弾を持たない演習部隊は,実弾と援軍の到着を待ち,8日払暁05:30に4度目の攻撃を受けて牟田口連隊長の指揮の下,支那の第29軍に応戦。

劉少奇自伝によれば,劉少奇の指揮する抗日救国学生隊が夜間演習中の日本軍と宋哲元の29軍の双方に向って向って発砲し,事件を巻き起こした。

日本軍に銃弾が打ち込まれた直後の深夜,北平から延安の中共中央に向けて「成功了(うまくいった)」と発信されたのを受け,中国共産党は日本軍による攻撃を非難する声明を出したが,それは日本軍が反撃を開始する前であった。

その後も,通洲事件その他の中国軍による挑発行為が繰り返され,8月の第二次上海事変により,日中の全面戦争に発展する。

この間一貫して,日本陸軍は早期に停戦条約を結んで局地に限定する方針で臨んでいたが,敗戦による混乱の中での共産革命を目指す,コミンテルンや中共の指示を受けた国内の左翼勢力が戦争拡大に向け,政官界に働きかけ,「5000人の上海陸戦隊が全滅しても陸軍は兵を出さない」と言う石原作戦部長を9月に更迭した。

一方,海軍は中国側の挑発に積極的に対応し,紛争を上海に限定する陸軍の意向を無視して,南京への渡洋爆撃を敢行し,戦線を拡大させた。

侵略的な日本,戦争に反対する天皇を騙して日中戦争を拡大する陸軍,戦争に反対する海軍(米内大臣),戦争を煽る右翼と反対する左翼等,歴史的常識を疑うことが必要です。


■編集長・伊勢雅臣より

 簡潔なご説明ありがとうございました。これを東京書籍の歴史教科書は以下のように記しています。こういう記述が、どういう意味を持つのか、考えていただきたいと思います。

「1937(昭和12)年7月7日、北京郊外の盧溝橋(ろこうきょう)で起こった日中両国軍の武力衝突(盧溝橋事件)により、日中戦争が始まりました」



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新しい日本の歴史―こんな教科書で学びたい の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
No.734 歴史教科書読み比べ(1) 〜 なぜ歴史を学ぶのか? 国際派日本人養成講座/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる